util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

8 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...
  
現: 2015-10-11 (日) 10:21:10 soba ソース
Line 1: Line 1:
 +*格付け [#gea726e6]
 +本格付けはノホ・ヘレコ連邦のシンクタンクでありますノホ・ヘレコ連邦政治研究所が様々な尺度から各国を評価し、それらを統合した結果をAAA~Dまでの評価を行いました。
 +評価の理由は寸評にて書いております。
 +審査データの一部に関してはExcelブックをアップロードしておりますのでご確認ください。
 +|国名|第一回格付け(確定)|第二回格付け(確定)|変動|
 +|レゴリス帝国|AA-|AA-|→|
 +|アルドラド帝国|BB-|A-|↑|
 +|ストリーダ王国|A|A|→|
 +|成蘭連邦王国|A|A+|↑|
 +|エルツ帝国|A-|AA-|↑|
 +|エーラーン教皇国|A+|AA|↑|
 +|長州国|B|B+|↑|
 +|ミッドガルド帝国|AA|AA|→|
 +|ノイエクルス自由国|BB-|BBB-|↑|
 +|アドミラル王国|BB-|BB-|→|
 +|ティユリア連合王国|BBB+|A|↑|
 +|昭栄国|BBB|A|↑|
 +|石動第三帝国|A|BBB|↓|
 +|ヴェールヌイ社会主義共和国|BB|BBB|↑|
 +|アジノーチカ共和国|B|滅亡||
 +|ヴォルネスク特別自治区|CC+|CCC|↑|
 +|クシミニャール侯国|BB-|BB|↑|
 +|ガトーヴィチ帝国|BBB|A+|↑|
 +|フランドル第二共和政府|CCC|BB-|↑|
 +|アリア連邦|BB|B|↓|
 +|大和寧帝国|B+|B|↓|
 +|フリュー第二帝政|CCC|BB|↑|
 +|テークサット連合|B+|B|↓|
 +|タヂカラオ国|B|BBB-|↑|
 +|ベルサリエーレ|B|B|→|
 +|ノホ・ヘレコ連邦|BB|BB+|↑|
 +|レゲロ社会主義人民共和国|CC|CCC|↑|
 +|南瓜共和国|BB+|BB+|→|
 +|スコッチランド共産主義同盟|BB|BB|→|
 +|ウェールリズセ共和国|B-|BBB-|↑|
 +|ラングラード連邦共和国|B|BB|↑|
 +|ナードヴァイ革新同盟|CCC-|B+|↑|
 +|トリヴェント連邦|B+|BBB|↑|
 +|コーデクス共和国|CCC+|B|↑|
 +|シェロジア共和国|CC|BB-|↑|
 +|ヴァノミス王国|N/A|B+|N/A|
 +|オリフスターク共和国|N/A|CCC|N/A|
 +|ルーグバルガーノ連邦|N/A|B+|N/A|
 +
 +***順位 [#t25b050f]
 +|順位|格付け|国名|
 +|1|AA|エーラーン教皇国、ミッドガルド帝国|
 +|2|AA-|エルツ帝国、レゴリス帝国|
 +|3|A+|成蘭連邦王国|
 +|4|A|昭栄国、ストリーダ王国、ティユリア連合王国|
 +|5|A-|アルドラド帝国|
 +|6|BBB|石動第三帝国、ヴェールヌイ社会主義共和国、トリヴェント連邦|
 +|7|BBB-|ウェールリズセ共和国、ノイエクルス自由国、タヂカラオ国|
 +|8|BB+|ノホ・ヘレコ連邦、南瓜共和国|
 +|9|BB|クシミニャール侯国、フリュー第二帝政、ラングラード=カルス連邦共和国、スコッチランド共産主義同盟|
 +|10|BB-|アドミラル王国、フランドル統一準備政府、シェロジア共和国|
 +|11|B+|長州国、ナードヴァイ革進同盟、ヴァノミス王国、ルーグバルガーノ連邦|
 +|12|B|コーデクス共和国、大和寧帝國、ベルサリエーレ王国、アリア連邦|
 +|13|CCC|ヴォルネスク特別行政区、レゲロ社会主義人民共和国、オリフスターク共和国|
 +
 +* 寸評 [#o0330adf]
 +
 +|レゴリス帝国|レゴリス帝国は莫大な経済力を持つフリューゲル世界で最も力を持つ超大国である。今回の審査基準変更で一部のスコアが低下したものの、レゴリス帝国が誇る宇宙開発能力によってその低下は最低限に抑えこまれている。|財政状況は調査を実施した609年が15兆Vaの黒字と小幅な黒字だったもののその後の610,611年では約100兆Va、約60兆Vaの大幅な黒字を記録しているため、一時的なものと見て間違いはないだろう。先述した宇宙開発能力は勿論のこと、軍事面でも世界有数の戦力を保有しており、国際平和に今後も貢献していくことだろう。|
 +|ストリーダ王国|ストリーダ王国は農業、工業、商業が自国内でバランスよく整えられている所謂「自給自足型国家」の国家である。各産業を自国で保有することは国家の安定性には繋がるものの1つの産業に特化した国家とは異なり、資源の消費量に対して商品・資金を生み出すことが出来ていないという難点はあるもののストリーダ王国のような超大国であれば安定性を求めることは自然なことであるし、同国の財政状況は均衡しているため大きな問題ではないと言える。&br;軍事面・宇宙開発能力においては特段の問題はないが、安全保障体制の強化のためにも防衛衛星の打ち上げは課題であると判断する。||
 +|アルドラド帝国|民主化という喜ばしいニュースを聞いて久しい貿易大国。民主化後には自国の爆発的な需要拡大によって以前ほどの貿易規模は維持できないかという推測が研究所員の一部ではあったが、杞憂に過ぎなかった。現在もアルドラド帝国は新興国への積極的なODAを実施している。インフラの投資も自国資本で実施することに成功し、高いインフラで操業される高効率な主要産業である商業によって所得水準は世界でも有数の高さである。&br;軍事面・宇宙開発能力は少々人員不足の面も否めないが、防衛衛星を打ち上げるなど少数精鋭のアルドラド帝国軍の特徴が見えてくる。||
 +|成蘭連邦王国|成蘭連邦王国は経済の根本を揺るがす軽工業ショックを乗り切り、なおかつ先端工業化に成功した世界を主導する大国である。工業に特化した政策と安定的な資源供給先の開拓の努力によって軽工業ショック以前よりも商品生産量を拡大することに成功した。成蘭連邦王国は労働力の多くを農村から調達することによって都市化に伴って悪化する幸福度と維持費を最小程度に抑えている。その効率的かつ過度な都市化を追い求めない政策は大幅な収益を得ている要因だと考えられる。今後も成蘭連邦王国は世界に大量の商品を供給する先端工業国としてその地位を不動のものとし続けていくだろう。軍事面においては軍事衛星を常時軌道に載せ続けているなどその戦力と質は十分である。||
 +|エルツ帝国|エルツ帝国は高効率かつ安定した商品の供給元のエーラーン教皇国との綿密な関係によって強力な経済規模を維持している。しかし、エルツ帝国の真の強みは500万人を超える観光客だろう。エルツ帝国の財政において観光売上は他国と比べて約2倍以上の割合を占めており、エルツ帝国の財政において商業の強力な経済規模には及ばないものの観光は財政を支える重要なものであることは間違いないだろう。軍事面・宇宙開発能力については防衛衛星を打ち上げるなどその能力は極めて高い。また、成蘭連邦王国の輸出規制への危惧が安定性に関して疑問を持つ要因だったが成蘭政府の輸出規制が実行されていないことから、本問題は一時停止状態であると考えられる。||
 +|エーラーン教皇国|エーラーン教皇国は高度に特化した先端工業によって膨大な商品を生産している先端工業国の一つである。軽工業ショック以前から先端工業国として操業しており、世界の工業生産で重要な割合を占めている。財政水準は極めて良好であり、今後も財政水準は高い状態を保っていくだろうと考える。軍事力・宇宙開発能力は以前よりも向上されており、エーラーン教皇国の高いポテンシャルが徐々に発揮されているだろう。国民の平均所得も極めて高い。エーラーン教皇国はゾロアスター教という宗教の総本山であり、ゾロアスター教を主軸とした政策が遂行されている。また、工業都市で極めて都市化されているのにも関わらず、高い幸福度を維持している。これはエーラーン政府の宗教と国民生活をリンクさせた政策が功を為していると思われる。||
 +|長州国|長州国は厳しい財政状況である。自給自足型の経済を構築してると思われるが、609年には財政支出が無いのにも関わらず19兆Vaの赤字を記録している。610年にも少額ではあるものの財政赤字の報告がされており、今後も厳しい財政状況は続くだろう。また、軍事力・宇宙開発水準共に同程度の国力の国と比較した場合相当低い水準であるため、拡充が急がれる。また、国民の平均所得はほぼアリア連邦と同程度である。||
 +|ノイエクルス自由国|ノイエクルス自由国は2つの自治区、一つの共和国を有する巨大な組織ノイエクルス連邦を主導する大国である。ノイエクルス連邦の閉鎖的ながらも安定的な経済圏はノイエクルス自由国のような大国の燃料が賄えるほどの莫大な資源を生産している。財政状況は610年に65兆Vaの赤字を記録するなど不安定な状態が続いているもののその状況は改善しつつある。軍事面においては戦力は平均的であるものの、宇宙開発が半ば放棄されている状態であるのは危惧すべきである。これからもノイエクルス自由国は自国の保有するノイエクルス連邦経済圏によって安定した状態を保ち続けるだろう。||
 +|ミッドガルド帝国|ミッドガルド帝国は強力な工業力、そしてそれを買い支えるレゴリス帝国との「永久同盟」による友好関係によって安定的な経済を構築している。同国で特筆すべき点は近年本土を囲むようにして作られた観光都市群だろう。同国のこの奇妙な政策は分からないが、何らかの安全保障上または戦略上において重要な意図があるのだろうとする軍事ジャーナリストは多い。軍事力・宇宙開発の状況は良好で、国民の平均所得は資源で莫大な利益をあげるトリヴェント連邦に次いで第二位である。||
 +|ティユリア連合王国|ティユリア連合王国は「神聖同盟」と呼ばれる成蘭連邦王国との綿密な関係によって安定的な経済を築いてきた。ティユリア連合王国は自国商業売上のみでは財政状況は芳しくなかったものの、観光収益によって大幅な財政黒字になっている。ティユリア政府の財政において観光は重要な役割を果たしている。今後もこの観光はティユリア連合王国の経済力を維持するのに不可欠なものだろう。また、同国は宇宙へ旅立つことを決めた。彼らに神のご加護があらんことを。||
 +|アドミラル王国|滅亡||
 +|昭栄国|昭栄国はコンパクトな国土に効率的な商業を構築している。昭栄国の外交努力は凄まじいものであり、独立系の国家であるにも関わらず商品が欠乏することなく常に商品が安定的に調達できるようにしている。また、軍事面・宇宙開発は極めて優れており、唯一「イレギュラー」を保有している。このことからも昭栄国は高いレベルの軍事水準であることは疑いようがない。また、安定性についてはFENA総会にて同国が正規加盟の申請を行ったところヴェールヌイ社会主義共和国、成蘭連邦王国から外交面について指摘があった。ヴェールヌイ、成蘭の主な主張はレオヴィル王国への攻撃を例に挙げて昭栄国の不透明な外交姿勢を指摘した。このような指摘が未だに国際外交で存在していることからも同国の国際安定性には疑問の余地がある。||
 +|テークサット連合|テークサット連合は資源輸出を主軸としつつ工業も徐々に拡大させている国である。テークサット連合ほどの国力の国で資源輸出を主軸をしていることは現在成長を続けている多くの新興国に開発の手本となることだろう。軍事・宇宙開発は極めて低水準かつシェロジア共和国への攻撃で軍隊を解体するという暴挙に出たために今後シェロジア攻撃以前の軍事水準に戻すには相当な時間がかかるだろう。また、シェロジア攻撃は国際秩序に対する重大な挑戦行為であることに疑いようはなく、安定性についても大いに疑問の余地がある。同国は所属するENECで謝罪声明を提出し、これを受理されていることからも徐々に国際外交へ復帰していると思われる。ただし、現在の政治機構が不透明である。このことは重大な懸念事項である。||
 +|ヴェールヌイ社会主義共和国|ヴェールヌイ社会主義共和国は独自の提唱する「純粋社会主義」経済の構築を行っており、外貨の送金はレゲロ社会主義人民共和国への鉄鋼取引の代価を支払っているのみで普段の経済活動は自国内で完全に完結している。このような形でありつつも燃料貿易で収入を拡大しており、財政水準は極めて良好である。軍事力から判断するに宇宙開発にはポテンシャルが多くあることがわかり、今後の宇宙開発には期待が持てる。||
 +|石動第三帝国|石動第三帝国は旧世界の東洋系国家の伝統的な政治体制を色濃く残す国家である。同国は近年資源調達のためにODAを活発に行っており、新興国の支援であれば石動第三帝国とアルドラド帝国が重要な役割を果たしている。財政状態は芳しくなく、609年に31兆Vaの財政赤字を記録している。それだけでなく、石動第三帝国は以前構築してきた大和寧帝国やラングラード連邦共和国の分業体制はほぼ崩壊したといっていいだろう。現在石動第三帝国はガトーヴィチ帝国からの商品輸入、ラングラード連邦共和国の工業化によって持ち直しの動きはあるものの石動第三帝国が大和寧帝國を失ったダメージは大きいと考えられる。軍事面では世界平均を超えた戦力を保有する。宇宙開発はテークサット連合に宇宙開発職員を派遣するなど実力の高さを伺わせるものの同国は軍事衛星や防衛衛星といった軍事目的の衛星の打ち上げは難航しているようだ。 ||
 +|ガトーヴィチ帝国|ガトーヴィチ帝国は伝統的な工業国として極めてコンパクトな国土を保有している。同国はENECのオブザーバー国を務めるなど新興国を導く先進国に求められる役割を果たしている。ガトーヴィチ帝国はアドミラル王国に商品の未納が多発するなど商品の供給体制は少々疑問が残っていたが、アドミラル王国の滅亡に伴いこの問題は解決されるだろう。&br;また、現代都市を閉鎖するなどの商業冷遇措置にも拘らず、財政は極めて健全である。戦力は先進国で評価すると多いとは言い難いが、コンパクトな国土のガトーヴィチ帝国のことを考えれば必要十分だろう。宇宙開発状況も軍事衛星を打ち上げたばかりであり、今後も躍進をし続けると考えられる。||
 +|クシミニャール候国|クシミニャール候国は軽工業ショック以前はバランスのとれた自給自足型の国家であり、その経済構造はヴェールヌイ社会主義共和国などの模範となっていた。しかし、同国は政治機能の停止に伴って崩壊が危惧されていたが近年は政治機能が回復し、以前の水準に戻りつつある。財政は軽工業ショックによって財政黒字の幅は極めて小さい。戦力・宇宙開発状況も良好とは言い難い。しかし、クシミニャール候国は長期間の政治機能停止のリハビリをしている最中である。いずれは以前のような世界中が模範とするような独自経済を構築して戻ってくるだろう。||
 +|アリア連邦|アリア連邦は軽工業ショックのダメージが後を引いている国である。同国は商業規模の縮小を実施するなどの対処を実施しており、工業政策の抜本的な改革には成功していない。また同国の財政は少額の黒字に留まっている。同国の極めて安定した政治体制は簡単には国際問題に巻き込まれないといっても、軍事力を一切保有していないというのは問題である。||
 +|ヴォルネスク特別行政区|ヴォルネスク特別行政区はノイエクルス連邦の直轄自治区である。同自治区が位置する旧・北ヴォルネスク共和国領域は不透明な政治構造から出来ており、マーガベル自治区のような潜在的政治懸案を抱える土地や南西ヴォルネスクのような無政府状態が存在する地域もあるなど相当に特殊な地域である。財政状況は以前のようなノイエクルス自由国からの財政援助で成立している頃から方針を転換し、燃料輸出で資金を調達するようにしている。この政策は成功し、現在同区の財政は安定している。同国の軍事面は謎に包まれており、宇宙開発状況は同国の劣悪なインフラ状態から考えるに難しいと思われる。 ||
 +|フリュー第二帝政|フリュー第二帝政は燃料収入のみで成立する国である。同国の財政状況は安定し続けている。軍事水準は低く、宇宙開発をする方針は無いようだ。||
 +|ウェールリズセ共和国|ウェールリズセ共和国はENECと呼ばれる多角的な新興国協力組織の結成と同組織の議長国として高い指導力と外交力を発揮している。急激な商業の成長に伴い、商品が安定的に供給できていないなど問題点はあるもののENEC内の国際分業の進展でこれらの問題は段階的に解決されていくことだろう。&br;外交面においてはシェロジアへの宣戦布告など強硬な姿勢も見られるものの、ENECやレゴリス帝国での会談、アゼロディータの八カ国協議などからは平和的な外交的解決を前提としているのは明らかであり、同国の外交方針は決断力のある指導者が確固とした外交方針を持ち、それを実行しているのだと言える。財政状況は安定している。軍事力は40万人と国力相応な戦力であり、宇宙開発は今後飛躍的な進展をしていくことが考えられる。||
 +|タヂカラオ国|タヂカラオ国は極めて安定した国家である。財政難は現在も継続しており、鋼鉄の単発取引によって財政を維持している。商業以外の収入確保が求められる。軍事力・宇宙開発段階は同国の規模であれば十分なものである。||
 +|ベリサリエーレ王国|ベルサリエーレ王国は銀の輸出のみの状況から近年工業化に成功し、多角化に成功した新興工業国である。同国は近年まで政治的に不安定な状況が続いていたものの近年は安定化したと考えられる。ただし、対外的には同国の政治体制は良い評価を受けていないというのも事実であり、ウェールリズセ共和国との協議においてベルサリエーレ王国は自国は民主的な国家であると主張したために協議は失敗に終わっている。財政状況は良好であるものの、軍事力・宇宙開発状況は不透明である。||
 +|シェロジア共和国|シェロジア共和国は独自の価値観を保有する特殊な国である。同国は自由資本経済の先鋭に立つ国であり、ENEC所属のコーデクス共和国・ウェールリズセ共和国との国際紛争を引き起こした。シェロジア共和国の財政は極めて良好であるものの、その中心は燃料取引であって多くの国民が従事する商業は劣悪なインフラによって生産性が高まらずにいる。また、同国が力を入れている観光業も劣悪なインフラで高い収入を生み出せずにいて、同国の急務の課題は軍事力の拡張よりもインフラ整備であることは急務の課題であるのは明らかである。また、その拡張を続ける軍事力も質が追いついておらず、質の面でも課題が残る。||
 +|ノホ・ヘレコ連邦|コメント差し控え &font(#ffffff){チカレタ};||
 +|コーデクス共和国|コーデクス共和国はコーデクス計画と呼ばれる計画に基づいて学者が建設した国家である。コーデクス共和国は様々な壁にぶつかっており、シェロジア共和国との国際紛争などがその最たるものである。同国は工業化を推し進めており、教育への投資を拡大している。同国は工業化に向けて着々と準備を重ねており、今後はENECの商品生産工場として重要な役割を果たし続けていくことだろう。軍事面・宇宙開発は今後進展していくことであるが、科学の国であるコーデクス共和国は宇宙開発において世界をリードしていくことが期待される。財政状況は良好である。||
 +|フランドル暫定統一政府|フランドル暫定統一政府はフランドル・フランセーズ地域で国際社会から承認された政府であり、その活動はヴェールヌイ社会主義共和国及びエルツ帝国の監督下に置かれている。財政状況は燃料輸出を主軸とした資源取引で経済を成立しており、単発取引が多く不安定要素が多いことは否めない。また、軍事面はエルツ帝国と締結した和平条約によって制限されている。しかし、同国は条約はすべて破棄されているとの見解を示しており、このことについては同政府の早期の説明が求められることだろう。宇宙開発は今後成長していくと思われる。||
 +|南瓜共和国|ノイエクルス連邦の構成国として極めて安定した統治をおこなっている。軍事力等は少ないことは国力に見合っていると考えるのが妥当である。安全な投資先であるといえる。||
 +|ラングラード連邦共和国|ラングラード連邦共和国は近年民主化を果たしたばかりの国であり、石動第三帝国との綿密な連携を継続している。現在も経済的には隷属化に置かれていることに違いは無く、現在は石動第三帝国に商品を供給するために工業化を進めていると思われる。財政状況はある程度良好な状態を保っている。||
 +|ナードヴァイ革進同盟|国家機能の停止が危惧される。||
 +|トリヴェント連邦|トリヴェント連邦は定期取引を結ばないことを国是第一としている国である。資源取引に極端に特化していることから振れ幅は大きいものの基本的には財政は良好な水準を維持している。軍事面においては国力からすれば大きく・良質な軍事力を保有している。国民の平均所得は極めて高い。||
 +|ヴァノミス王国|国王の元に絶対王政を構築する数少ない国。非民主的な国家であり、ガトーヴィチ帝国・成蘭連邦王国から改善を要求されるなど危機に直面したものの現在は要求は撤回されている。しかし、内状把握のためにエルツ帝国が総勢5師団程度からなる部隊を派遣しており、国際的にヴァノミス王国の政治体制が支持されているとは到底言い難い。また、財政状況は銀・燃料の取引で成立している。軍事面・宇宙開発面は不透明である。||
 +|オリフスターク共和国|オリフスターク共和国は革命で成立した共和国であり、旧王族はシェロジア共和国が受け入れているが現在行方不明になっているとの情報もある。オリフスターク共和国の財政状況は燃料取引がそのほぼすべてを支えている。||
 +|スコッチランド共産主義同盟|猫の王様が治めるスコッチランド王国を社会主義勢力が武力革命を行い成立した社会主義国家。アルドラド帝国を帝国主義であると非難するなどそのやり方は極めて過激である。主な産業は木材を含む多角的な資源取引を行っている。軍事力はイタリン共和帝国からの戦力をそのまま引き継いでおり、相当なものであると推測されている。アルドラド帝国への一方的な取引打ち切りなどから長期的な資本主義陣営の投資はすべてが無に帰す可能性があり、リスク分散が求められる。||
 + 
 +#region(第一回寸評)
 +|レゴリス帝国|経済力・軍事力どれをとっても世界最高峰であることは明らかだが、アルドラド帝国の民主化や工業生産性の変更にともなって燃料の定期輸入量が減少している。そのため、ほぼ同等の国力であるミッドガルド帝国よりリスクや安定性の面で僅かながらの懸念を持たざるおえないためワンランク下げてAA-とした。ただし、最後に燃料問題は547年以降確認されていないため実質的にこれを問題とすべきでないとする意見もある。|
 +|アルドラド帝国|アルドラド帝国は数年前に民主化を果たしたばかりであり、安定性や投資リスクからの問題点もある。それに加えて、602年に財政赤字が報告されており以前のように大規模な支援を行うことは財政的にも難しいとも見受けられる。また、先進国としては特にインフラと衛星の打ち上げ数が少ないことから評価を下げることとした。|
 +|ストリーダ王国|ストリーダ王国は世界有数の自給自足型の国家であり、極めて都市化が進んだ国家である。特段の問題点はないのだが衛星数が問題点としてあげられる。財政や軍人数では特に問題点は挙げられれない。世界平均から見れば十分な軍人である。安定性や投資リスクについては特段の問題点は挙げられれない。|
 +|成蘭連邦王国|成蘭連邦王国は近年産業構造を軽工業から先端工業へと産業を転換した。安全保障の面から考えても軍事力・衛星打ち上げ数でも優秀であり、強いて違いがあるとするならばストリーダ王国とは経済力の大きさで違いがある。ストリーダと成蘭はほぼ同等の国力だと言える。安定性や投資リスクについてはエーラーン教皇国への輸出規制などがあるが、同国が利益を共有する面は殆ど無い上規制開始から長年が経過しているために特段の問題はないと思われるが、今後エルツ帝国への規制が実際に行われた際には投資リスクが発生する可能性がある。|
 +|エルツ帝国|アルドラド帝国やエーラーン教皇国と深い関係を持つ国である。開国直後に帝政復古の内戦が起こるなど帝国の諸民族の利益は必ずしも合致していないようだ。衛星打ち上げ数などの軍事力や財政状況、経済力については問題がないが、フランドル政府への攻撃や頻発する内戦、成蘭連邦王国の輸出規制などから安定性は低く、投資リスクが高いことは否めない。|
 +|エーラーン教皇国|エルツ帝国の同盟国であり、最大の取引国である。ゾロアスター教と呼ばれる宗教を中心とした宗教国家である。エーラーン教皇国は極めてコンパクトな国土であり、今後の開発余地はあると思われる。衛星打ち上げ数にみるに104万もの軍事力を誇るがどうやら質が追い付いていないらしく、軍事技術は低いと推測される。また投資リスクについては輸出先が同盟国であり、輸出先がなくなることはないと推測される。|
 +|長州国|文化面での開示が不透明かつ抽象的で謎の多い国である。財政状況は600年、602年に財政赤字になっており、財政状況は極めて緊迫していると思われる。軍事力や衛星打ち上げ数に関しても先進国としては不十分である。そのため、安定性や投資リスクの観点でかなりの懸念があると判断できる。|
 +|ミッドガルド帝国|レゴリス帝国とは永久同盟と呼ばれる多角的な協力関係が結ばれている。世界最大の軍事力が整備されているだけでなく、その質も世界最高峰のもので軍事力は質・量どれをとってもミッドガルド帝国は世界一の軍事大国である。また、経済状況は3年間の財政は大幅な黒字を記録している他に先端工業の燃料消費・資源消費縮小で資源の供給体制も安定している。自国経済で維持費はねん出出来ており、安定性・投資リスクといったものは皆無と呼んで差支えないだろう。|
 +|ノイエクルス自由国|ノイエクルス連邦やCAMEといった国際秩序の構築に尽力していた国である。現在はヴォルネスク特別行政区に多くの公費を投入している。それが仇となってか601年、602年に財政赤字に加えて国家財政破綻寸前に達していたことから財政状況は不安定である。また、軍事力は龍鮮半島への軍事行動などから相当なものであると推測されるが、上記の公費投入のせいか打ち上げた衛星の維持が出来ていないなど財政状態は相当困窮していると推測される。インフラの老朽化や他国と比べると不十分な社会保障制度に国民の不満は高まっており、今後政情不安に陥らないという確証はできない。よって投資リスク・安定性にはきわめて疑念の余地があるとするものである。|
 +|アドミラル王国|難解な言語を扱う国で世界でも有数の穀倉地帯を保有する所謂商農国である。産業構造の転換が行われたようなのだがそれに伴い、収入が減少。3年間連続で財政赤字を記録するなど産業構造の転換には疑問が残る。軍事力は兵力は十分なのに対して、衛星打ち上げが全くないなどその質には相当な疑問の余地がある。投資に関しては問題点はほぼないと思われるが、短期的な投資には向かず、どちらかといえば長期的な投資に向くと思われる。|
 +|ティユリア連合王国|成蘭連邦王国と密接な関係を結ぶ国。建材の生産力には各国の驚くところにある。財政状況は602年に財政赤字を記録しているが、一時的な貿易支出だと思われるので特段の問題にするべきではないと考える。軍事面に関しては、世界平均は大幅に上回っており、衛星も一定数が打ち上がっている。安定性・投資リスクに関しては燃料の枯渇状態が度々確認されており、安定性には疑念が残る。また、投資リスクは成蘭連邦王国と共同歩調を取る傾向があるためエーラーン教皇国に関係の深い国は同時に取引規制を受ける可能性がある。|
 +|昭栄国|FENA加盟国。601年に大幅の財政赤字を記録しており、ある程度の懸念要素があると思われる。軍事面は質量ともにある程度充実しているらしく、衛星もそれなりに打ち上がっている。投資リスクや安定性は特に問題ないが、レオヴィル問題などで意思決定のプロセスに不透明な点があることが否めないために長期的な投資には危険が伴う可能性がある。|
 +|石動第三帝国|大和寧帝国との関係が密接で新興国への投資が盛んに行われている国。財政及び開発の余地、軍事面からみても理想的な状況であるためにさらなる経済力の強化でさらなる成長が見込める。しかし、燃料の輸入国がいずれも不安定な新興国が多いことが指摘される。ただし同国の燃料貯蔵からみて政府能力が崩壊し、燃料が不足するまでは一定の猶予があると思われるために投資撤退は可能だと思われる。|
 +|ヴェールヌイ社会主義共和国|自国内で完結した国家経済を構築しており、極めて安定感があるといえる国である。開発の余地も十分にあると思われる。経済力が他国と比較すると小さいように思われるが、これは自国で完結する経済の構築上やむおえないことであり、これを特段に問題にすべきではないが指標上ではあまり高い数字にはならなかった。軍事面は宇宙開発に力が入っておらず、戦力の質には疑問が残る。ただし、それを差し引いても安定した経済の構築に成功してことらから、長期的にも短期的にも安定してので投資リスクはほぼないといえるだろう。|
 +|アジノーチカ共和国|豊富な資源の売却で経済を回している国。銀やウランといった資源に国家の収入の大半を依存していることは隕石の落下などですぐに崩壊する可能性があり、安定が高いとは言い難い。軍事面や衛星でも非積極でその多くの資源収入をうまく運用できていないところがあると思われる。|
 +|ヴォルネスク特別行政区|極めて劣悪なインフラや多数の警察機関による国民の監視体制、それに反発する市民の反動運動と極めて不安定な地域である。警察機関が内況の把握を困難にさせており、治安維持に動員されている兵員数は全く把握できない。この地域への投資は安定性に欠けており、投資リスクは極めて高い。財政は601年、602年に財政赤字を報告されている。そもそも自己経済が確立できておらず、ノイエクルス自由国からの支援金で経済を回すといった状況である。|
 +|クシミニャール侯国|軽工業ショック以前は極めて安定した国家経済を構築していたために多くの国のモデル国家となっていたが、近年は政府機能の停止が囁かれている。現に燃料は底を尽きかけ、各国の支援でなんとか動いている。もはやこの国は政府の機能が回復しない限り、投資は無駄に終わる可能性が高く投資リスク・安定性に関してはほぼ評価をする必要性を感じない。|
 +|ガトーヴィチ帝国|コンパクトな国土に先進国と呼べるだけの最低限の国力を備えた国である。財政に関しては問題はないが、商品の生産力が低下しているのか商品が安定して納品出来ていないと報告されている。特にアドミラル王国の恒常的な財政赤字はこのことが関係している可能性がある。また、突如として現代都市の閉鎖を行うなど意思決定のプロセスに疑問が残る時もある。工業分野での長期的な投資に関しては推奨されるが、商業分野への投資には突然の市場閉鎖などが行われる可能性があり、安定性はそこまで高くなく投資リスクが高くないとは言い難い。|
 +|フランドル第ニ共和政府|国家機能はほぼ停止し、財政は崩壊寸前の国である。投資は推奨しない。|
 +|アリア連邦|軽工業ショックで国家運営が難しくなった国の1つである。商業規模の縮小で乗り切ったようだが今度は国家財政の余裕がなくなっている。軍事力は質量ともに平均的で問題点は特にない。ただし、インフラの老朽化に伴い国家に対して国民が不満を持つ可能性があり、長期的な安定性及び投資リスクに関しては一考の余地があると思われる。|
 +|大和寧帝国|石動第三帝国との親密な関係を持つ国。先端工業国として石動第三帝国へ大量の商品を輸出している。軍事力はノイエクルス自由国軍によって壊滅的な状態にされたことから低水準である。ノイエクルス連邦との紛争は法的には解決している状態だが、これに関係した問題が再び発生する可能性もあるが、その可能性はノイエクルス政府の状況から鑑みるに低いと思われる。|
 +|フリュー第ニ帝政|国際社会で孤立化する国。602年と600年に大幅な財政赤字、加えてインフラの未整備状態を社会保障指数300という金のばら撒きに等しい方法で国民の不満を抑え込むなど健全な国家運営が行われているとは言い難い。軍事面でもかなりの低水準である。また、内政状況は内戦が頻発していた時代もあったことから投資リスク・安定性は低いと判断する。|
 +|テークサット連合|資源売却で資金を稼ぎつつも自国産業の確立も確実に進める国。602年に財政赤字が記録されているが、これは諸外国への支援のため本来の財政収支は黒字で安定していると思われる。軍事面は新興国相当の相当貧弱なものであるが、今後の自国での防衛は必ず推進すると思われる。無血クーデターが起こるなど必ずしも政府の治世は良くないようだが、まだまだ国土の開発状況及びインフラの整備状況からも各国の投資は必要でテークサット連合はその投資を返済するだけのポテンシャルがあると十分に推測される。|
 +|ダヂカラオ国|極めて長い歴史を持つ国。近年は財政状況が悪化しており、3年間連続で財政赤字を記録している。社会制度及び国土は極めて成熟しており、自国経済の力だけで安定化は難しいだろう。軍事面は他の新興国と比べて極めて強く、自己の防衛には十分なものである。この財政赤字状態が解消されない限り、安定性は低く、投資には極めてリスクが伴うものと判断します。|
 +|ベルサリエーレ王国|コムーネと呼ばれる小規模なコミュニティが武力によって統合された国。頻繁に反乱軍が武装蜂起し、それを海軍が武力鎮圧するというのがいつもの流れとなっている。反乱軍が首都周辺に迫ったこともあり、全土で確実に統治能力があるかということに疑問を抱かざるおえない。近年は工業化を進めているが、先述のように反乱軍が頻繁に武力蜂起し場合によっては工業都市を破壊する可能性があるため投資先として良い選択とは思えない。もし投資するとしても短期的な投資に留めるべきで中長期的な投資は投資した地域の情勢が変化する可能性がある以上、危険である。|
 +|ノホ・ヘレコ連邦|評価差し控え|
 +|レゲロ社会主義人民共和国|財政が崩壊しており、国家運営能力も間もなく停止すると思われる。投資は危険である。|
 +|南瓜共和国|ノイエクルス連邦の構成国として極めて安定した統治をおこなっている。軍事力等は少ないことは国力に見合っていると考えるのが妥当である。安全な投資先であるといえる。|
 +|スコッチランド共産主義同盟|猫の王様が治めるスコッチランド王国を社会主義勢力が武力革命を行い成立した社会主義国家。アルドラド帝国を帝国主義であると非難するなどそのやり方は極めて過激である。主な産業は木材を含む多角的な資源取引を行っている。軍事力はイタリン共和帝国からの戦力をそのまま引き継いでおり、相当なものであると推測されている。アルドラド帝国への一方的な取引打ち切りなどから長期的な資本主義陣営の投資はすべてが無に帰す可能性があり、リスク分散が求められる。|
 +|ウェールリズセ共和国|独立した外交を重点に置く国。まだまだ開発途上の国であり、これからの発展が望まれる。財政状況は良好、軍事面はまだまだ脆弱であるがヴェールヌイ社会主義共和国が防衛任務を引き受けている。また、近年に首都中核が崩壊するという痛ましい隕石落下事件があったが再び立ち上がる兆しを見せており、今後に確実に大国に成長できるだろう。|
 +|ラングラード=カルス帝国|石動第三帝国との関係性が深い国である。石動第三帝国の経済的隷属化に置かれているといっても過言でない状態であり、石動第三帝国以外の取引は締め出すなど厳しい対応を行っている。ただし、石動第三帝国は強い干渉を避けているために当面の間の個人レベルの資本投下に関しては問題はないと思われる。|
 +|ナードヴァイ革新同盟|国家機能の停止が危惧される。投資のリスクは高い。|
 +
 +コーデクス共和国、クォパルル諸島、シェロジア共和国、カプツモーゼ共和連邦帝国は建国間もないか、他国の管理下に置かれているために処理は行いません。
 +
 +#endregion
  

  • ノホ・ヘレコ政治研究所格付け報告書 のバックアップ差分(No. All)
    • 現: 2015-10-11 (日) 10:21:10 soba

トップ   差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1058, today: 1, yesterday: 0