util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

26 人のユーザが現在オンラインです。 (6 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 26

もっと...
42: 2018-10-19 (金) 00:32:24 akai ソース 43: 2018-12-18 (火) 23:47:31 akai ソース
Line 67: Line 67:
|700年5月|市区町村の設置を定める地方自治法改正案が成立。13年に渡る議論がついに終結。| |700年5月|市区町村の設置を定める地方自治法改正案が成立。13年に渡る議論がついに終結。|
|713年1月|トルキー第四共和政の父、メフメト・セキ元首相が逝去。95歳。晩年は執筆活動に励む。| |713年1月|トルキー第四共和政の父、メフメト・セキ元首相が逝去。95歳。晩年は執筆活動に励む。|
-|715年1月|ユセフ・シャヒーン首相が高齢のため辞任し、ファルク・ウラス前軍部大臣が就任。|+|715年1月|ユセフ・シャヒーン首相が高齢のため辞任し、ファルク・ウラス前軍部大臣が首相に就任。|
|BGCOLOR(#808080):729年頃|BGCOLOR(#808080):持続可能な経済を建設しようとする永続国家計画に基づく長期鎖国に突入。| |BGCOLOR(#808080):729年頃|BGCOLOR(#808080):持続可能な経済を建設しようとする永続国家計画に基づく長期鎖国に突入。|
|BGCOLOR(#808080):731年6月|BGCOLOR(#808080):鎖国が諸外国の信頼を損ねたとしてウラス首相に対する第四共和政初の内閣不信任決議が可決される。| |BGCOLOR(#808080):731年6月|BGCOLOR(#808080):鎖国が諸外国の信頼を損ねたとしてウラス首相に対する第四共和政初の内閣不信任決議が可決される。|
-|~|BGCOLOR(#808080):第20回人民院選挙の結果に基づきデスタン新首相の元社緑連立政権が発足。労働党は初の下野。+|~|BGCOLOR(#808080):第20回人民院選挙の結果に基づきデスタン新首相の社緑連立政権が発足。労働党は初の下野。
-|BGCOLOR(#808080):740年1月|BGCOLOR(#808080):デスタン首相が突然死。初の規定の選挙後混乱の収束のため無所属のテミルジ氏が任命される。|+|BGCOLOR(#808080):740年1月|BGCOLOR(#808080):デスタン首相が突然死。初の規定の選挙後混乱の収束のため無所属の元軍人であるテミルジ氏が任命される。| 
 +|BGCOLOR(#808080):743年12月|BGCOLOR(#808080):選挙出馬の認可範囲を拡大する他の憲法改正案が可決される。| 
 +|BGCOLOR(#808080):746年7月|BGCOLOR(#808080):テミルジ首相の辞任と人民院解散による選挙により、再度労働党単独政権が発足する。| 
 +|BGCOLOR(#808080):755年9月|BGCOLOR(#808080):労働党員の汚職事件を受け「国民の信頼を回復する」とした選挙に労働党が敗北。| 
 +|~|BGCOLOR(#808080):社会民主党の閣外協力を受け民社-社民-緑-自由の四党による連立政権が発足する。| 
 +|BGCOLOR(#808080):757年11月|BGCOLOR(#808080):緑の党が連立より離脱。アル首相は「今一度国民の応援をいただきたい」と解散に踏み切る。| 
 +|BGCOLOR(#808080):759年1月|BGCOLOR(#808080):社会民主党が連立より離脱し、アル首相への内閣不信任決議が可決される。| 
 +|~|BGCOLOR(#808080):第30回人民院選挙の結果に基づきトゥルナゴル首相が再選され、労働党単独政権が再発足する。| 
 +|BGCOLOR(#808080):764年3月|BGCOLOR(#808080):トゥルナゴル首相の辞任のため、エリジェ新首相が就任する。| 
 +|BGCOLOR(#808080):777年7月|BGCOLOR(#808080):エリジェ首相の辞任のため、アクス前幹事長が首相に就任する。| 
 +|BGCOLOR(#808080):780年4月|BGCOLOR(#808080):共和人民党との政策における対立を抱え解散した選挙に労働党が敗北。| 
 +|~|BGCOLOR(#808080):選挙の結果によりギュルセル首相率いる共社緑連立政権が発足する。| 
 +|BGCOLOR(#808080):791年11月|BGCOLOR(#808080):ギュルセル首相の辞任のため、バラミール新首相が就任。|
#region(選挙関連) #region(選挙関連)
Line 98: Line 110:
|BGCOLOR(#808080):第21回|BGCOLOR(#808080):735年4月|BGCOLOR(#808080):出馬規定の緩和などを含む憲法改正の是非が問われる| |BGCOLOR(#808080):第21回|BGCOLOR(#808080):735年4月|BGCOLOR(#808080):出馬規定の緩和などを含む憲法改正の是非が問われる|
|BGCOLOR(#808080):第22回|BGCOLOR(#808080):737年9月|BGCOLOR(#808080):-| |BGCOLOR(#808080):第22回|BGCOLOR(#808080):737年9月|BGCOLOR(#808080):-|
-|BGCOLOR(#808080):第23回|BGCOLOR(#808080):740年1月|BGCOLOR(#808080):デスタン氏の突然死に伴う選挙|+|BGCOLOR(#808080):第23回|BGCOLOR(#808080):740年1月|BGCOLOR(#808080):デスタン氏の突然死による|
|BGCOLOR(#808080):第24回|BGCOLOR(#808080):742年5月|BGCOLOR(#808080):憲法改正の意義が改めて問われる| |BGCOLOR(#808080):第24回|BGCOLOR(#808080):742年5月|BGCOLOR(#808080):憲法改正の意義が改めて問われる|
 +|BGCOLOR(#808080):第25回|BGCOLOR(#808080):746年7月|BGCOLOR(#808080):テミルジ氏の辞任と解散による|
 +|BGCOLOR(#808080):第26回|BGCOLOR(#808080):749年6月|BGCOLOR(#808080):永続国家計画20年を迎えその信が問われる|
 +|BGCOLOR(#808080):第27回|BGCOLOR(#808080):754年6月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
 +|BGCOLOR(#808080):第28回|BGCOLOR(#808080):755年9月|BGCOLOR(#808080):ある労働党員の汚職発覚が発端の選挙|
 +|BGCOLOR(#808080):第29回|BGCOLOR(#808080):757年11月|BGCOLOR(#808080):"今一度解散"による|
 +|BGCOLOR(#808080):第30回|BGCOLOR(#808080):759年1月|BGCOLOR(#808080):アル氏への内閣不信任決議による|
 +|BGCOLOR(#808080):第31回|BGCOLOR(#808080):762年3月|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):第32回|BGCOLOR(#808080):764年8月|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):第33回|BGCOLOR(#808080):769年8月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
 +|BGCOLOR(#808080):第34回|BGCOLOR(#808080):773年10月|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):第35回|BGCOLOR(#808080):778年10月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
 +|BGCOLOR(#808080):第36回|BGCOLOR(#808080):780年4月|BGCOLOR(#808080):CHP主導の複数法案により議会が紛糾する|
 +|BGCOLOR(#808080):第37回|BGCOLOR(#808080):784年11月|BGCOLOR(#808080):ギュルセル氏の経歴が議論を呼ぶ|
 +|BGCOLOR(#808080):第38回|BGCOLOR(#808080):788年6月|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):第39回|BGCOLOR(#808080):792年8月|BGCOLOR(#808080):選挙制度と地方自治の改革の議論が焦点|
 +|BGCOLOR(#808080):第40回|BGCOLOR(#808080):794年8月|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):第41回|BGCOLOR(#808080):799年8月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
 +|BGCOLOR(#808080):第42回|BGCOLOR(#808080):803年5月|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):第43回|BGCOLOR(#808080):808年5月|BGCOLOR(#808080):任期満了による|
-地方院 -地方院
Line 117: Line 148:
|BGCOLOR(#808080):735年7月|BGCOLOR(#808080):第13期|~|BGCOLOR(#808080):-| |BGCOLOR(#808080):735年7月|BGCOLOR(#808080):第13期|~|BGCOLOR(#808080):-|
|BGCOLOR(#808080):740年7月|~|BGCOLOR(#808080):第14期|BGCOLOR(#808080):-| |BGCOLOR(#808080):740年7月|~|BGCOLOR(#808080):第14期|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):745年7月|BGCOLOR(#808080):第15期|~|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):750年7月|~|BGCOLOR(#808080):第16期|BGCOLOR(#808080):地方院の勢力再編が始まる|
 +|BGCOLOR(#808080):755年7月|BGCOLOR(#808080):第17期|~|BGCOLOR(#808080):TDSİ提出の地方自治法改正案に議会が紛糾する|
 +|BGCOLOR(#808080):760年7月|~|BGCOLOR(#808080):第18期|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):755年7月|BGCOLOR(#808080):第18期|~|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):760年7月|~|BGCOLOR(#808080):第19期|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):765年7月|BGCOLOR(#808080):第20期|~|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):770年7月|~|BGCOLOR(#808080):第21期|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):775年7月|BGCOLOR(#808080):第22期|~|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):780年7月|~|BGCOLOR(#808080):第23期|BGCOLOR(#808080):CHP主導の複数法案が焦点|
 +|BGCOLOR(#808080):785年7月|BGCOLOR(#808080):第24期|~|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):790年7月|~|BGCOLOR(#808080):第25期|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):795年7月|BGCOLOR(#808080):第26期|~|BGCOLOR(#808080):地方自治改革について活発な議論が行われる|
 +|BGCOLOR(#808080):800年7月|~|BGCOLOR(#808080):第27期|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):805年7月|BGCOLOR(#808080):第28期|~|BGCOLOR(#808080):-|
 +|BGCOLOR(#808080):810年7月|~|BGCOLOR(#808080):第29期|BGCOLOR(#808080):-|
#endregion #endregion
**636年11月初旬講和条例 [#va698fb6] **636年11月初旬講和条例 [#va698fb6]
Line 136: Line 183:
|代|CENTER:トルキー労働者評議会議長||所属政党|h |代|CENTER:トルキー労働者評議会議長||所属政党|h
|1|631年8月~637年9月|メフメト・セキ|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働者評議会| |1|631年8月~637年9月|メフメト・セキ|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働者評議会|
--637年9月に選挙によって内閣総理大臣の設置。労働者評議会議長の事実上の廃止。なお本格的な廃止は639年5月+-637年9月に選挙によって内閣総理大臣の設置。労働者評議会議長の事実上の廃止。なお正式な廃止は639年5月
||CENTER:|CENTER:||c ||CENTER:|CENTER:||c
|代|CENTER:内閣総理大臣||所属政党|h |代|CENTER:内閣総理大臣||所属政党|h
Line 147: Line 194:
|7|740年1月~746年7月|ハシム・テミルジ|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属| |7|740年1月~746年7月|ハシム・テミルジ|BGCOLOR(#A0A0A0):無所属|
|8|746年7月~755年9月|アイシェ・トゥルナゴル|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党| |8|746年7月~755年9月|アイシェ・トゥルナゴル|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党|
-|9|755年7月~759年1月|イドリース・アル|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟|+|9|755年9月~759年1月|イドリース・アル|BGCOLOR(#5050FF):トルキー民主社会同盟|
|10|759年1月~764年3月|アイシェ・トゥルナゴル|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党| |10|759年1月~764年3月|アイシェ・トゥルナゴル|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党|
|11|764年3月~777年7月|ジェウデト・エリジェ|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党| |11|764年3月~777年7月|ジェウデト・エリジェ|BGCOLOR(#FF5050):トルキー労働党|
Line 178: Line 225:
問題を起こした裁判官を罷免させるか否かを判断する弾劾裁判を行うことも可能である。 問題を起こした裁判官を罷免させるか否かを判断する弾劾裁判を行うことも可能である。
これによって罷免させられた裁判官は今後永久に公務員の地位に就くことを禁止され、この権利が回復されることはない。 これによって罷免させられた裁判官は今後永久に公務員の地位に就くことを禁止され、この権利が回復されることはない。
-選挙においては憲法により「健全な社会主義を構築することに賛同する政党」以外の政党の出馬は認めておらず、これにより資本主義の他、サンディカリスム、過激な共産主義などといった政党の出馬を制限している。+選挙においては憲法により「社会主義経済体制に反対する政党(743年改正)」の出馬は認めておらず、これにより資本主義の他、サンディカリスム、アナキズム、ファシズムなどといった政党の出馬を制限している。
議会は人民院と地方院からなる二院制であり、地方院は少数民族や地方関連の法案以外のものは全て人民院の決定が優先される。 議会は人民院と地方院からなる二院制であり、地方院は少数民族や地方関連の法案以外のものは全て人民院の決定が優先される。
675年7月までは人民院からなる一院制であった。 675年7月までは人民院からなる一院制であった。
Line 265: Line 312:
|シンボルカラーは赤。報道においては労働党を薄めの赤としこちらを濃い赤にすることが多い。国内では左派~極左とされることが多い。&br;636年11月以降の労働党の急激な民主化への舵取りに反発した党員らが離脱し結成された。&br;社会主義経済の堅持を望み、民主主義政治による社会主義経済体制の不安定化を強く警戒する非常に社会主義色の強い政党である。農業・工業をトルキーの国是と位置づけ、農工業の地位向上や開発促進や、社会主義経済体制の強化のため生産計画の厳守や産業の集団化などを主張する。&br;党内では従来の過剰な民主化を批判し社会主義の理念を忘れないよう主張する守旧派の他に、財産の共有化や憲法の社会主義色の強化など体制の中央集権化を主張する急進派が、743年に政治参加が合法化されたことに伴い共産党に合流し派閥を形成している。|| |シンボルカラーは赤。報道においては労働党を薄めの赤としこちらを濃い赤にすることが多い。国内では左派~極左とされることが多い。&br;636年11月以降の労働党の急激な民主化への舵取りに反発した党員らが離脱し結成された。&br;社会主義経済の堅持を望み、民主主義政治による社会主義経済体制の不安定化を強く警戒する非常に社会主義色の強い政党である。農業・工業をトルキーの国是と位置づけ、農工業の地位向上や開発促進や、社会主義経済体制の強化のため生産計画の厳守や産業の集団化などを主張する。&br;党内では従来の過剰な民主化を批判し社会主義の理念を忘れないよう主張する守旧派の他に、財産の共有化や憲法の社会主義色の強化など体制の中央集権化を主張する急進派が、743年に政治参加が合法化されたことに伴い共産党に合流し派閥を形成している。||
-#region(各党一覧) 
--\'\'トルキー労働党\'\'(Türkiye İşçi Partisi/TİP) 
-シンボルカラーは赤。 
-初期は強力な独裁を目指していたが、諸外国を視察するにつれ徐々に民主主義路線に切り替わっていき現在では民主主義の中での社会主義を目指す党となっている。 
-党内では世俗主義に基づく政治を肯定するなどやや穏健になりつつあるが、「もし民主主義で解決しないなら暴力による革命や階級闘争も仕方がない」という理念があり、完全に穏健である社会民主主義などとは一線を画する。 
-トルキーにおける「社会主義」の1つの方向性を示している。 
-建国時は「トルキー労働者評議会」として活動していたが、636年11月からはトルキー労働党として正式に再編された。 
-移住から困窮を極め、バラバラになってしまっていたトルキーをまとめ上げた実績を持つ党。 
-この実績から国民からの信頼は厚い。 
- 
--\'\'自由党\'\'(Özgürlük Partisi/ÖP) 
-シンボルカラーは黄色。 
-社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。 
-民主主義連合結成を呼びかけた政党で、トルキーの中ではかなり保守的な思想を持つことが特徴。 
-解散前の連合では、運営の主要メンバーはこの経緯から殆どが自由党の出身者となっていた。 
-そのかなり保守的な思想が国民に合わず、かつての連合の結成を呼びかけるなどの実績があるにも関わらず支持は得られていない。 
- 
--\'\'緑の党\'\'(Yeşillik) 
-シンボルカラーは緑。 
-社会保障や平等の観点から、環境・国民の幸福を尊重することを訴える政党。 
-基本的理念は社会主義に基づくが、環境問題や恒久平和、660年頃からは多文化主義などの独特な主張をしている。 
-解放ではなく純粋な幸運を求め革命に参加した人々からの支持が根強く、かなり安定した勢力を持っているとされていた。 
-しかしここ最近は社会民主党といった別の穏健政党に押され気味となっている。 
- 
--\'\'社会民主党\'\'(Sosyal Demokrat Partisi/SDP) 
-シンボルカラーは橙、もしくは赤。 
-報道などでは橙が用いられることが多い。 
-修正主義の潮流を受けた社会民主主義を掲げ、暴力による革命や階級闘争を否定し、世俗主義に基づく社会平等の実現を訴える政党。 
-その中でも多数の考え方があるとされる社会民主主義の中では、社会主義寄りな思想を持つ。 
-比較的穏健な国民からの支持が高く、議会では労働党に次ぐ勢力を持つ。 
- 
--\'\'トルキー民主社会同盟\'\'(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ) 
-シンボルカラーは青。 
-社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。 
-トルキーの中では自由党に次いで保守的かつ穏健な政党であるとされる。 
-民主主義連合解体のゴタゴタに紛れつつ結党された。 
-かなり穏健な国民から支持されている。 
-現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。 
- 
--\'\'共産党\'\'(Komünizm Partisi/KP) 
-シンボルカラーは橙、もしくは赤。 
-報道などでは労働党を若干薄い赤とし、こちらを強い赤にすることが多い。 
-636年11月の講和での民主化に反対した一部の労働党左派が結党した党。 
-マルクス・レーニン主義に基づいた独裁政治を主張し、労働党の穏健化を「修正主義」として批判している。 
-基本的な政策は初期の労働党に則しており、非常に強硬かつ危険な思想を持った党である。 
-かねてからこの政党が「健全な社会主義を構築することに賛同しているか」と議論になっているが、概ね 
-1.この条文が第三共和政の過度な粛清などの反省から制定された点 
-2.「穏健な社会主義」の定義が曖昧である点 
-3.共産党は第三共和政の掲げた粛清などを否定している点 
-から現在では「非穏健であるが健全な社会主義である」として選挙への出馬が認められている。 
- 
--\'\'民族党\'\'(Yarış Partisi/YP) 
-シンボルカラーは茶色。 
-現在のトルキーのトルキー人一極集中体制を批判し、ギリシヤ人、クルディア人、アルミニア人などを加えた連邦制にするべきだと主張する党。 
-その経済政策は社会主義や共産主義というよりも、むしろファシズムに近いと言われる。 
-一部の極右思想の少数民族からは支持されているが、少数民族からでさえこの政策の現実性について疑問が持たれており、国民からの支持は得られていない。 
-673年12月からは「健全な社会主義を構築することに賛同していない」として選挙への出馬を禁止された。 
- 
-#endregion 
#region(かつて存在した党一覧) #region(かつて存在した党一覧)
-\'\'トルキー労働者評議会\'\'(Türkiye İşçi Konseyi/TİK) -\'\'トルキー労働者評議会\'\'(Türkiye İşçi Konseyi/TİK)
Line 346: Line 334:
基本的理念は社会主義に基づくが、やや保守寄りな考えを持つ。 基本的理念は社会主義に基づくが、やや保守寄りな考えを持つ。
解放ではなく純粋な幸運を求め革命に参加した人々からの支持が根強く、議席は少ないながら安定した勢力を持っているとされる。 解放ではなく純粋な幸運を求め革命に参加した人々からの支持が根強く、議席は少ないながら安定した勢力を持っているとされる。
 +
 +-\'\'トルキー民主社会同盟\'\'(Türkiye Demokratik Sosyalist İttifak/TDSİ)
 +シンボルカラーは青。
 +社会民主主義の中でもより国民政党として議会政治を尊重する民主社会主義を掲げ、現在の社会主義経済の「改良」を訴える中道左派政党。
 +トルキーの中では自由党に次いで保守的かつ穏健な政党であるとされる。
 +民主主義連合解体のゴタゴタに紛れつつ結党された。
 +かなり穏健な国民から支持されている。
 +現在は緑の党とのパイプの建設を模索している。
 +
 +-\'\'自由党\'\'(Özgürlük Partisi/ÖP)
 +シンボルカラーは黄色。
 +社会自由主義を掲げ、社会主義経済の中での社会的な自由を訴える政党。
 +民主主義連合結成を呼びかけた政党で、トルキーの中ではかなり保守的な思想を持つことが特徴。
 +解散前の連合では、運営の主要メンバーはこの経緯から殆どが自由党の出身者となっていた。
 +そのかなり保守的な思想が国民に合わず、かつての連合の結成を呼びかけるなどの実績があるにも関わらず支持は得られていない。
#endregion #endregion
Line 363: Line 366:
社会主義国家であるが、信仰の自由は存在している。 社会主義国家であるが、信仰の自由は存在している。
イスラーム教スンニ派を国教とし、その他の少数宗教も認めている。 イスラーム教スンニ派を国教とし、その他の少数宗教も認めている。
-イスラーム教が97.5%、トルキー正教会が0.3%、その他が2.2%となっている。+イスラーム教が96.2%、トルキー正教会が1.1%、その他が2.7%となっている。
そのうちイスラーム教の宗派は83%がスンニ派で、13%がアレヴィー派、残りの4%はその他の宗派である。 そのうちイスラーム教の宗派は83%がスンニ派で、13%がアレヴィー派、残りの4%はその他の宗派である。


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1858, today: 1, yesterday: 1