㏍違ゃ

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





箱庭国際社会7
箱庭諸島のスススス島
箱庭諸島S.E.A.-帝國興亡史

メインメニュー

オンライン状況

4 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...

ヴォルネスク情勢の調査結果とノイエクルス連邦に対する要求、スラヴ連合による

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

ガトーヴィチ帝国

なし ヴォルネスク情勢の調査結果とノイエクルス連邦に対する要求、スラヴ連合による

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2017/6/24 15:17
ガトーヴィチ帝国    投稿数: 548

【第二声明】ヴォルネスク情勢の調査結果とノイエクルス連邦に対する要求

 ガトーヴィチ人の専門家3人と、ヴェールヌイのベルーサ民族主義労働連合の中堅党員2人からなる調査団は719年9月、ノイエクルス連邦ヴォルネスク特別行政区に各個上陸し、現地のヴォルネスク・スラーヴ人労働者党の党員の先導で、秘密裡に実地調査を行いました。現地で目撃したのは、ヴォルネスク市民の窮状とノイエクルス人による迫害でした。
 まず調査団は、ヴラジーミル州にあるヴォルネスク唯一の現代都市を訪れました。ところが現代都市とは名ばかりで、その実態は、酷く老朽化したアパートメントが林立し、汚水らしき悪臭が充満し、未舗装の道路を旧型車が往来する有様でした。(「インフラ0の現代都市はスラム街」、これはフリューゲルの常識です)
 しばらく行くと、ノイエクルス連邦軍の戦車が停車しており、銃を携帯した兵士が周囲を監視していました。道行くヴォルネスク人は、ノイエクルス人の長きに亘る支配を受け、萎縮し、緊張し、困憊しているようでした。
 調査団は、連合の構成員ではないヴォルネスク人2名に話を聞くことができました。彼らは去年から反ノイエクルスのデモに参加するようになったが、デモが盛り上がってくると、ノイエクルス連邦軍が四方から押し寄せ、発砲しつつ制圧するのだと言います。

 以上からわかるように、ノイエクルス連邦はヴォルネスクを軽視し、ヴォルネスク人の生活・政治活動を明らかに阻害しているのです。スラヴ連合は、この事態を深く憂慮し、ノ連の無策を非難するとともに、ノ連に対して下記の要求を行います。
(1)ノイエクルス連邦は、ヴォルネスク特別行政区の独立を認める。
(2)ヴォルネスクの独立に伴う混乱に備え、スラヴ連合を代表するガトーヴィチ帝国軍とノイエクルス連邦軍は同兵力をヴォルネスクに駐留させる。
(3)ヴォルネスクの情勢が平常化した後、両国軍は撤退する

 ただし、(2)、(3)は両国間の協議により変更され得ると考えます。
 ノイエクルス連邦の回答を求めます。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ