util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

25 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 25

もっと...
44: 2018-12-19 (水) 21:26:59 akai ソース 45: 2018-12-22 (土) 17:39:50 akai ソース
Line 47: Line 47:
|634年6月頃|大フリューゲル帝国(後に共同管理区域クイーンズ)から宣戦布告 政府は「通り魔」と表現。| |634年6月頃|大フリューゲル帝国(後に共同管理区域クイーンズ)から宣戦布告 政府は「通り魔」と表現。|
|634年9月|「通り魔」の実態をようやく把握。政府の外交・情報収集努力のなさが浮き彫りに| |634年9月|「通り魔」の実態をようやく把握。政府の外交・情報収集努力のなさが浮き彫りに|
-|636年11月|労働党が将来的な民主化などを盛り込んだ講和条例を各党と締結。長きに渡る混乱が終わり、自由社会へ|+|636年11月|労働党が将来的な民主化などを盛り込んだ講和条例を各党と締結。長きに渡る混乱が終わり、民主政へ|
|637年8月|議会の設置により民主化。これに伴い国号もトルキー臨時社会主義連合からトルキー社会主義共和国に変更。| |637年8月|議会の設置により民主化。これに伴い国号もトルキー臨時社会主義連合からトルキー社会主義共和国に変更。|
|637年9月|民主化に伴う国内初の選挙の結果が発表。| |637年9月|民主化に伴う国内初の選挙の結果が発表。|
Line 116: Line 116:
|BGCOLOR(#808080):第27回|BGCOLOR(#808080):754年6月|BGCOLOR(#808080):任期満了による| |BGCOLOR(#808080):第27回|BGCOLOR(#808080):754年6月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
|BGCOLOR(#808080):第28回|BGCOLOR(#808080):755年9月|BGCOLOR(#808080):ある労働党員の汚職発覚が発端の選挙| |BGCOLOR(#808080):第28回|BGCOLOR(#808080):755年9月|BGCOLOR(#808080):ある労働党員の汚職発覚が発端の選挙|
-|BGCOLOR(#808080):第29回|BGCOLOR(#808080):757年11月|BGCOLOR(#808080):\"今一度解散\"による|+|BGCOLOR(#808080):第29回|BGCOLOR(#808080):757年11月|BGCOLOR(#808080):「今一度解散」による|
|BGCOLOR(#808080):第30回|BGCOLOR(#808080):759年1月|BGCOLOR(#808080):アル氏への内閣不信任決議による| |BGCOLOR(#808080):第30回|BGCOLOR(#808080):759年1月|BGCOLOR(#808080):アル氏への内閣不信任決議による|
|BGCOLOR(#808080):第31回|BGCOLOR(#808080):762年3月|BGCOLOR(#808080):-| |BGCOLOR(#808080):第31回|BGCOLOR(#808080):762年3月|BGCOLOR(#808080):-|
Line 302: Line 302:
|シンボルカラーは赤。報道においては労働党を薄めの赤としこちらを濃い赤にすることが多い。国内では左派~極左とされることが多い。&br;636年11月以降の労働党の急激な民主化への舵取りに反発した党員らが離脱し結成された。&br;社会主義経済の堅持を望み、民主主義政治による社会主義経済体制の不安定化を強く警戒する非常に社会主義色の強い政党である。農業・工業をトルキーの国是と位置づけ、農工業の地位向上や開発促進や、社会主義経済体制の強化のため生産計画の厳守や産業の集団化などを主張する。&br;党内では従来の過剰な民主化を批判し社会主義の理念を忘れないよう主張する守旧派の他に、財産の共有化や憲法の社会主義色の強化など体制の中央集権化を主張する急進派が、743年に政治参加が合法化されたことに伴い共産党に合流し派閥を形成している。|| |シンボルカラーは赤。報道においては労働党を薄めの赤としこちらを濃い赤にすることが多い。国内では左派~極左とされることが多い。&br;636年11月以降の労働党の急激な民主化への舵取りに反発した党員らが離脱し結成された。&br;社会主義経済の堅持を望み、民主主義政治による社会主義経済体制の不安定化を強く警戒する非常に社会主義色の強い政党である。農業・工業をトルキーの国是と位置づけ、農工業の地位向上や開発促進や、社会主義経済体制の強化のため生産計画の厳守や産業の集団化などを主張する。&br;党内では従来の過剰な民主化を批判し社会主義の理念を忘れないよう主張する守旧派の他に、財産の共有化や憲法の社会主義色の強化など体制の中央集権化を主張する急進派が、743年に政治参加が合法化されたことに伴い共産党に合流し派閥を形成している。||
-#region(かつて存在した党一覧+#region(その他の政党) 
--\\\'\\\'トルキー労働者評議会\\\'\\\'(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)+-''緑のクルディア''(Yeşil Kürdia/YK) 
 +クルディア人による地域政党。 
 +クルディア人居住地域における緑の党の代弁者的な存在であり、地域一丸となった環境政策への取り組みを主張している。 
 +また民族政党としてクルディア人の自治権拡大も主張している。 
 +地域政党としては国内最大の党員数を誇る。 
 +地方院において緑の党とともに会派「チューリップ同盟」を形成している。 
 +-''革命的マルクス主義研究会''(Devrimci Marksist Çalışma Grubu/DMÇG) 
 +共産主義の地域政党。 
 +クルディア人、アルミニア人の共産主義の研究組織が合流発展し構成。 
 +少数民族地域において活動し、少数民族間での共産主義教育の推進を目指している。 
 +地方院において共産党とともに会派「共産主義戦線」を形成している。 
 +-''アルミニア民族共同体''(Ermeni Etnik Topluluğu/EET) 
 +アルミニア人による地域政党。 
 +アルミニア人の自治権拡大を主張し、「トルキー人とアルミニア人が穏健に共存する新体制」を目指している。 
 +そのプロセスにおいて内部には自治県設置から自治共和国設置、更には完全独立まで様々な主張を行う分派が存在するが、現在は自治権の拡大を目指すという大筋の方針において一致している。 
 +#endregion 
 +#region(選挙への出馬を認められていない政党) 
 +-''資本と平和の民主主義''(Özgürlük ve Barış Demokrasisi/ÖBD) 
 +内戦時代に資産を失った資産家集団らが結成した資本主義政党。 
 +現在の社会主義体制を「個人の自由を制圧し各々の人権をも剥奪せんと目論む腐敗」と位置づけ、その完全破壊と資本主義新政府の確立を目標とする。 
 +主な活動としては社会主義経済体制の妨害を目的とした生産施設の破壊、法に反する資産の保有、違法薬物の密売を行っている。 
 +-''民主党''(Demokrat Parti/DP) 
 +資本と平和の民主主義において過激路線を嫌った分派が結成した資本主義政党。 
 +主な活動はロビー活動やボランティアへの参加、定期的なゼミの開講などに留まっており、平和裏な資本主義経済体制への移行とそれによる「慈悲自愛に満ちた新社会の形成」を目指している。 
 +一方で組織全体には法に反する資産保有の噂が存在し、実際に検挙された者も存在する。 
 +-''民族党''(Etnik Parti/EP) 
 +内戦時代の少数民族の独立過激派組織が合流発展し形成された政党。 
 +現在のトルキーの体制は少数民族差別に満ち溢れた政党であるとし、トルキー人と少数民族が構成する諸共和国による連邦制に移行すべきだとする政党。 
 +現在の第四共和政の黎明期には社会主義経済体制を容認し、選挙参加するとともに議会に議席を獲得することにも成功していたが、673年に出馬を禁止され現在ではファシズム政策を掲げトルキー人への差別を行い時に暴行事件にまで発展する過激派組織へと変貌している。 
 +主な活動は少数民族居住地域における第四共和政打倒の喧伝、トルキー人への差別的プロパガンダの作成である。 
 +#endregion 
 +#region(かつて存在した政党
 +-''トルキー労働者評議会''(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)
トルキー労働党の前身。 トルキー労働党の前身。
革命の際に主導した数人によって運営され、その下に革命のため尽力した人々が集う形になっていた。 革命の際に主導した数人によって運営され、その下に革命のため尽力した人々が集う形になっていた。
労働党への再編は超長期的なものとされていたが、636年11月の講和条例によって予定よりもかなり速く労働党へと再編された。 労働党への再編は超長期的なものとされていたが、636年11月の講和条例によって予定よりもかなり速く労働党へと再編された。
--\\\'\\\'トルキー民主主義連合\\\'\\\'(Türkiye Demokrasi Koalisyonu/TDK)+-''トルキー民主主義連合''(Türkiye Demokrasi Koalisyonu/TDK)
シンボルカラーは濃い青。 シンボルカラーは濃い青。
労働党の強力な独裁を目指す路線に反対し、議会制民主主義こそ目指すべき本来の路線であるとする様々な政党が協力・活動するために連合し、そのまま党となったもの。 労働党の強力な独裁を目指す路線に反対し、議会制民主主義こそ目指すべき本来の路線であるとする様々な政党が協力・活動するために連合し、そのまま党となったもの。
Line 313: Line 345:
民主主義を目指す政党として一部地域の支持を集め、中身の政策のズレを関係なしに636年11月まで正常に存在してきたが、労働党が民主化に踏み切ったために中身の政策のズレが危険な水準に到達し始め、将来的に分裂してしまうのではと危惧されていた。主要な構成政党は自由党、緑の党、社会民主党の三党だった。 民主主義を目指す政党として一部地域の支持を集め、中身の政策のズレを関係なしに636年11月まで正常に存在してきたが、労働党が民主化に踏み切ったために中身の政策のズレが危険な水準に到達し始め、将来的に分裂してしまうのではと危惧されていた。主要な構成政党は自由党、緑の党、社会民主党の三党だった。
--\\\'\\\'トルキー民主社会同盟\\\'\\\'(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)+-''トルキー民主社会同盟''(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)
シンボルカラーは青。 シンボルカラーは青。
社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。 社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。
-トルキーの中では自由党に次いで保守的かつ穏健な政党であるとされる。+トルキーの中では自由党に次いで保守的かつ穏健な政党であるとされた。
民主主義連合解体のゴタゴタに紛れつつ結党された。 民主主義連合解体のゴタゴタに紛れつつ結党された。
-かなり穏健な国民から支持されている。 +かなり穏健な国民から支持されていた。
-現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。+
--\\\'\\\'自由党\\\'\\\'(Özgürlük Partisi/ÖP)+-''自由党''(Özgürlük Partisi/ÖP)
シンボルカラーは黄色。 シンボルカラーは黄色。
社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。 社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1855, today: 1, yesterday: 0