util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
1: 2016-08-14 (日) 22:59:24 名無し(名無し) ソース
With "attach" plugin. (Created empty)
2: 2016-08-15 (月) 00:08:59 Sevilla ソース
Deleted an attach file: セビーリャ国旗2.png at 2016-08-15 (月) 18:27:42
Line 1: Line 1:
 +#contents
 +CENTER:''&font(30pt){セビージャ北部臨時政府};''
 +RIGHT:'''セビージャ北部臨時政府公式サイト'''
 +|~''国 旗''|&ref(Sevilla.png,mw:300,mh:190);|
 +|~''標 語''|CENTER:&font(10pt){'''-'''};|
 +|~''国 歌''|CENTER:'''-'''|
 +|~''政 治 体 制''|CENTER:大統領制|
 +|~''元 首''|CENTER:-ハビエル・アラニス・サンドバル北部臨時政府大統領(667年3月-)|
 +|~''首 都''|CENTER:-|
 +|~''言 語''|CENTER:スペイン語、英語、日本語|
 +|~''建 国''|CENTER:セビーリャ共和国としてフリューゲル暦626年3月1日|
 +|~''政 権 樹 立''|CENTER:フリューゲル暦-667年3月14日|
 +*歴史 [#naa9e564]
 +#region(セビーリャ共和国(第一共和制)時代)
 +|~626年|~3月|セビーリャ・ファシスト党のサルバドール・プラダ・ルシエンテス大元帥により建国|
 +|~630年|~ |カルセドニー島共和国とセビーリャ共和国に於けるウラン鉱山開発支援協定締結|
 +|~630年|~ |カルセドニー島共和国とセビーリャ共和国に於ける銀鉱山開発支援協定締結|
 +|~631年|~ |協定に従い、カルセドニー島共和国と燃料の定期輸出|
 +|~632年|~1月|フリューゲル同時社会不安により断続的に反乱軍が武装蜂起。6度にわたりカルセドニー島共和国から空爆支援を受ける。|
 +|~633年|~1月|エルツ帝国、石動第三帝国への定期燃料輸出を開始|
 +|~633年|~3月|反乱軍に対しカルセドニー島共和国からの空爆支援。陸軍が出動し暴動を鎮圧|
 +|~633年|~9月|軽工業から先端工業へ工業政策を前進|
 +|~634年|~5月|産業通商大臣の不祥事により燃料が枯渇、反乱軍が再び武装蜂起|
 +|~634年|~6月|大フリューゲル帝国からの宣戦布告も戦闘行為はなかった|
 +|~635年|~3月|トロピコ共和国との燃料食料定期取引開始|
 +|~635年|~5月|ヨリクシ共和国との燃料食料定期取引開始|
 +|~635年|~6月|反乱軍が再び武装蜂起、カルセドニー島共和国から鎮圧支援|
 +|~635年|~8月|カルセドニー島共和国との商品取引開始|
 +|~635年|~9月|反乱軍が再び武装蜂起、エルツ帝国軍から鎮圧支援|
 +|~636年|~5月|マルティン・エルモーソ・セルベト国家保衛警察総監がクーデター'''''(5月政変)'''''|
 +#endregion
 +#region(セビーリャ民主共和国(第二共和政)時代)
 +|~636年|~5月|マルティン・エルモーソ・セルベト国家保衛警察総監がセビーリャ民主共和国政権を樹立|
 +|~636年|~10月|ウェールリズセ連邦共和国から宣戦布告を受ける'''''(セビーリャ戦争)'''''|
 +|~637年|~4月|エルモーソ総監が空爆により死亡。後任にセビーリャ軍ベニート・ナバ・アルムニア将軍'''''(エルモーソ大爆撃)'''''|
 +|~637年|~6月|テークサット連合、コーデクス共和国から宣戦布告を受ける|
 +|~637年|~10月|4か国に対し無条件降伏を宣言|
 +|~638年|~2月|降伏文書に署名。1年4か月にわたる戦争が終結、セビーリャ民主共和国の解体が決定('''デルタ・ベルンでの講和''')|
 +|~638年|~6月|財政破綻|
 +|~638年|~6月|&font(Red){'''''講和条約に基づき民主共和国政府を解体。セビーリャ自由共和国が新たに建国される'''''};|
 +#endregion
 +#region(セビーリャ自由共和国(第三共和制)時代)
 +|~639年|~4月|セビーリャ自由共和国が新たに建国される|
 +|~639年|~4月|自由民主党のグレゴリオ・バニュエラス・マレス大統領が第三共和政大統領に就任|
 +|~639年|~6月|聖フランシスコ大聖堂が建設される。|
 +|~640年|~1月|工業生産高が戦前水準に戻る。|
 +|~640年|~6月|巨大隕石がセビーリャ中心部に落下。大聖堂や発電所、複数の都市などが消滅。&br;前後の地震も併せて犠牲者は300万人以上|
 +|~640年|~7月|大津波で港湾施設壊滅|
 +|~640年|~8月|革マル派が武装蜂起。3か月にわたりセビーリャ南西部で破壊活動を繰り返す。|
 +|~640年|~10月|第一次5か年計画開始。5年後に工業生産力10倍を目指す。|
 +|~640年|~11月|講和条約に基づきENEC統合軍が反乱軍を鎮圧|
 +|~641年|~ |'''ソサエティ発足'''|
 +|~641年|~3月|'''トロピコ問題'''|
 +|~641年|~8月|治安維持のためエルツ帝国軍、ENEC統合軍が駐留|
 +|~642年|~8月|中部大震災、工業生産に若干の影響|
 +|~643年|~1月|銀不足により、5か年計画中止|
 +|~645年|~4月|大怪獣いのらが南東部を襲う。ENEC統合軍が出動し撃退。|
 +|~646年|~4月|ラシニア社会共和国から銀の輸入権を落札。工業生産輸出量を増やす。|
 +|~655年|~4月|正義党エドムンド・モランテ・ミラネス大統領就任|
 +|~664年|~2月|正義党テオドシオ・ガルベス・セラ大統領就任|
 +|~665年|~10月|ウェールリズセ連邦共和国、ロムレー湖畔共和国から宣戦布告を受ける|
 +|~665年|~11月|コーデクス共和国から宣戦布告を受ける|
 +|~665年|~12月|ノホ・へレコ連邦から宣戦布告を受ける|
 +|~666年|~2月|ノイエクルス連邦最高評議会、連合国による&br;セビーリャ都市圏無差別攻撃に深い憂慮を表明|
 +|~666年|~6月|エルツ帝国から宣戦布告を受ける|
 +|~667年|~3月|メトロポリスへのレーザー攻撃でヘルマン国務院長官が死亡し&br;自由共和国政権が崩壊|
 +#endregion
 +&font(15pt){''セビージャ北部臨時政府時代''};
 +|~667年|~3月|北部コルドバ市のハビエル・アラニス・サンドバル市長が&br;自由共和国政権崩壊を受けて建国宣言|
 +|~667年|~12月|セビーリャ湾南部に巨大隕石が落下|


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 390, today: 1, yesterday: 0