util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...
Sort by Vote Ranking
2018 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 10
2017 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09
2016 | 01 | 02 | 03
2015 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2014 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
2013 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12
2012 | 09 | 10 | 11 | 12
帝国新報  ガトーヴィチ帝国政府公認の報道機関。新聞の発行が主業務。
5月 17 (木曜日) 2018
五月革命成る/左派連立政権誕生/36代首相にカンセーエフ氏 19:20  ガトーヴィチ帝国 
【政治】五月革命成る オリガ18年—774年—5月、帝国通信社電

 774年5月、任期満了に伴う第35回帝国議会議員選挙(定数200)が行われた。半世紀に亘り強権を振るったイユーリン政権に対する不満は、事前の世論調査にも如実に現れており、帝国発展党の下野已むなしと思われていたにも関わらず、開票結果は帝国発展党が130議席を獲得するという驚くべきものであった。その後インターネット上で得票数を操作する不正選挙疑惑が浮上し、怒髪天を衝きたる帝国民3万人がヴォロス宮(首相官邸)に殺到、その一部が暴徒化して警備を突破し宮内に雪崩れ込んだ。絶体絶命のイユーリン総帥は、側近と共にヴォロス宮から脱出し、帝居へ逃亡、しかし皇宮警察に捕らえられ、警察署に身柄を護送されることとなった。

 イユーリン総帥の失脚を受けて、ガトーヴィチ帝国軍は戒厳令を布き、ガトーヴィチ帝国臨時軍事政府を発足させた。軍事政府はこの一件を民主主義を求めた市民革命であるとし、これを五月革命と命名し、774年12月に選挙を再実施することを決定した。

 写真:ヴォロス宮へ向かう帝国民



【政治】第35回選挙 左派連立政権誕生 オリガ18年—774年—12月、帝国通信社電

 臨時軍事政府の実施せる第35回帝国議会議員選挙(定数200)の結果は下記の通り。

 <与党>

労   働   党:81(+ 71)

ガトーヴィチ社会党:50(+ 28)

<野党>

立 憲 進 歩 党:35(+ 22)

ガトーヴィツキイ・カムニーズム:14(+ 13)

帝 国 発 展 党:10(-135)

正 教 保 守 党: 5(ー  2)

無 所 属・諸 派: 5(+  3)


計200議席

 619年以来156年ぶりに左派連立政権が誕生した。



【政治】第36代首相にカンセーエフ氏 オリガ19年—775年—1月、帝国通信社電

 第630回帝国議会(臨時会)は5日、労働党代表マキシム=グリゴリエヴィチ=カンセーエフ氏(62)を首班指名し、氏は12日、スヴャトスラフ二世君帝陛下によって第36代為政院総理大臣に任命された。

 写真:マキシム=グリゴリエヴィチ=カンセーエフ:713年、チェーニスク県生。セヴェロモルスク帝大卒。全面的にハト派で全方位外交を志向。先祖がゾロアスター教徒であったこともあり、大スラヴ主義懐疑派。



その他ニュース

【社会】大学紛争ほゞ終結 一部過激派による兇悪事件散発

【国際】昭栄国 常帝崩御

【経済】新興国への投資拡大 後れをとるガトーヴイチ

【国際】瓦ヴオ安保締結へ調整加速

【国際】「ヴエニスバブル」を懸念 総合研究所発表
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.