util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
37: 2019-02-03 (日) 15:56:21 hishu ソース 38: 2019-02-05 (火) 19:47:54 hishu ソース
Line 95: Line 95:
 伝統的な経済政策は混合経済的であり、右派政権の場合には市場経済寄りに、左派の場合は計画経済寄りになる傾向がある。しかし、他国との円滑な貿易の観点から、813年以降は市場経済をやや優先した経済政策が採られている。主要産業は極地のため、将来的には工業や観光・サービス業を振興する方針であったが、フリューゲル経済の調査が進んでいないため、具体的な国土開発方針が定まっていないのが実情である。  伝統的な経済政策は混合経済的であり、右派政権の場合には市場経済寄りに、左派の場合は計画経済寄りになる傾向がある。しかし、他国との円滑な貿易の観点から、813年以降は市場経済をやや優先した経済政策が採られている。主要産業は極地のため、将来的には工業や観光・サービス業を振興する方針であったが、フリューゲル経済の調査が進んでいないため、具体的な国土開発方針が定まっていないのが実情である。
 地理に関しては調査が進んでいるが、公式地図を編纂中のため、当記事において公開できる情報が不足している。  地理に関しては調査が進んでいるが、公式地図を編纂中のため、当記事において公開できる情報が不足している。
 +
 +**地理 [#wa64bd7b]
 +現在の主要都市を記載する。
 +|>|~''首都ヴィスビグ(Vispig)(819年現在の様子)''|
 +|>|~&ref(vispig.png,mw:480,mh:360);&br;時計回りに、ヴィスピグ中心街(中央は国家行政タワー)、アケルスス宮殿、夏丁鈴電波塔(中夏人民共和国の支援により建設)|
 +|~【解説】|~ヴィスピグ地図|
 +|810年代に建設が進められた首都・ヴィスピグ。当時の冰州の技術力を活用し、諸外国の支援によって完成まで漕ぎ着けた。郊外は冰州らしい北欧風の町並みが見られるが、国家行政タワーを含む中心街は主に旧ロシア系の建築家らによって設計が行われたため、ロシア的な影響も見られる。首都中心部の人口は50万人程度と諸外国の首都に比べれば小さいが、郊外もあわせると200万人前後の大都市となり、現在の冰州の発展の原動力になっている都市と言える。|&ref(grayscale upload.jpg,mw:360,mh:240);&br;&font(Red){★};官邸(アケルスス宮殿)&br;&font(Blue){★};教会地区(カテドラル)|
 +
 +
 +
 +
**教育 [#g21b6351] **教育 [#g21b6351]
Line 156: Line 167:
|>|>|>|冰州は特質「レゴリス帝国を特別視」、特質「レゴリス製兵器の購入の検討」を獲得した。| |>|>|>|冰州は特質「レゴリス帝国を特別視」、特質「レゴリス製兵器の購入の検討」を獲得した。|
 +**宗教 [#vb24e2ed] 
 +819年現在、キリスト教系の教派としてはプロテスタント、正教会の教徒が存在している他、オルペウス教の教徒の存在も確認されている。内戦以降に新興宗教としてノルド教(北欧神話信仰)や、コーデクス主義的なANDERSEN Church(AI信仰)の存在が確認されている。 
 +|~教派|~信仰比率(調査で「信仰を有する」と答えた人を対象に産出した。)| 
 +|プロテスタント|40%| 
 +|ANDERSEN Church|31%| 
 +|正教会|17%| 
 +|ノルド教|12%|
*国外政策 [#y80d058b] *国外政策 [#y80d058b]
 原則として全ての国との国交を拒まない、とする方針が採られている。他国の政体、内政事情に対して、口を出すことは主権国家間の関係上慎むべきとする右派・左派の統一された見解のもと、右派政権でも左派政権でもある程度共通の政策が採られ易い。ただし、安全保障に関しては、右派は自国の軍備を増強して自衛能力を有するべきとする主張を行い、左派は他国との集団安全保障環境の形成による自国防衛を優先し、軍備は最小限とすべきという主張を行っており、安全保障に関しては政権によって方針が180度変わることもあり得る。現在はフリューゲルに存在する30数カ国のうち、13カ国と正式な国交を締結している。政府方針としては今後も外交官を増やし、国交締結国を増やしたい考え。  原則として全ての国との国交を拒まない、とする方針が採られている。他国の政体、内政事情に対して、口を出すことは主権国家間の関係上慎むべきとする右派・左派の統一された見解のもと、右派政権でも左派政権でもある程度共通の政策が採られ易い。ただし、安全保障に関しては、右派は自国の軍備を増強して自衛能力を有するべきとする主張を行い、左派は他国との集団安全保障環境の形成による自国防衛を優先し、軍備は最小限とすべきという主張を行っており、安全保障に関しては政権によって方針が180度変わることもあり得る。現在はフリューゲルに存在する30数カ国のうち、13カ国と正式な国交を締結している。政府方針としては今後も外交官を増やし、国交締結国を増やしたい考え。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1040, today: 2, yesterday: 1