util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...
11: 2016-09-02 (金) 18:13:08 akai ソース 12: 2016-09-08 (木) 20:40:18 akai ソース
Line 25: Line 25:
かつてはトルキー労働党による一党独裁制を憲法によって定めていたが、現在では議会が設置され選挙も行われるなど民主的な政治が行われている。 かつてはトルキー労働党による一党独裁制を憲法によって定めていたが、現在では議会が設置され選挙も行われるなど民主的な政治が行われている。
そのため現在では社会主義共和制を導入していると言える。 そのため現在では社会主義共和制を導入していると言える。
-民主制が導入されてはいるが、立法権・司法権・行政権が大きく集中していたり、名目上は独立しているとされる司法が実際には党の出身者で占められていたりなど、国民主権とは言いがたい。+民主制が導入され、国会・内閣・裁判所による三権分立が行われているが、相互に抑制均衡するはずの三権が中央にやや寄っていたり、名目上は独立しているとされる司法が実際には党の出身者で占められていたりなど、完全に権力が分立しているとは言いがたい。 
 +またかつての独裁時代からの名残から国内には「革命の有志が国民を主導する」という風潮が残っており、その風潮から多少の国民の不利益は見逃されてしまうことがあるため、完全に国民主権であるとは言いがたい。
**地域区分 [#da515b58] **地域区分 [#da515b58]
Line 80: Line 81:
|2|661年2月~|イブラヒーム・アイクル| |2|661年2月~|イブラヒーム・アイクル|
-*政治政党 [#eef8665d] +*政治 [#eef8665d] 
-憲法により様々な政党の存在を認めている。+憲法により三権分立を定めているが、前述の通り権力の偏りや党出身者による権力の牛耳りなどが存在するために十分に三権分立が機能しているとはいえない。
|CENTER:政策スライダー|||| |CENTER:政策スライダー||||
|民主的|--◆----|独裁的|民主制を導入している。| |民主的|--◆----|独裁的|民主制を導入している。|
Line 96: Line 97:
-660年11月 正規軍の編成が進み常備軍に1 -660年11月 正規軍の編成が進み常備軍に1
-議会は一院制で、定数は400の比較的小規模な議会である。+**立法 [#tc6775e1] 
 +憲法により議会が国の唯一の立法機関とされている。 
 +議会は内閣総理大臣を任命することができ、内閣不信任決議を行うこともできるが、この決議に強制力はない。 
 +そのため内閣はこの決議が行われた場合は議会を解散し選挙することで総辞職を回避することも可能であり、「議会が実質的に内閣を結成するための踏み台と化している」という批判もある。 
 +問題を起こした裁判官を罷免させるか否かを判断する弾劾裁判を行うことも可能である。 
 +これによって罷免させられた裁判官は今後永久に公務員の地位に就くことを禁止され、この権利が回復されることはない。 
 +議会は人民院からなる一院制で、定数は400の比較的小規模な議会である。
639年5月までは定数が200だった。 639年5月までは定数が200だった。
657年前後までは定数が300だった。 657年前後までは定数が300だった。
任期は5年もしくは当時の国家元首が解散宣言した時までである。 任期は5年もしくは当時の国家元首が解散宣言した時までである。
-選挙は県や特別行政州ごとの中選挙区制によって行われる。+選挙は県や特別行政州をそれぞれ1区とした中選挙区制によって行われる。 
 +その選挙制度からそれぞれの区からは一度で10~50人もの当選者が出ることとなるため、各区では同じ政党の候補者が何人も乱立することが一般的となっている。
-671年5月の第六回選挙の結果 -671年5月の第六回選挙の結果
|CENTER:政党名||議席|h |CENTER:政党名||議席|h
Line 110: Line 118:
|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2| |BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2|
|CENTER:定数||400| |CENTER:定数||400|
 +#region(過去の選挙結果)
 +-637年9月の第一回選挙の結果
 +|CENTER:政党名||議席|h
 +|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||158|
 +|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||23|
 +|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||12|
 +|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||3|
 +|BGCOLOR(#F00000):共産党||2|
 +|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2|
 +|CENTER:定数||200|
 +-642年9月の第二回選挙の結果
 +|CENTER:政党名||議席|h
 +|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||158|
 +|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||62|
 +|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||45|
 +|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||21|
 +|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||8|
 +|BGCOLOR(#F00000):共産党||2|
 +|BGCOLOR(#A05050):民族党||1|
 +|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||3|
 +|CENTER:定数||300|
 +
 +-655年3月の第三回選挙の結果
 +|CENTER:政党名||議席|h
 +|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||161|
 +|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||63|
 +|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||45|
 +|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||22|
 +|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||4|
 +|BGCOLOR(#F00000):共産党||2|
 +|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||3|
 +|CENTER:定数||300|
 +
 +-661年2月の第四回選挙の結果
 +|CENTER:政党名||議席|h
 +|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||269|
 +|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||72|
 +|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||28|
 +|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||23|
 +|BGCOLOR(#F00000):共産党||5|
 +|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||1|
 +|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2|
 +|CENTER:定数||400|
 +
 +-665年9月の第五回選挙の結果
 +|CENTER:政党名||議席|h
 +|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||271|
 +|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||81|
 +|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||31|
 +|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||10|
 +|BGCOLOR(#F00000):共産党||5|
 +|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2|
 +|CENTER:定数||400|
 +#endregion
 +***政治政党 [#j4b4d14b]
#region(各党一覧) #region(各党一覧)
--''トルキー労働党''(Türkiye İşçi Partisi/TİP)+-\'\'トルキー労働党\'\'(Türkiye İşçi Partisi/TİP)
シンボルカラーは赤。 シンボルカラーは赤。
初期は強力な独裁を目指していたが、諸外国を視察するにつれ徐々に民主主義路線に切り替わっていき現在では民主主義の中での社会主義を目指す党となっている。 初期は強力な独裁を目指していたが、諸外国を視察するにつれ徐々に民主主義路線に切り替わっていき現在では民主主義の中での社会主義を目指す党となっている。
Line 121: Line 184:
この実績から国民からの信頼は厚い。 この実績から国民からの信頼は厚い。
--''自由党''(Özgürlük Partisi/ÖP)+-\'\'自由党\'\'(Özgürlük Partisi/ÖP)
シンボルカラーは黄色。 シンボルカラーは黄色。
社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。 社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。
Line 128: Line 191:
そのかなり保守的な思想が国民に合わず、かつての連合の結成を呼びかけるなどの実績があるにも関わらず支持は得られていない。 そのかなり保守的な思想が国民に合わず、かつての連合の結成を呼びかけるなどの実績があるにも関わらず支持は得られていない。
--''緑の党''(Yeşillik)+-\'\'緑の党\'\'(Yeşillik)
シンボルカラーは緑。 シンボルカラーは緑。
社会保障や平等の観点から、環境・国民の幸福を尊重することを訴える政党。 社会保障や平等の観点から、環境・国民の幸福を尊重することを訴える政党。
Line 135: Line 198:
しかしここ最近は社会民主党といった別の穏健政党に押され気味となっている。 しかしここ最近は社会民主党といった別の穏健政党に押され気味となっている。
--''社会民主党''(Sosyal Demokrat Partisi/SDP)+-\'\'社会民主党\'\'(Sosyal Demokrat Partisi/SDP)
シンボルカラーは橙、もしくは赤。 シンボルカラーは橙、もしくは赤。
報道などでは橙が用いられることが多い。 報道などでは橙が用いられることが多い。
Line 142: Line 205:
比較的穏健な国民からの支持が高く、議会では労働党に次ぐ勢力を持つ。 比較的穏健な国民からの支持が高く、議会では労働党に次ぐ勢力を持つ。
--''トルキー民主社会同盟''(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)+-\'\'トルキー民主社会同盟\'\'(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)
シンボルカラーは青。 シンボルカラーは青。
社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。 社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。
Line 150: Line 213:
現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。 現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。
--''共産党''(Komünizm Partisi/KP)+-\'\'共産党\'\'(Komünizm Partisi/KP)
シンボルカラーは橙、もしくは赤。 シンボルカラーは橙、もしくは赤。
報道などでは労働党を若干薄い赤とし、こちらを強い赤にすることが多い。 報道などでは労働党を若干薄い赤とし、こちらを強い赤にすることが多い。
Line 157: Line 220:
基本的な政策は初期の労働党に則しており、非常に強硬かつ危険な思想を持った党である。 基本的な政策は初期の労働党に則しており、非常に強硬かつ危険な思想を持った党である。
--''民族党''(Yarış Partisi/YP)+-\'\'民族党\'\'(Yarış Partisi/YP)
シンボルカラーは茶色。 シンボルカラーは茶色。
現在のトルキーのトルキー人一極集中体制を批判し、ギリシヤ人、クルディア人、アルミニア人などを加えた連邦制にするべきだと主張する党。 現在のトルキーのトルキー人一極集中体制を批判し、ギリシヤ人、クルディア人、アルミニア人などを加えた連邦制にするべきだと主張する党。
Line 165: Line 228:
#endregion #endregion
#region(かつて存在した党一覧) #region(かつて存在した党一覧)
--''トルキー労働者評議会''(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)+-\'\'トルキー労働者評議会\'\'(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)
トルキー労働党の前身。 トルキー労働党の前身。
革命の際に主導した数人によって運営され、その下に革命のため尽力した人々が集う形になっていた。 革命の際に主導した数人によって運営され、その下に革命のため尽力した人々が集う形になっていた。
労働党への再編は超長期的なものとされていたが、636年11月の講和条例によって予定よりもかなり速く労働党へと再編された。 労働党への再編は超長期的なものとされていたが、636年11月の講和条例によって予定よりもかなり速く労働党へと再編された。
--''トルキー民主主義連合''(Türkiye Demokrasi Koalisyonu/TDK)+-\'\'トルキー民主主義連合\'\'(Türkiye Demokrasi Koalisyonu/TDK)
シンボルカラーは濃い青。 シンボルカラーは濃い青。
労働党の強力な独裁を目指す路線に反対し、議会制民主主義こそ目指すべき本来の路線であるとする様々な政党が協力・活動するために連合し、そのまま党となったもの。 労働党の強力な独裁を目指す路線に反対し、議会制民主主義こそ目指すべき本来の路線であるとする様々な政党が協力・活動するために連合し、そのまま党となったもの。
他の政党とは異なり、全体的に保守的な考えを持つ政党で構成されている。 他の政党とは異なり、全体的に保守的な考えを持つ政党で構成されている。
民主主義を目指す政党として一部地域の支持を集め、中身の政策のズレを関係なしに636年11月まで正常に存在してきたが、労働党が民主化に踏み切ったために中身の政策のズレが危険な水準に到達し始め、将来的に分裂してしまうのではと危惧されていた。以下は構成政党 民主主義を目指す政党として一部地域の支持を集め、中身の政策のズレを関係なしに636年11月まで正常に存在してきたが、労働党が民主化に踏み切ったために中身の政策のズレが危険な水準に到達し始め、将来的に分裂してしまうのではと危惧されていた。以下は構成政党
---''自由党''(Özgürlük Partisi/ÖP)+--\'\'自由党\'\'(Özgürlük Partisi/ÖP)
シンボルカラーは黄色。 シンボルカラーは黄色。
社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。 社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。
Line 181: Line 244:
そのかなり保守的な思想が国民に合わず、連合の運営の多くを占めるにもかかわらず支持は得られていない。 そのかなり保守的な思想が国民に合わず、連合の運営の多くを占めるにもかかわらず支持は得られていない。
---''緑の党''(Yeşil Partisi/YP)+--\'\'緑の党\'\'(Yeşil Partisi/YP)
シンボルカラーは緑。 シンボルカラーは緑。
社会保障や平等の観点から、環境・国民の幸福を尊重することを訴える政党。 社会保障や平等の観点から、環境・国民の幸福を尊重することを訴える政党。
Line 187: Line 250:
解放ではなく純粋な幸運を求め革命に参加した人々からの支持が根強く、議席は少ないながら安定した勢力を持っているとされる。 解放ではなく純粋な幸運を求め革命に参加した人々からの支持が根強く、議席は少ないながら安定した勢力を持っているとされる。
#endregion #endregion
-#region(過去の選挙結果) 
--637年9月の第一回選挙の結果 
-|CENTER:政党名||議席|h 
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||158| 
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||23| 
-|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||12| 
-|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||3| 
-|BGCOLOR(#F00000):共産党||2| 
-|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2| 
-|CENTER:定数||200| 
--642年9月の第二回選挙の結果 +**行政 [#c9f7a449] 
-|CENTER:政党名||議席|h +憲法により行政権は内閣に属するとされている。 
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||158| +内閣は議会から任命を受けた内閣総理大臣によって組閣され、議会の信任に基づき内閣を組閣することとなっている。 
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||62| +内閣の構成などに特に規定はないが、内閣総理大臣がその他の国務大臣の地位を兼任することは禁止されている。 
-|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||45| +これは万が一の際の混乱を防ぐためののほか、1人の人物に過剰に権力が集中することを防ぐための処置である。
-|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||21| +
-|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||8| +
-|BGCOLOR(#F00000):共産党||2| +
-|BGCOLOR(#A05050):民族党||1| +
-|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||3| +
-|CENTER:定数||300|+
--655年3月の第三回選挙の結果 +内閣は議会の召集・解散を行うことが出来る他、最高裁判所の裁判官を任命することができる。 
-|CENTER:政党名||議席|h +議会が解散中に緊急の必要が生じた場合は臨時で法律に変わるものとして緊急命令を下すことが出来、この命令は議会の復帰次第失効、または法案化される。
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||161| +
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||63| +
-|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||45| +
-|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||22| +
-|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||4| +
-|BGCOLOR(#F00000):共産党||2| +
-|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||3| +
-|CENTER:定数||300|+
--661年2月の第四回選挙の結果 +**司法 [#gbcc34c1] 
-|CENTER:政党名||議席|h +憲法により司法権は最高裁判所と法律によって定められた下級裁判所に属するとされる。 
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||269| +議会の定めた法律や内閣の命令が憲法に違反していないか審査することが出来、違反していたと判断された場合それぞれ迅速に解散や総辞職をしなければならないとされる。 
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||72| +しかし憲法には司法は独立といった表記をされておらず、特定の政治団体に属する人物の裁判官への就任や指名を規制する法案もないため、各裁判所は様々な党の出身者がひしめき合っている。 
-|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||28| +通常の裁判は三審制によって行われ、最高裁判所の判断は行政機関の異議などによっても覆すことはできない。
-|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||23| +
-|BGCOLOR(#F00000):共産党||5| +
-|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||1| +
-|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2| +
-|CENTER:定数||400|+
--665年9月の第五回選挙の結果 
-|CENTER:政党名||議席|h 
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||271| 
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||81| 
-|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||31| 
-|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||10| 
-|BGCOLOR(#F00000):共産党||5| 
-|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||2| 
-|CENTER:定数||400| 
-#endregion 
*地理 [#l52e68ac] *地理 [#l52e68ac]
Line 266: Line 290:
おおよそ150万人ほど存在する非正規軍の他、660年11月からは正規軍もある程度のペースで編成されている。 おおよそ150万人ほど存在する非正規軍の他、660年11月からは正規軍もある程度のペースで編成されている。
成人した男子には3年ほどの兵役の義務が与えられており、この期間の経験を経ることで正式に軍隊へ加入するということも可能である。 成人した男子には3年ほどの兵役の義務が与えられており、この期間の経験を経ることで正式に軍隊へ加入するということも可能である。
-万が一の場合には主に兵役を満了した男子を中心に徴兵することが認められている。+良心的兵役拒否は認められていないが、徴兵検査の基準が厳しいために検査不合格となる者が多く、維持費の増大が防がれている。 
 +万が一の場合には主に兵役を満了した男子を中心に再徴兵することが認められている。
*諸国との関係 [#s1423b77] *諸国との関係 [#s1423b77]
Line 287: Line 312:
|蒼鋼国|○|| |蒼鋼国|○||
|ストリーダ王国|○|| |ストリーダ王国|○||
 +|フランク連邦|○||
-かつて存在した国家 -かつて存在した国家
|国名|信頼度|国交|備考| |国名|信頼度|国交|備考|
//|国名|友好度|国交があるかないか|例えば軍事同盟を結成しているか等| //|国名|友好度|国交があるかないか|例えば軍事同盟を結成しているか等|


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1877, today: 2, yesterday: 0