util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

15 人のユーザが現在オンラインです。 (10 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
7: 2016-08-07 (日) 13:16:16 nazonohito ソース 8: 2016-08-22 (月) 21:58:42 nazonohito ソース
Line 218: Line 218:
**人口 [#y7424132] **人口 [#y7424132]
- 人口は建国以降都市化闘争の時期を除いて一貫して伸び続け、621年8月に人口1000万人、626年5月に人口2000万人、628年8月に人口3000万人、633年3月に人口4000万人、641年4月に人口5000万人、650年11月に人口6000万人を達成した。+ 人口は建国以降都市化闘争の時期を除いて一貫して伸び続け、621年8月に人口1000万人、626年5月に人口2000万人、628年8月に人口3000万人、633年3月に人口4000万人、641年4月に人口5000万人、650年11月に人口6000万人、667年7月に人口7000万人を達成した。
 &ref(population.png){人口};  &ref(population.png){人口};
Line 226: Line 226:
**政策スライダー [#c69db0bd] **政策スライダー [#c69db0bd]
-|民主的|--◆----|独裁的| +|民主的|--◆----|独裁的|議会制民主主義だが大統領の権限が大きい
-|地方分権|---◆---|中央集権| +|地方分権|---◆---|中央集権|左派政権は地方を重視した政策を行っている
-|保守主義|----◆--|革新主義| +|保守主義|----◆--|革新主義|「新興国」としての気概こそ共和国の宝
-|解放社会|-◆-----|閉鎖社会| +|開放社会|-◆-----|閉鎖社会|移民からなる国のため閉鎖的ではない
-|自由経済|-◆-----|計画経済| +|自由経済|---◆---|計画経済|社会民主党は社会主義化を計画している
-|攻撃主義|------◆|防御主義| +|攻撃主義|------◆|防御主義|防衛艦隊の群れ
-|陸軍重視|---◆---|海軍重視| +|陸軍重視|----◆--|海軍重視|弱い空軍、山盛り海軍
-|精鋭|--◆----|大軍| +|精鋭|----◆--|大軍|軍人数だけは一人前
-|孤立主義|--◆----|介入主義|+|孤立主義|--◆----|介入主義|もうセビーリャはこりごりだ!|
**国家機能 [#ib149e99] **国家機能 [#ib149e99]
Line 380: Line 380:
 旧世界では特定の宗教を信ずる習慣はなく、現在でも少数派である。ただ、特定の氏族((占い師などの一族であることが多かった。))に特別な能力があると信じ、その一族に権力を与える習慣が根付いていたが、近代国家の成立とともにそのような氏族の優越は法律上認められなくなった。また、それらの氏族の中で最大の影響力を持っていたルナ一族の宗家がカルセドニー計画に参加せず断絶している。このため、氏族信仰は現在、表面的にはほぼ見られない。  旧世界では特定の宗教を信ずる習慣はなく、現在でも少数派である。ただ、特定の氏族((占い師などの一族であることが多かった。))に特別な能力があると信じ、その一族に権力を与える習慣が根付いていたが、近代国家の成立とともにそのような氏族の優越は法律上認められなくなった。また、それらの氏族の中で最大の影響力を持っていたルナ一族の宗家がカルセドニー計画に参加せず断絶している。このため、氏族信仰は現在、表面的にはほぼ見られない。
 一方、諸外国の影響を受けゾロアスター教やキリスト教を信仰する者も少しずつ増加している。現在、ゾロアスター教徒は国内に200万人(人口の5%程度)、キリスト教徒は国内に50万人(人口の1%程度)存在するとされている。634年後半から635年にかけて政府が整備した宗教設備中心の国立公園は主にこの2つの宗教の施設によって構成されている。これらの宗教を信仰する人々は「ともに国内で少数派である」という考えのためか、宗教的な対立はほぼ見られない。  一方、諸外国の影響を受けゾロアスター教やキリスト教を信仰する者も少しずつ増加している。現在、ゾロアスター教徒は国内に200万人(人口の5%程度)、キリスト教徒は国内に50万人(人口の1%程度)存在するとされている。634年後半から635年にかけて政府が整備した宗教設備中心の国立公園は主にこの2つの宗教の施設によって構成されている。これらの宗教を信仰する人々は「ともに国内で少数派である」という考えのためか、宗教的な対立はほぼ見られない。
 + 660年代のエーラーン教皇国の政府機能停止、キリスト教徒の多いセビーリャ自由共和国の惨状の影響で、国内で宗教離れが進みつつある。
**軍事 [#r7e6de0d] **軍事 [#r7e6de0d]
Line 522: Line 523:
**外交 [#lfd06c4e] **外交 [#lfd06c4e]
- +***外交関係を有する国家・過去に外交関係が存在した国家の一覧 [#n3928874]
- 以下は国交が樹立された国の一覧である(国交締結順)。+
|~国名|~備考|h |~国名|~備考|h
|ウェールリズセ連邦共和国|ENECの議長国。現在国際社会で特に大きな影響力を持つ国の1つ。| |ウェールリズセ連邦共和国|ENECの議長国。現在国際社会で特に大きな影響力を持つ国の1つ。|
-|レゴリス帝国|言わずと知れた世界一の超大国。+|レゴリス帝国|言わずと知れた世界一の超大国。最近ストリーダに抜かれた。
-|エーラーン教皇国|食料の定期輸出を行っていた。|+|エーラーン教皇国|政府機能が停止、世界のゾロアスター教徒に暗雲が立ち込めている。|
|ヴァノミス連邦(旧ヴァノミス王国)|専制王国から立憲王国&共和国の連邦へと変革を遂げた。| |ヴァノミス連邦(旧ヴァノミス王国)|専制王国から立憲王国&共和国の連邦へと変革を遂げた。|
|成蘭連邦王国|建国直後のリヨル政権の際に貿易トラブルがあった。| |成蘭連邦王国|建国直後のリヨル政権の際に貿易トラブルがあった。|
Line 534: Line 534:
|ノホ・ヘレコ連邦|かつてウラン鉱山の開発支援を受けた。| |ノホ・ヘレコ連邦|かつてウラン鉱山の開発支援を受けた。|
|ヘルトジブリール社会主義共和国|世界最大級の経済大国へと成長を遂げた。| |ヘルトジブリール社会主義共和国|世界最大級の経済大国へと成長を遂げた。|
-|トリヴェント連邦|貿易回数が多い。|+|トリヴェント連邦|独自の貿易政策は世界的に支持されているようだ。|
|テークサット連合|ENEC加盟国。世界同時社会不安の際に特に大きな打撃を受けた。| |テークサット連合|ENEC加盟国。世界同時社会不安の際に特に大きな打撃を受けた。|
|コーデクス共和国|ENEC加盟国。| |コーデクス共和国|ENEC加盟国。|
|ヴェールヌイ社会主義共和国|FENA、ENECどちらともつながりのある有力な国家。| |ヴェールヌイ社会主義共和国|FENA、ENECどちらともつながりのある有力な国家。|
-|ロムレー湖畔共和国|観光立国。木材の主要輸入先。+|ロムレー湖畔共和国|観光立国。
-|アルビオン連盟王国|スコッチランド共産主義同盟が体制改革を行った国家。木材の輸入を予約している。|+|アルビオン連盟王国|スコッチランド共産主義同盟が体制改革を行った国家。平和友好条約を締結している。|
|アルドラド帝国|ナウラ条約における同盟国。| |アルドラド帝国|ナウラ条約における同盟国。|
|昭栄国|我が国と同様、商農業を主軸としている。| |昭栄国|我が国と同様、商農業を主軸としている。|
-|セビーリャ自由共和国|問題をはらみながらも経済指標で共和国のすぐ下まで成長した。| 
|アリア連邦|資金・食料と商品の定期交易を行っている。| |アリア連邦|資金・食料と商品の定期交易を行っている。|
|石動第三帝国|以前食料の定期輸出を行っていた。| |石動第三帝国|以前食料の定期輸出を行っていた。|
|エルツ帝国|以前、外相会談が行われた。| |エルツ帝国|以前、外相会談が行われた。|
-|ストリーダ王国|食料の定期輸出を行っていた。| +|ストリーダ王国|現時点で世界最大の超大国。
-|トロピコ共和国|もはや滅亡は免れ得ないであろう。+|トルキー社会主義共和国|建材の原料の石材を供給してくれるありがたい国家。石材の生産を終了するらしいが……。|
-|トルキー社会主義共和国|建材の原料の石材を供給してくれるありがたい国家。|+
|タヂカラオ国|建材を非常に安い価格で売却している。利益は出るのだろうか。| |タヂカラオ国|建材を非常に安い価格で売却している。利益は出るのだろうか。|
|ノイエクルス連邦|マーガベル滅亡のため、対外貿易が縮小している。| |ノイエクルス連邦|マーガベル滅亡のため、対外貿易が縮小している。|
|フリュー第二帝政(フリュー帝国)|農業国から工業国へ転換を果たしたようだ。| |フリュー第二帝政(フリュー帝国)|農業国から工業国へ転換を果たしたようだ。|
-|ヨリクシ共和国|ナウラ条約における同盟国。商品の最大輸入先。+|ヨリクシ共和国|ナウラ条約における同盟国。カルセドニーの命綱。
-|ボアーズィチィ合州国|民主政権へ転換したが、宗教は現在でも国内の重要な位置づけのようだ。+|ボアーズィチィ合州国|民主政権へ転換したが、現在政府機能が停止している。
-|辺境日ノ本人共和国|SLCNに加盟したらしい。|+|辺境日ノ本人共和国|SLCNに加盟したらしい。現在政府機能が停止している。|
|大明帝国|萬州・和寧民主共和国の後継政権として国交を維持している、と政府は判断している。| |大明帝国|萬州・和寧民主共和国の後継政権として国交を維持している、と政府は判断している。|
-|ラシニア社会共和国|政府機能が低いため、開発が停滞している。| +|ラシニア社会共和国|石動の同盟に加入、それ以降ほとんど同盟外の国家と貿易を行っていない。|
-|ロヒキ人民共和国|昭栄国の支援を受け、鉱山開発を行った模様。現在は無政府状態に陥っている。|+
|西岸州独立連合共和国|燃料の定期輸入先。数少ない発展を続けている新興国。| |西岸州独立連合共和国|燃料の定期輸入先。数少ない発展を続けている新興国。|
-|エノテーク|治安維持支援をセビーリャ以来の大規模に行った。+|エノテーク|燃料輸入の最大手。
-|サン・ピエル国|国家方針で事実上の鎖国を行っている。|+|サン・ピエル共和国|共和制に移行したが、国家方針で事実上の鎖国を行っている。|
#region(国交が消滅した国家) #region(国交が消滅した国家)
 +|セビーリャ自由共和国|中央政府の崩壊により、外交関係の継承が不可能になった。|
#endregion #endregion
#region(滅亡した国家) #region(滅亡した国家)
Line 572: Line 570:
|ベルサリエーレ王国|瓦辺戦争後、共和制へ移行したが、その影響で国内が混乱、滅亡した。| |ベルサリエーレ王国|瓦辺戦争後、共和制へ移行したが、その影響で国内が混乱、滅亡した。|
|ルフト共和国|鎖国に近い政策を取り続け、最終的に滅亡した。| |ルフト共和国|鎖国に近い政策を取り続け、最終的に滅亡した。|
 +|ロヒキ人民共和国|昭栄国の支援を受け、鉱山開発を行った国家だが、結局開発を放棄されてしまった。|
 +|トロピコ共和国|コマンドの入力ミスがどれほどの惨事を引き起こすかの好例だろう。|
#endregion #endregion
 +
 +***共和国が締結した条約等の一覧(締結順) [#ff5878a1]
 +・現在も有効なもの
 +-[[カルセドニー島共和国によるヨリクシ共和国に於ける工業化支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=513]]
 +-[[十河会議共同声明:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=562]]
 +-[[ナウラ条約]]
 +-[[カルセドニー島共和国と蒼鋼国に於けるウラン鉱山開発支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=585]]
 +-[[アルビオン及びアイレランド立憲連盟王国とカルセドニー島共和国の友好及び平和条約:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=587]]
 +-[[アルビオン及びアイレランド立憲連盟王国とカルセドニー島共和国との共同宣言:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=588]]
 +
 +・効力が失われたもの
 +-[[ノホ・ヘレコ連邦とカルセドニー島入植地に於けるウラン鉱山開発支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=448]]
 +
 + 620年3月下旬、「カルセドニー島入植地で産出する燃料の定期取引に関する公開入札」完了をもって満了、失効。
 +
 +-[[カルセドニー島共和国とセビーリャ共和国に於けるウラン鉱山開発支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=463]]
 +-[[カルセドニー島共和国とセビーリャ共和国に於ける銀鉱山開発支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=463]]
 +
 + 636年5月下旬、セビーリャ共和国内の国家保衛警察のクーデターによる政権掌握をもって失効。
 +
 +-[[カルセドニー島共和国とトルキー臨時社会主義連合に於けるウラン鉱山並びに採石場開発支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=499]]
 +
 + 現実時間2016年3月17日、トルキー臨時社会主義連合における「燃料輸出に関する公開入札」完了をもって満了、失効。
 +
 +-[[カルセドニー島共和国とヨリクシ共和国に於ける治安維持協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=530]]
 +
 + 655年4月初旬、両国間の破棄合意によって失効。
 +
 +-[[カルセドニー島共和国とラシニア社会共和国に於ける銀鉱山開発支援協定:http://tanstafl.sakura.ne.jp/modules/d3forum/index.php?topic_id=532]]
 +
 + 646年4月、「セビーリャ自由共和国とラシニア社会共和国間の銀取引契約」の成立によって満了、失効。
*経済 [#w5efbaf2] *経済 [#w5efbaf2]
Line 580: Line 611:
**農業 [#v382adb0] **農業 [#v382adb0]
- つい最近まで農業は国内の最大産業であった。本土の農村地帯に多くの農場が存在するが、現在スペサルタイト島行政区に巨大な国営農場が整備されている。同地の農業規模は1400万人に達し、国内の農業生産のほぼ全てを占めている。+ つい最近まで農業は国内の最大産業であった。本土の農村地帯に多くの農場が存在するが、現在スペサルタイト島行政区に巨大な国営農場が整備されている。同地の農業規模は1800万人に達し、国内の農場が全て集中している。中心に巨大隕石が落ちたらカルセドニーは死ぬだろう。
**商業 [#sd6ee89b] **商業 [#sd6ee89b]
- 国内の主力産業で、年間の商業売上高は600兆Va(658年)に達している。後述するように工業がほぼ行われていないため、取引される商品はほぼ外国産である。商品の輸入先はかつてはガトーヴィチ帝国・アリア連邦が主だったが、現在はセビーリャ自由共和国・ヨリクシ共和国からのものが多い。+ 国内の主力産業で、年間の商業売上高は600兆Va(658年)に達している。後述するように工業がほぼ行われていないため、取引される商品はほぼ外国産である。商品の輸入先はかつてはガトーヴィチ帝国・アリア連邦が主だったが、現在はヨリクシ共和国からの輸入が全体の4分の3を占めている。
 &ref(shogyo.png){商業収入};  &ref(shogyo.png){商業収入};
Line 593: Line 624:
 国内の工業は現代都市に付随する小規模なものである。旧来共和国は軽工業政策を取っており、工業生産高もそれに見合う程度だったが、630年7月に重工業化が実施され、工業生産高は大幅に向上した。  国内の工業は現代都市に付随する小規模なものである。旧来共和国は軽工業政策を取っており、工業生産高もそれに見合う程度だったが、630年7月に重工業化が実施され、工業生産高は大幅に向上した。
 しかしながら、原料の鋼鉄が不足するようになったため、現在重工業政策は終了している。  しかしながら、原料の鋼鉄が不足するようになったため、現在重工業政策は終了している。
 +
 +**建材製造 [#iffd6439]
 +
 + 木材・石材を原料にした建材の生産は共和国の主力資金獲得源だが、西岸州独立連合共和国以降、政府機能の高い新興国が出現していないため、輸出が生産に追いつかず、倉庫には売れ残りの建材が山と積まれている。
 +
 +**砲弾製造 [#sa0d1e22]
 +
 + 共和国の砲弾製造能力は世界的に見ても高い。しかし、国際情勢の緊迫化などの理由から共和国は現時点では同盟国以外への砲弾輸出を承認していない。同盟国内ではヨリクシ共和国にかなりの量の砲弾を輸出しており、「資金不足に陥った際の最終手段」と政府にみなされている節がある。
本記事の閲覧者数 本記事の閲覧者数


トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 2407, today: 1, yesterday: 0