util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱Wiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...

ブルグ・リシュット帝國

国名ブルグ・リシュット帝國
国旗制定中
元首サーナ・ブルグ帝
首都策定中
主幹産業農業
建国2498ターン
人口1961000人(ターン2570現在)
中の人Poroku

概要 anchor.png

地球からフリューゲルに移住してから、早70年。人々は真の安住を求めていた。しかしフリューゲルの地に於いては国家を立ち上げるものも居れば、そうでなく少数の人々が細々と暮らしているという場面もまだ数多くあった。少数民族の間では国家を作ろうとする者による権力闘争が絶えなかった。

これに憂慮を覚えたのが、帝國の発足に尤も尽力し、尚且つ国のトップとして君臨しているサーナ・ブルグである。ブルグもまた、国家に属さない少数民族の中で暮らす一人であった。

ブルグはまず、人々の言葉に目を付けた。彼らは、地球で使っていた言語の違いを乗り越えるために、この70年の間に様々な言葉を自らのスタンスによって作り上げていた。これらの言葉を基にして、のちに他の民族との合流を経て出来上がったものがリシュット語である。

リシュット語というのは、神から授けられた言葉という意味を持ち、リシュット教と呼ばれるブルグの国教に深く関わっている言葉。地球上でのキリスト教に於ける神であるイエス・キリストのChristという発音が、やがて変化して出来たとされている。

しかし、ブルグの人々が信じる神は、キリストではなく、リシュット神である。リシュット神はフリューゲルの地での平穏無事な日々を掌るとされており、リシュット語によるコミュニケーションこそが、リシュット神が平和へと誘う道標である、というのがリシュット教の基幹でもある。

以下執筆中

Page Top

歴代元首 anchor.png

初代 サーナ・ブルグ帝(2498~)

Page Top

外交関係 anchor.png

現在、最も貿易が活発に行われているのはハフマン公国である。その他の国家との貿易については、現在のところほぼ行われていない。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom
Counter: 985, today: 1, yesterday: 0
最終更新: 2007-05-19 (土) 01:04:41 (JST) (4660d) by 未登録ユーザ