util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...
1: 2019-01-08 (火) 01:09:51 Chalcedony ソース
Line 1: Line 1:
 +|~通称|~南の風|
 +|~正式名称|ガーネット州自主管理連合組織同盟「南の風」|
 +|~本部所在地|ガーネット州モリオン市(アルマンディン島)|
 +|~代表|ロニア|
 +|~経営体制|役員による合議|
 +|~公用語|英語、アイサ語|
 +|~通貨|カルセドニー・ダラット|
 +|~創業|760年代|
 +|~主な産業|建材製造、金融取引|
 +*概要 [#m0e84951]
 + 南の風はカルセドニー社会主義連邦共和国ガーネット州に本部を置く自主管理連合組織(カルセドニー国内の企業に相当する機関である)の連盟であり、ガーネット州内及び国外の金融市場に対して影響力を有している。
 +
 +*経営体制 [#b422e0b8]
 + 旧アーネスト士官評議会のメンバーを中心とした役員による合議により経営(カルセドニー法制上では「自主管理組織に対するアドバイス」とされる)を行っている。
 +
 +**政策スライダー [#e2c698a5]
 +
 +|>|>|>|~南の風:企業統治|h
 +|民主的|------◆---|独裁的|結局のところ実業家が実権を握っている|
 +|政治的左派|-------◆--|政治的右派|カルセドニー唯一の資本主義要素|
 +|解放社会|---◆------|閉鎖社会|海外への投資活動も活発である|
 +|自由経済|------◆---|中央計画経済|上意下達式の運営方式|
 +|常備軍|-------◆--|徴兵軍|重武装の「警備員」などいない……建前上は|
 +|タカ派|---------◆|ハト派|戦争を起こすのは国家主権の発動のみである|
 +|介入主義|--◆-------|孤立主義|海外の出来事には比較的敏感である|
 +
 +**主要役員 [#db07cd54]
 +|~役職名|~役員名|h
 +|代表|ロニア|
 +|副代表|ダグラス・シェリダン|
 +|ヴェニス社派遣取締役|ダグラス・シェリダン|
 +|通商保護代表|オリヴァー・フォード|
 +…以下加筆予定
 +
 +**組織構造 [#oc11ad83]
 + ガーネット州内の自主管理連合組織はカルセドニー法制上その組織の業種ごとに各専門委員会に直属しているが、それとは別の形で南の風に対して代表委員を派遣している。代表委員は(先の憲法改正に伴い義務化されたことをうけ)南の風の役員の選出及び解任権を有しているが、事実上これは形式的なものであり、南の風のトップは固定化している。
 + 代表委員により「信任」された役員は合議により(最終決定権は代表たるロニアが握っているが、ロニアは基本的にその他の代表の多数意見を尊重している)所属する自主管理連合組織に対して経営方針を決定して通達する。末端の自主管理基礎組織の業務内容を「トップダウン型」で決定している組織はカルセドニー国内で唯一である。
 +
 +*主要業務 [#w5b5e590]
 + 対内的には建材の製造・販売、対外的には建材の輸出及び金融投資を主要な業務としている。
 +
 +**建材製造 [#ucb28d3c]
 + カルセドニー国内の建材工場のほとんどがガーネット州内に集中しており、国内で消費、あるいは輸出される建材のほぼすべてを南の風に所属する自主管理組織が製造している。製造された建材のほとんどは中央政府に売却され、中央政府経由で消費地に回されているが、まれに南の風から直接的に建材が海外に輸出されることがある。対象はほとんどの場合中央政府が貿易対象外としている国交を有さない(多く君主制の)国であり、中央政府が世論が許さないため困難なそれらの国との貿易の抜け道として使っているという一面もある。
 +
 +**金融投資 [#q3686012]
 + ヴェニス社の株式を大量に購入しており、814年時点で4番目の株主(保有比率およそ11%)である。ヴェニス社の経営方針に影響を与えることができる水準ではあるが、現在は資産運用の一環として保有しておりほとんど取締役会において重要な発言は行っていない。また、他国の国債の購入にも熱心であり、ヴェニス社の社債100兆Va相当、ヴェニス社から購入したカドレン共和国国債100兆Va相当(年利1%)も資産として保有している。
 +
 +**政治運動 [#ad66101d]
 + 改憲までは共和党の主要な支持母体であり、ロニア自身がその代表を務めていたが、改憲に伴い「アドバイザー」身分で自主管理組織に直接所属しない南の風幹部が国政選挙に出馬することが極めて困難になったことから、国政に対し直接的な影響は及ぼすことができなくなった。ただし、南の風は連合党と強いパイプを築いており、連合党が議会の多数派を占めていることからかなりの間接的な影響力はいまだに残っている。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 351, today: 1, yesterday: 0