util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

28 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 28

もっと...
4: 2019-01-02 (水) 21:54:41 Chalcedony ソース
With "vote" plugin.
5: 2019-01-02 (水) 22:02:13 hishu ソース
Line 99: Line 99:
|~|>|~カルセドニー社会主義連邦共和国|~国旗|&ref(262.png,mw:480,mh:360);|~|>|~普蘭合衆国|~国旗|&ref(286.png,mw:480,mh:360);| |~|>|~カルセドニー社会主義連邦共和国|~国旗|&ref(262.png,mw:480,mh:360);|~|>|~普蘭合衆国|~国旗|&ref(286.png,mw:480,mh:360);|
|~|~派遣大使|ライタル・ビヤークネス(経済・エネルギー省)|~|~|~|~派遣大使|アルフ・ランプランド(外務省)|~|~| |~|~派遣大使|ライタル・ビヤークネス(経済・エネルギー省)|~|~|~|~派遣大使|アルフ・ランプランド(外務省)|~|~|
-|~|~在冰大使|不明|~|~|~|~在冰大使|ジョン・スミス(普蘭合衆国前首相子息)|~|~|+|~|~在冰大使|トレン・シトリン(元外交委員長)|~|~|~|~在冰大使|ジョン・スミス(普蘭合衆国前首相子息)|~|~|
|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~| |~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|
|~|~詳細|多国間協調主義。社会主義と商業は両立するらしい。|~|~|~|~詳細|新進気鋭の新興大国と呼ぶべきか。面子を潰されると怒る国らしい。空気は汚れていた。|~|~| |~|~詳細|多国間協調主義。社会主義と商業は両立するらしい。|~|~|~|~詳細|新進気鋭の新興大国と呼ぶべきか。面子を潰されると怒る国らしい。空気は汚れていた。|~|~|
Line 112: Line 112:
|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~| |~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|
|~|~詳細|緑が綺麗だった。しかしあの大きな獣は最終兵器か何かだろうか。|~|~|~|~詳細|世界一の大国。中立こそがあの大繁栄をもたらすのだろうか。留学してみたい。|~|~| |~|~詳細|緑が綺麗だった。しかしあの大きな獣は最終兵器か何かだろうか。|~|~|~|~詳細|世界一の大国。中立こそがあの大繁栄をもたらすのだろうか。留学してみたい。|~|~|
-|~|>|>|>|>|>|>|>|>|>| +|~|>|~セニオリス共和国|~国旗|&ref(266.png,mw:480,mh:360);|~|>|~国名未入力|~国旗|&ref(ID$a90518ee,mw:480,mh:360);| 
-|CENTER:''国際機関との関係&br;(813年)''|>|>|>|>|>|>|>|>|>+|~|~派遣大使|トリグブ・テアボーフェン(外務省)|~|~|~|~派遣大使|未入力|~|~
-|~|>|~(機関の名称)|~IMAGE|&ref(ID$g4950444,mw:480,mh:360);|~|~|~|~|~| +|~|~在冰大使|不明|~|~|~|~在冰大使|不明|~|~| 
-|~|~関係/印象|編集中|~|~|~|~|~|~|~| +|~|~関係/印象|国交締結/平常|~|~|~|~関係/印象|未入力|~|~| 
-|~|~詳細|編集中|~|~|~|~|~|~|~|+|~|~詳細|調査中|~|~|~|~詳細|未入力|~|~| 
 + 
*防衛体制 [#r027169c] *防衛体制 [#r027169c]
 常設の陸空軍があわせて4万人体制で防衛任務に従事している。しかし、内戦で国軍が治安維持のためとはいえ、本来銃を向けるべきではない市民に対して銃を向けたことが(たとえ時の政権の命令だったとしても)戦後厳しく批判されたため、権限と規模が縮小傾向にある。また、戦後の荒廃と社会的混乱の中で、4万人もの規模の常設軍を維持することが経済的に大きな負担となっているため、兵器や武器のメンテナンスすら混乱になっている。これらの事情から、防衛任務は最小限で、警察組織と合同での治安維持任務が中心となっている。  常設の陸空軍があわせて4万人体制で防衛任務に従事している。しかし、内戦で国軍が治安維持のためとはいえ、本来銃を向けるべきではない市民に対して銃を向けたことが(たとえ時の政権の命令だったとしても)戦後厳しく批判されたため、権限と規模が縮小傾向にある。また、戦後の荒廃と社会的混乱の中で、4万人もの規模の常設軍を維持することが経済的に大きな負担となっているため、兵器や武器のメンテナンスすら混乱になっている。これらの事情から、防衛任務は最小限で、警察組織と合同での治安維持任務が中心となっている。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 997, today: 1, yesterday: 0