util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

アクアマリン・クルジスタン間の安全保障条約に関する交渉

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2013/6/22 21:21
ゲスト    投稿数: 0

アクアマリン王国はクルジスタン共和国との間で合意した条約を
公表するとともに、両国の調印を行います。

~クルジスタン・アクアマリン安全保障条約~

第一条 本条約はアクアマリン王国とクルジスタン共和国間の相互不可侵、安全保障を規定する。
第二条 アクアマリン王国・クルジスタン共和国は相互の武力行使発動を控える。
 第1項 禁止される軍事行動はミサイル発射、衛星破壊砲、レーザー発射、陸上部隊派遣である。
第三条 アクアマリン王国・クルジスタン共和国は両国間に外交問題が生じた際、対話による交渉で平和裏に解決を図る。
 第1項 アクアマリン王国・クルジスタン共和国は相互に対し外交交渉の場で軍事行動の示唆による恫喝を控えるよう努力する。
第四条 クルジスタン共和国はアクアマリン王国が他国から侵略を受け交戦状態に入った場合、第一条の目的を達成するため、共同戦線を設け、軍事的および経済的協力を行い、侵略国と交戦する。
第五条 両締約国において上記の利益が危殆に瀕すると認められる場合は当該国は他方に対し、早急且つ充分に通告を行う。
第六条 本協約は調印後5年間効力を有し、もし左記の5年間の満了半年前までにいずれの締約国からも破棄の意思が通告されない場合は、本協定はいずれかの締約国が破棄を通告した半年後まで引き続き効力を有するものとする。しかし、失効期日に締約国の一方または双方が交戦中の場合、本協定は当該戦争の講和に至るまで継続して効力を有する。

以上、内容についてクルジスタン共和国の同意と調印を求めます。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/6/22 21:23
ゲスト    投稿数: 0

弊国は本条約に調印致します。

                 アクアマリン王国外務大臣ヨツムンヘルト㊞

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/6/22 22:12
ゲスト    投稿数: 0

我が国はこの条約に調印致します。

     クルジスタン共和国外務大臣ウラガン

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/6/22 22:23
ゲスト    投稿数: 0

調印に感謝申し上げます。
フリューゲル暦475年12月8日、両国の調印により本条約は発効されました。

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ