util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
43: 2018-12-18 (火) 23:47:31 akai ソース 44: 2018-12-19 (水) 21:26:59 akai ソース
Line 82: Line 82:
|BGCOLOR(#808080):777年7月|BGCOLOR(#808080):エリジェ首相の辞任のため、アクス前幹事長が首相に就任する。| |BGCOLOR(#808080):777年7月|BGCOLOR(#808080):エリジェ首相の辞任のため、アクス前幹事長が首相に就任する。|
|BGCOLOR(#808080):780年4月|BGCOLOR(#808080):共和人民党との政策における対立を抱え解散した選挙に労働党が敗北。| |BGCOLOR(#808080):780年4月|BGCOLOR(#808080):共和人民党との政策における対立を抱え解散した選挙に労働党が敗北。|
-|~|BGCOLOR(#808080):選挙の結果によりギュルセル首相率いる共社緑連立政権が発足する。|+|~|BGCOLOR(#808080):選挙の結果によりギュルセル首相率いる共和-社民-緑連立政権が発足する。|
|BGCOLOR(#808080):791年11月|BGCOLOR(#808080):ギュルセル首相の辞任のため、バラミール新首相が就任。| |BGCOLOR(#808080):791年11月|BGCOLOR(#808080):ギュルセル首相の辞任のため、バラミール新首相が就任。|
Line 116: Line 116:
|BGCOLOR(#808080):第27回|BGCOLOR(#808080):754年6月|BGCOLOR(#808080):任期満了による| |BGCOLOR(#808080):第27回|BGCOLOR(#808080):754年6月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
|BGCOLOR(#808080):第28回|BGCOLOR(#808080):755年9月|BGCOLOR(#808080):ある労働党員の汚職発覚が発端の選挙| |BGCOLOR(#808080):第28回|BGCOLOR(#808080):755年9月|BGCOLOR(#808080):ある労働党員の汚職発覚が発端の選挙|
-|BGCOLOR(#808080):第29回|BGCOLOR(#808080):757年11月|BGCOLOR(#808080):"今一度解散"による|+|BGCOLOR(#808080):第29回|BGCOLOR(#808080):757年11月|BGCOLOR(#808080):\"今一度解散\"による|
|BGCOLOR(#808080):第30回|BGCOLOR(#808080):759年1月|BGCOLOR(#808080):アル氏への内閣不信任決議による| |BGCOLOR(#808080):第30回|BGCOLOR(#808080):759年1月|BGCOLOR(#808080):アル氏への内閣不信任決議による|
|BGCOLOR(#808080):第31回|BGCOLOR(#808080):762年3月|BGCOLOR(#808080):-| |BGCOLOR(#808080):第31回|BGCOLOR(#808080):762年3月|BGCOLOR(#808080):-|
Line 206: Line 206:
|民主的|--◆----|独裁的|民主制を導入している| |民主的|--◆----|独裁的|民主制を導入している|
|政治的左派|◆------|政治的右派|革命的思想こそ最良である| |政治的左派|◆------|政治的右派|革命的思想こそ最良である|
-|開放社会|-----◆-|閉鎖社会|海外の情報は手に入れづらい|+|開放社会|-----◆-|閉鎖社会|自由を謳う似非自由主義を警戒せよ|
|自由経済|------◆|中央計画経済|社会主義経済を導入している| |自由経済|------◆|中央計画経済|社会主義経済を導入している|
-|常備軍|-----◆-|徴兵軍|軍隊の主要は非正規が占める|+|常備軍|----◆--|徴兵軍|徴兵制度は国防の要だ|
|タカ派|----◆--|ハト派|フリューゲルは平和にあるべきである| |タカ派|----◆--|ハト派|フリューゲルは平和にあるべきである|
-|介入主義|-----◆-|孤立主義|政府は国際協調に歩み始めた| +|介入主義|------◆|孤立主義|永続国家計画に基づく長期鎖国中である|
--634年9月 民主化の議論が開始され民主的に1 +
--636年7月 同じ理由で言論の規制が緩み解放社会に1 +
--636年11月 各党の側と講和条約が結ばれ、民主的に1 +
--637年8月 議会設置によって民主化し、民主的に2 +
--660年11月 正規軍の編成が進み常備軍に1 +
--674年1月 強硬派内閣の成立によりタカ派に2、介入主義に1 +
--687年3月 非強硬派内閣の成立によりハト派に1+
**立法 [#tc6775e1] **立法 [#tc6775e1]
Line 237: Line 230:
選挙は県や特別行政州をそれぞれ1区とした大選挙区制によって行われる。 選挙は県や特別行政州をそれぞれ1区とした大選挙区制によって行われる。
その選挙制度からそれぞれの区からは一度で10~50人もの当選者が出ることとなるため、各区では同じ政党の候補者が何人も乱立することが一般的となっている。 その選挙制度からそれぞれの区からは一度で10~50人もの当選者が出ることとなるため、各区では同じ政党の候補者が何人も乱立することが一般的となっている。
--725年3月の第十八回人民院選挙の結果+-808年5月の第43回人民院選挙の結果
|CENTER:政党名||議席|h |CENTER:政党名||議席|h
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||222+|BGCOLOR(#FFA0FF):共和人民党||83
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||110+|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||82
-|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||43+|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||41
-|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟||14+|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||164
-|BGCOLOR(#F00000):共産党||6+|BGCOLOR(#F00000):共産党||22
-|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||5|+|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属||8|
|CENTER:定数||400| |CENTER:定数||400|
Line 253: Line 246:
//|BGCOLOR(#FFFF50):自由党| //|BGCOLOR(#FFFF50):自由党|
//|BGCOLOR(#F00000):共産党| //|BGCOLOR(#F00000):共産党|
 +//|BGCOLOR(#FFA0FF):共和人民党|
//|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属| //|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属|
Line 264: Line 258:
1つの選挙区から一度に20人以上の同党の当選者が出ることもある人民院の選挙とは異なり、比較的落ち着いた選挙戦が繰り広げられると言われている。 1つの選挙区から一度に20人以上の同党の当選者が出ることもある人民院の選挙とは異なり、比較的落ち着いた選挙戦が繰り広げられると言われている。
第一回の選挙は半数のみの選挙が行われた。 第一回の選挙は半数のみの選挙が行われた。
--725年7月の第十一回地方院選挙の結果 +-810年7月の第29回地方院選挙の結果 
-|CENTER:政党名||第十一期|第十期|合計||h +|CENTER:政党名||第28期|第29期|合計||h 
-|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||66|78|>|CENTER:144+|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党||64|69|>|CENTER:133
-|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||34|24|>|CENTER:58+|BGCOLOR(#FFA050):社会民主党||23|25|>|CENTER:48
-|>|>|>|>|BGCOLOR(#50FF50):チューリップ同盟|BGCOLOR(#E0FFE0):33+|>|>|>|>|BGCOLOR(#50FF50):チューリップ同盟|BGCOLOR(#E0FFE0):31
-|BGCOLOR(#A0FFA0):緑の党||5|4|9|~| +|BGCOLOR(#50FF50):緑の党||10|9|19|~| 
-|BGCOLOR(#B0FFB0):緑のクルディア||12|12|24|~| +|BGCOLOR(#B0FFB0):緑のクルディア||7|5|12|~| 
-|>|>|>|>|BGCOLOR(#5050FF):民主社会主義研究会|BGCOLOR(#E0E0FF):17| +|BGCOLOR(#FFA0FF):共和人民党||17|11|>|CENTER:28
-|BGCOLOR(#A0A0FF):トルキー民主社会同盟||2|2|4|~| +|>|>|>|>|BGCOLOR(#F00000):共産主義戦線|BGCOLOR(#F0E0E0):17
-|BGCOLOR(#B0B0FF):クルディア安定党||7|6|13|~+|BGCOLOR(#F00000):共産党||6|6|12|~| 
-|>|>|>|>|BGCOLOR(#F00000):トルキー共産主義連盟|BGCOLOR(#F0C0C0):7+|BGCOLOR(#F05050):革命的マルクス主義研究会||2|3|5|~| 
-|BGCOLOR(#F03030):マルクス・レーニン主義者同盟||4|2|6|~| +|BGCOLOR(#C05050):アルミニア民族共同体||3|4|>|CENTER:7|
-|BGCOLOR(#F04040):クルディア共産主義同盟||1|0|1|~| +
-|BGCOLOR(#E04040):アルミニア民族共同体||1|4|>|CENTER:5| +
-//|BGCOLOR(#D00000):民族躍進進歩党||0|0|>|CENTER:0| +
-//|BGCOLOR(#FFFF50):自由党||0|0|0||+
|CENTER:定数||132|132|>|264| |CENTER:定数||132|132|>|264|
Line 289: Line 279:
内閣は議会の召集・解散を行うことが出来る他、最高裁判所の裁判官を任命することができる。 内閣は議会の召集・解散を行うことが出来る他、最高裁判所の裁判官を任命することができる。
-議会が解散中に緊急の必要が生じた場合は臨時で法律に変わるものとして緊急命令を下すことが出来、この命令は議会の復帰次第失効、または法案化される。+議会が解散中に緊急の必要が生じた場合は臨時で法律に変わるものとして緊急閣令を下すことが出来、この閣令は議会の開会次第失効、または法案化される。
**司法 [#gbcc34c1] **司法 [#gbcc34c1]
Line 313: Line 303:
#region(かつて存在した党一覧) #region(かつて存在した党一覧)
--\'\'トルキー労働者評議会\'\'(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)+-\\\'\\\'トルキー労働者評議会\\\'\\\'(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)
トルキー労働党の前身。 トルキー労働党の前身。
革命の際に主導した数人によって運営され、その下に革命のため尽力した人々が集う形になっていた。 革命の際に主導した数人によって運営され、その下に革命のため尽力した人々が集う形になっていた。
労働党への再編は超長期的なものとされていたが、636年11月の講和条例によって予定よりもかなり速く労働党へと再編された。 労働党への再編は超長期的なものとされていたが、636年11月の講和条例によって予定よりもかなり速く労働党へと再編された。
--\'\'トルキー民主主義連合\'\'(Türkiye Demokrasi Koalisyonu/TDK)+-\\\'\\\'トルキー民主主義連合\\\'\\\'(Türkiye Demokrasi Koalisyonu/TDK)
シンボルカラーは濃い青。 シンボルカラーは濃い青。
労働党の強力な独裁を目指す路線に反対し、議会制民主主義こそ目指すべき本来の路線であるとする様々な政党が協力・活動するために連合し、そのまま党となったもの。 労働党の強力な独裁を目指す路線に反対し、議会制民主主義こそ目指すべき本来の路線であるとする様々な政党が協力・活動するために連合し、そのまま党となったもの。
他の政党とは異なり、全体的に保守的な考えを持つ政党で構成されている。 他の政党とは異なり、全体的に保守的な考えを持つ政党で構成されている。
-民主主義を目指す政党として一部地域の支持を集め、中身の政策のズレを関係なしに636年11月まで正常に存在してきたが、労働党が民主化に踏み切ったために中身の政策のズレが危険な水準に到達し始め、将来的に分裂してしまうのではと危惧されていた。以下は構成政党 +民主主義を目指す政党として一部地域の支持を集め、中身の政策のズレを関係なしに636年11月まで正常に存在してきたが、労働党が民主化に踏み切ったために中身の政策のズレが危険な水準に到達し始め、将来的に分裂してしまうのではと危惧されていた。主要な構成政党は自由党、緑の党、社会民主党の三党だった。
---\'\'自由党\'\'(Özgürlük Partisi/ÖP) +
-シンボルカラーは黄色。 +
-社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。 +
-民主主義連合結成を呼びかけた主要政党で、トルキーの中ではかなり保守的な思想を持つことが特徴。 +
-現在の連合では、運営の主要メンバーはこの経緯から殆どが自由党の出身者となっている。 +
-そのかなり保守的な思想が国民に合わず、連合の運営の多くを占めるにもかかわらず支持は得られていない。 +
- +
---\'\'緑の党\'\'(Yeşil Partisi/YP) +
-シンボルカラーは緑。 +
-社会保障や平等の観点から、環境・国民の幸福を尊重することを訴える政党。 +
-基本的理念は社会主義に基づくが、やや保守寄りな考えを持つ。 +
-解放ではなく純粋な幸運を求め革命に参加した人々からの支持が根強く、議席は少ないながら安定した勢力を持っているとされる。+
--\'\'トルキー民主社会同盟\'\'(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)+-\\\'\\\'トルキー民主社会同盟\\\'\\\'(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)
シンボルカラーは青。 シンボルカラーは青。
社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。 社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。
Line 343: Line 321:
現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。 現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。
--\'\'自由党\'\'(Özgürlük Partisi/ÖP)+-\\\'\\\'自由党\\\'\\\'(Özgürlük Partisi/ÖP)
シンボルカラーは黄色。 シンボルカラーは黄色。
社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。 社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。
Line 360: Line 338:
*国民 [#ka89947c] *国民 [#ka89947c]
-トルキー人が全体の68%を占め、次いでギリシヤ人、クルディア人、アルミニア人が少数民族として21%を占め残りは他国からの移民となっている。 +トルキー人が全体の76%を占め、次いでクルディア人、アルミニア人、ギリシヤ人が少数民族として22%を占め残りは他国からの移民となっている。 
-特にクルディア人はトルキー内においてトルキー人に次ぐ多数派を構成しており、その構成は全体の15%であるとも言われる。+特にクルディア人はトルキー内においてトルキー人に次ぐ多数派を構成しており、その構成は全体の18%であるとも言われる。
**宗教 [#b1bae6b2] **宗教 [#b1bae6b2]


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1889, today: 1, yesterday: 1