util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...
国名ヴァストーク王国
国旗kokki.JPG
国歌黎明神の元に
公用語ヘルム語

|民族構成|グルガン人~->
(ブラウン系32%、黒系56%、白系10%)~->
移民(シュトゥルム系2%)|

宗教
政体君主制
首都アシスサディッス
元首
議会王国決定会議(諮問)

概略 anchor.png

世界に分散したグルガン人のうち、

ヴァスク教マロン派を信奉者で構成され、

最高指導者のマロン大司教によって、マケドラス地方(島)に建国。

国政の全てをマロン家が掌握。

行政・司法・立法はすべて国王が執り行う。

(マロン派教義を堅持)

【王国決定会議】は諮問機関。

政府の重要ポスト、国営工場のトップなどは王族が占める。

宗教家の地位が異常に高い。

首都アシスサディッスは砂漠地帯が多い。

近年、ポリキシェビ人等の移民が多く入ってきており、

文化にも影響を与えている。

最近では、北のほうからスコピニ人なる民族が南下してきている。

スコピニ語を話し、瞳は緑、白い肌で茶髪の民族らしい。

ポリキシェビ人と類似するものがあるため、

両民族は同じ系統であると見られている。

ノイエクルス-シュトゥルム・南夏戦争において、

保護国としてシュトゥルム支援を行う。

その際、ノイエクルスより宣戦を受け、マハドル2世国王逃亡。

敗退するも、王族のカプランがマハドル2世の実弟ビフを国王に担ぎ上げ、

大ヴァストーク帝国を建国。

しかし、マハドル3世(ビフ)の暗殺を受け、カプラン自らが帝位に就く。

抗戦空しく敗退し、カプランも射殺。更に、王族は、

マハドル3世の縁戚、ディア・ニンマにカプラン2世を名乗らせたが直後に降伏。

現在、王族の1人、シャハマリが摂政として国家代表に就いている。

王政維持を強く宣言しているが、

民主同盟、ヴァストーク共産党、ポリキシェビ労働者党からは反発が続いている。

最近では、共産党勢力が急速に拡大しており、

社会主義政権誕生も予想されている。

Page Top

民族構成 anchor.png

過去の歴史の中で、世界に分散してグルガン人は、

多くの他民族と混血を繰り返し、現在では分類として以下の通りとしている。
|ブラウン系グルガン人|最も元来のグルガン人に近いとされる。~->
現在の国王、王族もこの系統。古王朝より支配層。~->
一般市民にも多い。|
|黒系グルガン人|帝国主義時代、奴隷との混血が進んだためと見られているが、~->
詳細は不明とされている。一部の王族(ワリブ家)なども存在。~->
多くは一般市民。~|
|白系グルガン人|旧支配層にあった系統。~->
帝国主義時代、支配層との混血がすすんだと見られている。国内富裕層。~->
ブラック・グルガンを差別視する傾向にある。|
|ポリキシェビ人|移民。シュトゥルム系とされるが、ベヴェル族の末裔とも(?)~->
『ポリキシェビ』は「秀才」を意味する。|

Page Top

宗教 anchor.png

ヴァスク教マロン派

ヴァスク教とは…

グルガン人固有の宗教。

古くは某教と関係があるとされたが不明。

黎明神を唯一神とし、

「黎明神に祈りを捧げることでグルガンの民は救われる」

としている。

▼マロン派

経典はカナヤン(契約書の意)。

グルガン人分散によって、ヴァスク教自体も各派に分散した。

正統派、超正統派、ラザニア派、マカロニ派など。

そのなかでも、最も厳格で、伝統を守ってきたのがマロン派。

アヴドゥール国王陛下こそが、預言者の正統子孫としている。

だが、他宗派は各々に主張し、マロン派を否定している。

ゴプル正教会

昔、どこかで誕生したベ○リン教の一派。

大元は現在どこにあるかは不明。

ポリキシェビ人が持ち込んだようだが、

グルガン人の中にも少数派で存在したよう。

ポリキシェビ人の話では、ゴプルという司祭が創始したらしい。

大元とは違い、神は唯一神シルヴァとしている。単性論。

施設としては、唯一都心に『ヘメライ大聖堂』と呼ばれる寺院がある。

Page Top

王室 anchor.png

・王位継承権は第一夫人の長男から順にある。

・国王没後、継承者以外は、王室から除籍され、王族となる。

・王族に王位継承権はない。

・万が一、国王に継承者が誕生しなかった場合、王族のうち、

国王に一番近い縁戚(兄弟等)の王族の子息が養子入し、継承する。

・王族は国内に50人くらいいる。

一般的に、国王が夫人として承認できるのは第三夫人まで。

実際には、多数夫人がおり、子供がいるとされ、その子供が王族にあたる。

・王族は、国王の承認を受け、王室(マロン家)の分家として扱われる独立した家。

Page Top

歴代国王 anchor.png

マロン朝ヴァストーク王国
初代アヴドゥール・マハドル・マロンマハドル1世
二代アリアハル・イヴィディフ・マロンマハドル2世

|イディヴァルヴォイ朝~->
(大ヴァストーク帝国)|||

初代皇帝マハドル3世ビフ・イディヴァルヴォイ・マロン(マハドル1世の第二長子)
二代皇帝カプラン大帝マクシミリアン・カプラン(マハドル2世の縁戚)
三代皇帝カプラン2世ニンマ・ディア(マハドル1世の実弟が創始したディア家の末裔)
Page Top

機関 anchor.png

Page Top

国家機関 anchor.png

▽ヴァストーク国営放送

唯一の放送機関、国内情勢放送。

▽ロイテック

王立技術研究所(TRC)

国家発展の為の技術調査・研究・開発などを行う。

対外調査、国内政情調査なども担う。

ロイヤルテクニカルリサーチセンター

▽国営公社

国営工場、国営農場の運営母体。

国王陛下より委任されている。

Page Top

anchor.png

王国陸軍―兵員3200人

某国旧式機関銃、ジープを保有。

最近、外国から戦車を購入。

また、旧型戦闘機、軍用ヘリも導入しており、パワーアップ。

王室親衛隊―兵員150人

国王陛下、王族の守衛。

最新鋭の外国産銃器を導入。

王室専用大型ヘリも導入。

役職名前階級
最高司令官総帥アリアハル・イヴィディフ・マロン
陸軍大臣サワ・サドル上級大将
陸軍総司令ネヴァドル・イルコウス大将
参謀本部長デュート・サットラー中将
王室親衛隊総隊長ユーザロ・ワリブ少将
Page Top

政党 anchor.png

政党名代表者名概要
王国親衛党イブラヒム・ヴァルヴァイラ・マロン殿下王政維持を目的とした王族政党。
民主連盟サフィロス・ネイガーボーウッド代表我が国初の民主政党。民主国家設立を狙う。

|全国移民会議(NIM)||旧NLMP。多数のスコピニ人移住に伴い、~->
NLMPが、スコピニ人の団体・スコピニ人移民会を取り込み再編。~->
議長はジャスティン・サンドレイン(ポリキシェビ人)~->
副議長はディーティル・レドゥオス(スコピニ人)|
|革命ルージュ・グルゴニア労働者評議会(RRGLC)||グルガンルージュと大衆民政党が合併。~->
依然に増して過激化。委員長にはレイ・リンビオ、副委員長にはタ=ファリ。|

スー・サクリ・サイド(SurSacriSide)

ホワイト・グルガンとポリキシェビ人の一部が創設した、

白系人至上主義組織。

戦争被害の影響で過激化し、近年、その活動は『宗教化』してきている。

総長には、元民主連盟最高幹部のアレキサンダー・マクレガー氏。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 1264, today: 1, yesterday: 1
最終更新: 2007-07-29 (日) 22:57:22 (JST) (4496d) by vasc