util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

ストリーダ王国・冰州条約連合ウラン鉱山開発支援協定調印式

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

ストリーダ王国

なし ストリーダ王国・冰州条約連合ウラン鉱山開発支援協定調印式

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2019/1/5 0:03 | 最終変更
ストリーダ王国  半人前   投稿数: 40

 

ストリーダ王国冰州条約連合ウラン鉱山開発支援協定調印式
フリューゲル暦 813年12月3日
会場
official residence.jpg
143.pngストリーダ王国 ファルロイト特別区
首相官邸
参加国
143.png
ストリーダ王国
CPPflag.png
冰州条約連合

 
ストリーダ王国より、マグダレナ・ローゼッカー首相が出席いたします。
 


 
ストリーダ王国にようこそ。この度のご来訪を心より歓迎いたします。担当のマントイフェル外務大臣は外遊中のため、調印式には私が出席させていただく運びとなりました。
 
事務レベルの協議を行った結果、ストリーダ王国冰州条約連合の両国は以下のとおり協定を締結することで合意に至りました。協定の成立を証するため、ご了承いただける場合は署名をお願いいたします。また、両国の正式な代表者の署名を以って直ちに発効します。

ストリーダ王国冰州条約連合との間におけるウラン鉱山開発支援協定

 ストリーダ王国及び冰州条約連合(以下「冰州連合」という。)は、両国間の経済関係を強化するために投資を促進することを希望し、それぞれの国が、投資に際して負うこととなった義務の遵守及び履行の重要性を認識し、この協定がフリューゲルにおける産業及び貿易の発展に関する国際的な協力の強化に寄与するものとなることを希望し、この協定が両国間の新たな経済上の連携の起点となることを信じて、次のとおり協定した。

第1条 ストリーダ王国及び冰州連合は下記の条項を履行する義務を負うものとする。

第2条 ストリーダ王国冰州連合へ資金70兆Va及び建材5.8億トン(港湾整備用建材:0.8億トン)を援助する。当該資金及び当該建材には利子及び返済期限の一切を定めない。

第3条 冰州連合は第2条によるストリーダ王国からの援助物資の到着を確認でき次第、速やかにウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備を行うものとする。
 第1項 冰州連合は第2条によるストリーダ王国からの援助物資をウラン鉱脈の探査および鉱山整備、並びに港湾整備に対して優先的に使用する。
 第2項 ただし、ウラン鉱脈の探査および鉱山整備、ならびに港湾整備が早期に終了し、援助物資が残った場合に限り、その残余の援助資金を他の開発等に充てられる事を可能とする。

第4条 冰州連合は、ウラン鉱山のレベルが最大の「5」になり次第、下記に定める取引を行うことに同意する。
 第1項 冰州連合ストリーダ王国に対し、燃料4.5億ガロンを定期輸送するものとする。
 第2項 ストリーダ王国は燃料4.5億ガロンの定期輸送の対価として、資金6兆7500億Vaを定期送金する。

第5条 第4条の定める取引が開始され次第、冰州連合における国土開発を促進させるため、ストリーダ王国冰州連合に対し、石材3億トン及び鋼鉄3億トンを無償にて提供する。

第6条 第4条の定める取引は定期輸送開始より5年(180期)継続するものとし、それ以降の取引の継続もしくは打ち切りについては締結国間で協議するものとする。

第7条 この協定に起因する紛争については、可能な限り、両締約国との間の友好的な協議又は交渉により解決する。

第8条 この協定は、両締約国の合意により改定される。
 

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ