util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

4 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 4

もっと...
2010 | 03 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 12
ミスミ通信社  カアルハセヤ帝国政府プレスリリース
12月 14 (火曜日) 2010
宇宙条約改正案公表 03:24   
『宇宙条約』改正案



第1条 宇宙空間に対しては、いずれの国家も領有権を主張することはできない。



第2条 

1,条約の当事国は、宇宙空間における探査活動及び利用を自由に行うことができる。

2,平和的目的のために軍の要員を使用することは、禁止しない。



第3条 

1,条約の当事国は、軍事衛星を軌道に乗せないこと、ならびに他のいかなる兵器をも宇宙空間に配置しないことを約束する。

2,衛星破壊砲、衛星レーザー砲および怪獣を殺傷できる手段ならびにこれに類する人工衛星などは、いかなる理由があろうとも使用してはならない。

3,宇宙空間における軍事衛星および軍事施設、他のいかなる兵器の実験ならびに軍事演習の実施は禁止する。

4,防衛衛星については、この限りでない。



第4条  条約の当事国は、宇宙空間における自国の活動について、それが政府機関によって行われるか非政府団体によって行なわれるかを問わず無過失責任を有し、自国の活動がこの条約の規定に従って行なわれることを確保する国際的責任を有する。



第5条 この条約は、署名のためすべての国に開放される。



第6条 この条約は、批准の時から効力を生ずる。



第7条  条約のいずれの当事国も、この条約の改正を提案することができる。改正は、条約の当事国の過半数がこれが受諾した時に、その改正を受諾した条約の当事国について効力を生じ、その後は、条約の他の各当事国については、その国による受諾の日に効力を生ずる。



第8条 条約の脱退は脱退国の宣言及び加盟国の3分の2以上の賛成を必要とする。







(履行)附則



 1、軍事衛星などの兵器保有国と戦闘に至る場合は、宣戦布告から「終戦後の相当の期間」までに限り、同等の兵器の保有が許される。

 2、軍事衛星などの兵器保有国が参戦する場合は、保有国が参戦意思(一または二以上の国に対する簡易の表示も含む)を示した時点から「終戦後の相当の期間」までに限り、同等の兵器の保有が許される。

 3、(停戦協議中または降伏協議中などを含む)戦闘中および戦闘後の保有も前2項と同じものとする。
name: @Guest  Comment:
Referer  (1)
10月 06 (水曜日) 2010
緊急声明 23:51   
【国外】シャイボ王国の攻撃について



 シャイボ王国が行ったミマグザムへのサイル攻撃は全くの不法行為である。また、我が国の抗議を無視した事は許す事が出来ない。シャイボ王国へは、マグザムへの攻撃の賠償を要求し、抗議を無視した事については、貴国のロケットを攻撃し、これをもって警告とする。



[不法行為の根拠]

1、マグザム共和国は、敗戦処理中であった。

2、当時、大統領は戦後処理委員会に出頭中であり、シャイボ王国への連絡は不可能。

3、マグザム共和国は、処理委員会の統治下にあり、実質の保護国であった。



[我が国の抗議(謄本)]

11227:カアルハセヤ帝国 > マグザム共和国は、我々の統治下にあり、勝手な攻撃は宣戦布告と見なされる事をお分かりか? (カアルハセヤ帝国)



[マグザムのミサイル発射許可(謄本)]

11225:第4代大統領 リモ・カルデロ > 巨大隕石の犠牲となったペルシャワ地方の方々には追悼の意を表明する。加えて、ミサイル発射試験場の件だが (マグザム共和国)

11225:第4代大統領 リモ・カルデロ > (3、12)を中心とする3hexを貴国に開放する。二度と巨大隕石の災害が起きないよう技術を磨いていただきたく存じます。 (マグザム共和国)









〔苦情〕

 また、マグザムの中の人が「2010-10-6 20:49:32 」にログインしていることを確認しており、敗戦後に国を放棄し、再建国される事による「逃げ得」を危惧してます。この事に関しては、差し支え無い範囲で管理人さんには協力して欲しいなぁと思います。

 ロールプレイ云々言うわりに、行動がアレな彼の両国には不快感を覚えます。
name: @Guest  Comment:
9月 14 (火曜日) 2010
ミスミ新聞 308年4月下旬付 01:23   
【国内】観光都市群の換地処分決定

 観光地の近くに軍事演習場ができ、危険であるとして観光都市への換地処分が決定した。一度使われた演習場を簡単に移転させることはできないとして、観光地の事業所及び従業員へは、相当の保障を行うとした。



【国外】レゴリス帝国の戦後復興事業

 政府は、戦勝国の手腕に期待していると発表した。また、レゴリス帝國側は保護条約に期限を定めるように求めているようだが、クーデターや内戦が起きるような国の軍隊を信用しても大丈夫なのだろうか?と一石を投じた。
name: @Guest  Comment:
8月 28 (土曜日) 2010
官房長官緊急会見 21:16   
【国外】天鶴帝国の宣戦布告について

 天鶴帝国のノルスモール連邦への宣戦布告については、従来どおり中立の姿勢であるとし、また、ローカルルールおよび条約に基づいた行動を行うとした。



*誤解の無いように追記

『正統性』 ノル連の何れの政権も、突出して正統であるとは言い難い(実質、無政府状態か軍閥政治)ので、誰が中央政府を担おうとおかしくない(勝てば官軍、負ければ賊軍)。個々の政権の正当性について、我が国は判断しない又判断できない。



『参戦』 レゴリス帝国(天鶴帝国)とノルスモール連邦の問題なんで、1対1の状態である限り我が国は中立を堅持します(参戦を留保すべき)。我が国は、レゴリス帝国を国家承認したので、宣戦する場合は同盟国の天鶴帝国と国家承認したレゴリス帝国側に付きます。





name: @Guest  Comment:
Referer  (1)
8月 22 (日曜日) 2010
都市型軍事演習場完成など 05:13   
【国内】都市型軍事演習場完成

 自衛力強化のため議会の承認を受け建設が進められていた軍事演習場が遂に完成した。観光施設が近い事もあり一般人の立入りを規制する鉄条鋼などのパリケードや監視装置が張り巡らされている。併せて友好国の自衛力強化のために公開する事も発表した。



【国外】オーレリア政変

 特に問題がなければ、国家承認するつもりであるとの意向を、カアルハセヤ政府は示した。



【国外】ノルスモール内戦

 オーレリアの政変と同時期に起こったノルスモール内戦についてカアルハセヤ政府は、現在はオーレリアとの関係調整に全力で取り組みたいと発表した。
name: @Guest  Comment:
Referer  (1)
8月 03 (火曜日) 2010
ユーフォリア帝国との会談内容(まとめ) 01:44   
 昨日の会談内容が、ローカルルールから軍事関連などの多岐に渡るため、中の人の見解を含めて、公表します。(自経連BBSにおいて)観光者通信で極秘通信だったところは、私の不手際で公開してしまった事と、ユ帝が極秘通信にした理由がプライバシー保護では無く、単にPR(ローカルルール遵守)のため事であると判断したため、個人情報保護の目的外の事については公開させて頂きます。この事を前もって、謝罪させて頂きます。



◎ユーフォリア帝国からの質問1:天鶴帝国の軍事演習場を我が国が容認している理由および我が国が都市型軍事演習場を認める基準。

 大きく分けて理由は2つです。天鶴帝国固有の政体と世界的な軍事力の均衡。自由民主主義国家が国内で大規模軍事演習(自国にミサイルを撃ちまくる行為)をやってるのは、さすがに異様でしょう。この点は各国それぞれの政体があるので、最低条件として自由民主主義を標榜する国がやるのは不味いという低い条件が1つ。第二に、我々は既に宇宙条約で平和利用前提であろうと戦争手段の制限に同意しておりますが、 戦争手段および軍縮に同意しないのに、軍拡は好き勝手にするってのは、あまりに醜い。 国際協調以前の問題として、自分ら自己中杉w自重しろよwっていう懸念。軍事訓練による軍拡は否定しません。

 また、北大路国が、いくらG-FERU非加盟でも友好国である 軍事衛星保有国がバックにいる事。関係ないと言うのであれば、軍事と経済をきっちり分ける確認文書を公開する事。 

 第三国の意思が介在していない、その上、第三国の意思をも拘束する恐れのある決定および枠組みを自経連およびFERUで取り決めるのはやり過ぎです。

『補足説明』 自分の言いたい事を1文に纏めますと、政体については基準が緩いので割愛しますが、軍事衛星を持っている又は持つつもり(宇宙条約未批准を含む)なら、都市型軍事演習場は認めませんが、持たない(宇宙条約批准)のであれば認めますという事。中立国(単数および複数を含む)の宇宙条約批准について、我が国は呼び掛け程度しか行っておりませんが、それは中立国が都市型軍事演習場を使って軍事衛星を打ち上げた場合、全世界を敵に回す事になるので、それは無いだろうとの考えです。宇宙条約に実効性が無いというのであれば、何か軍縮へ向けた活動なり何なりして下さいよ。そういう事も出来ない国に指導力があるとは到底思えません。



◎ユーフォリア帝国からの質問2:モルダバイトへの軍事介入および宣戦布告

 軍事介入イベントを起こしたのは事実だが、その事実だけ持ち出されても、歴史的に軍事介入イベントが無かった訳でも有るまいし、それ以前に再三交渉を持ちかけたのに聞く耳もって無かったのは、あの当事国ではないか?また、先の紛争後、目立った外交的不利益も被っていないので、賞賛されも非難されもしてないドロー(各国のスタンドプレーの賜物であり、勝者も敗者もいない。)であるとの見解です。どういう意図で戦略的サボタージュをしたのか知りませんが、差迫った危機が目の前に転がっていたのに、なぜ沈黙を貫いたのですか?口先だけの人間が信用されないのと同様に、然るべき時に然るべきリスクを取れない国は信用されないと思ったので、その理念に則った覚悟であると思っております。私の理念と行動は一貫していたと記憶してます。



◎ユーフォリア帝国からの質問3:ノルスモール連邦内戦(FERU内で情報共有がなされていないので、その徹底が目的)

 本来は、自経連とFERU加盟国だけが知っているべき情報なんでしょうが、亡命政権については、ノル連(中の人)が持ち掛けたイベントで、こっちが勝手に起こしたイベントでない。その事で叩かれても、お互い同意のイベントなんで演習場問題と分けて考えるべきではないか?

『見解および要望』

 PRに拘るのは良いですが、その事に囚われ過ぎではないでしょうか?まぁ良い事なんですが、PR重視し過ぎて、極秘通信・PM主体の1対1の情報交換メインだから、きちんと情報共有できて無いでしょ。その辺りの内部自治をしっかりさせて下さいよ。

>>>『マグザム共和国:【G-FERU】関わりのない天鶴が亡命政府を政治的利用することは言語道断である』・・・・・なんで、亡命イベントの下話(ノル連と天鶴の合意)があった事をユ帝・マグザム揃って知らないんですか?

 

◎ユーフォリア帝国からの質問4:情報公開

 当国はタヂカラオ・SLZ等の中立国の判断材料および情報提供(新聞のネタ)の意味合いも兼ねてます 。内々で物事進めてったら、中立国に不利でしょうが。皆で情報共有しないとゲーム的に面白くない。基本、情報公開が自経連なんで、嫌ならちゃんとログ取って、本家外のオープン掲示板で話しましょうよ。PMで処理していったら、先進国主導で中立国と途上国が不利でしょ。

 我が国の情報公開は議事録(やりとり)~結果報告までと考えてます。

『補足説明』一部の中立国からのコメントにありますが、中立国に無理やり発言させるのが目的ではありません。ある程度情報が公開されてなければ、無情報の手探り状態で中立国が外交しなくてはいけなくなるので、その辺りの配慮として情報公開しているのですが。それに加え、自己評価(反省および誤りが無かったか?など)の方法として中立国の報道を重視しています。また、第三者がアクセス(閲覧)出来る状態で記録保持をしているのは、自分の発言に責任を持つための戒めでもあります(あくまで我が国のみですが)。

【ルーチンワーク】 事件発生→我が国の行動および情報発信→中立国の報道→自己評価→外交方針の修正・・・



◎ユーフォリア帝国からの質問5:ローカルルール解釈

 私の口調は関西でもキツイ目の方言なんで、標準語圏の人には苦痛かもしれません。配慮はしていますが、関西の人には普通でも、標準語の人には苦痛という事も有り得るので、言葉に丸さを持たせる意味で、8割真面目・2割フランクでいかせてもらいます。そこは円滑なコミュニケーションのために許容願います。

 PRについては、意思疎通段階まで拘束されると誤解が起こりえますので、コミュニケーション(観光者通信)まで拘束するとは思っていません。国家運営(政府報道を含む)についてPR重視で行えば良いとの考えです。

************   会談終了後   ************

>>>つまり貴国は、自国の掲げた理念にさえ沿っていれば何を行っても許されると仰りたいのだろうか?

「そんな事まで言ってません。何を根拠に言っているのか論拠して下さい。」



>>>あの宣戦布告の際、FERU、ミューヘン条約機構、ノイエクルス自由国までもが議論に参加して、ほぼ満場一致で貴国の布告を取り下げるべく動いたことにもう一度考えを巡らせて頂きたく思う。我が国が問題としているのは、それだけの数の国が貴国の行動を問題と感じたことそのものにある 。我が国は少なからず貴国が次も暴走する危険性を考慮した。このような事態が他の国にも起こっていないと貴国は断言出来るのだろう 。

「ではなぜ、我が国が宣戦布告を行うまで放置したのですか?宣戦布告を行うまで相当な猶予はありましたよ。過去の記録を確認した上で発言してください。あなたの主観=客観的事実では無いです。事象を並べ立てて述べて下さい。」



>>>この事案に第三国なる存在はまるで絡んでいない。あくまでも他国が軍事訓練を行うことに対する正当性について述べている。多くの国が不当と感じる宣戦布告を行った国が軍事訓練を行っている。という事態に対して危機感を抱くのは無理からぬことだろう 。であれば当然、他国も自衛の為に軍事強化を考える。最初に申し上げた通り、我が国はそういうことを言っているのだ 。

「何言ってんですか?我々先進国の行動規範が、積み重なることによって国際慣習法となるので、当然拘束されますよ。PR重視してるなら、それくらい理解できるでしょ。自衛力強化は問題じゃないよ、無秩序な軍拡はヤバイと言ってます。」



>>>そして貴国は軍事訓練による軍拡には批判しないと述べている。ならば、我が国としては『演習場の利用に関しての制限は政体のみとすることである』という条件に合意が頂けたと判断するが。貴国はそれで宜しいだろうか?正式な形で貴国より賛同頂けてはいなかったように思う。ともあれ、賛同頂けたならば我が国としては不満はない 掘下げに関して我が国は別段の意見はないが、その点に関しては広く意見を求めるのが良いと考えているそれでは、長きに渡る外交に感謝する。

「この部分については、あまりに酷い主張だよ。申し訳ないけど、日本語理解できてますか?軍事訓練のコマンドだよ。普通に前後の文脈で理解できるでしょorz 勝手に自分の都合に解釈して逃げるなよorz 」





>「この事案(都市型軍事演習場?)に第三国なる存在はまるで絡んでいない。」

>『貴国は軍事訓練による軍拡には批判しないと述べている。ならば、我が国としては『演習場の利用に関しての制限は政体のみとすることである』という条件に合意が頂けたと判断するが。』

>『広く意見を求めるのが良いと考えている』

 ・・・どういうこと?同じ連続する文なのに整合性が全く無い。我が国の主張は勝手に曲げるし、私は最初の方に「第三国の意思をも拘束する恐れのある決定および枠組みを自経連およびFERUで取り決めるのはやり過ぎです」と言いませんでしたっけ?私、あなたの日本語力に着いていけません、ごめんなさい。
name: @Guest  Comment:
Referer  (1)
7月 26 (月曜日) 2010
現ノルスモール連邦政府を相手とせず 13:06   
【国外】官房長官会見

 ノルスモールは、奇行の多い国である。低幸福度による国民の暴動や、軍によるクーデター政権樹立、宇宙条約加盟問題(「宇宙条約に加盟する模様。後ご期待」から、一転し後に「議会で否決」)。元々、政府基盤がしっかりしてないから、ブレまくるのであり、軍隊で抑え付けたところで、あの国ではいくらでも不穏分子やテロ組織の台頭が予測される。一体感の無い国に対しては、いくら軍事力があっても、これでは足りない。

 それに、第一義的にFERU加盟国であり、まずはFERU内で話し合われるべきだろう。同盟外の国の介入を受け入れると、同盟自体の自主性を損なわれる恐れがあり、この事は由々しき事態である。FERU内での対応が決定していない上、ノル連に実質的な中央政権が無い以上、我が国の積極介入は無いだろう。もちろん、FERU内で事態が収集出来ない場合または同盟外の介入を受け入れた場合には、介入の可能性は十分にある。ノル連中央政府の崩壊した今となっては、外交能力は皆無に等しく、FERUの動向を伺うしかないだろう。



【国外】貿易法による貿易制限

〈貿易禁止対象国〉

・マグザム共和国(全物資)

・ノルスモール(全物資)



【国外】輸出者等遵守基準

制限対象物資

・石材(戦略備蓄)

・鋼鉄(戦略備蓄)

・砲弾(軍需品)
name: @Guest  Comment:
7月 19 (月曜日) 2010
北大路国の配慮への感謝、貿易法による貿易制限発動 20:56   
【国外】北大路国の配慮への感謝

 本日の官房長官会見で、「昨今のFERU混迷の事態収拾に努力していただき北大路国には感謝している。最近の北大路国はFERUの尻拭いばかりしているように見えるが、FERU内で相対的にまともと思われるあの国が、FERUに居つづける理由がよく分からないが、国民の総意であるならば仕方ない。」との発言があった。



【国外】貿易法による貿易制限発動

〈貿易禁止対象国〉

・マグザム共和国

・ノルスモール

(毎回仕事を理由にするマグザム共和国に配慮して休日2日待ったが、ブリュノール共和国へ弁明の形跡が無いため。黙秘すれば済むというのは大間違い。)



〈警告〉

該当無し。



〈注意〉

・ユーフォリア帝国(ブリュノール共和国との交渉次第。現状制限は無い。)





 FERUと貿易をしていないが、我が国のみで第三国は拘束しない模様だ。貿易制限の効果は元々薄いだろう。
name: @Guest  Comment:
7月 14 (水曜日) 2010
外国為替及び外国貿易法成立 17:17   
外国為替及び外国貿易法

第一条(目的)

 この法律は、外国為替、外国貿易その他の対外取引が自由に行われることを基本とし、対外取引に対し必要最小限の管理又は調整を行うことにより、対外取引の正常な発展並びに我が国又は国際社会の平和及び安全の維持を期し、もって国際収支の均衡を図るとともに我が国経済の健全な発展に寄与することを目的とする。



第二条(取引等の非常停止)

1 主務大臣は、国際経済の事情に急激な変化があった場合において、緊急の必要があると認めるときは、この法律の適用を受ける取引、行為又は支払等の停止を命ずることができる。

2  前項の規定により命ずる停止は、その停止の時までにこの法律により認められている支払を不可能とするものではなく、その停止による支払の遅延は、政令で定める期間内に限られるものとする。



第三条(支払等)

 主務大臣は、特に必要があると認めるとき又は閣議決定が行われたときは、本邦から外国へ向けた支払等をしようとする者に対し、当該支払又は支払等について、許可を受ける義務を課することができる。



第四条(資本取引等)

 財務大臣は、特に必要があると認めるとき又は閣議決定が行われたときは、資本取引を行おうとする者に対し、当該資本取引を行うことについて、許可を受ける義務を課することができる。



第五条(役務取引等)

1 特定の種類の貨物の設計、製造若しくは使用に係る技術(以下「特定技術」という。)を特定の外国(以下「特定国」という。)に提供することを目的とする取引を行おうとする者は、当該取引について、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

2  経済産業大臣は、特定技術を特定国以外の外国に提供することを目的とする取引を行おうとする者に対し、当該取引について、許可を受ける義務を課することができる。



第六条(対内直接投資等の届出)

 外国投資家等は、対内直接投資等を行おうとするときは、事前に当該対内直接投資等について、事業目的、金額、実行の時期を財務大臣及び事業所管大臣に届け出なければならない。



第七条(輸出の許可等)

1 特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

2  経済産業大臣は、特定の種類の貨物を特定の地域以外の地域を仕向地として輸出しようとする者に対し、許可を受ける義務を課することができる。

3  経済産業大臣は、前二項に定める場合のほか、特定の種類の若しくは特定の地域を仕向地とする貨物を輸出しようとする者又は特定の取引により貨物を輸出しようとする者に対し、承認を受ける義務を課することができる。



第八条(輸入の承認)

 貨物を輸入しようとする者は、輸入の承認を受ける義務を課せられることがある。



第九条(異議申立て)

 省略



第十条(審査請求)

 省略



第十一条(罰則)

 省略







輸出者等遵守基準

制限対象地域

・現状なし



制限対象物資

・燃料

・石材

・鋼鉄

・石油

・砲弾







経済制裁等はこの法律により行う。
name: @Guest  Comment:
7月 12 (月曜日) 2010
庶民院総選挙 19:14   
【国内】庶民院総選挙

・保守党 議席数:131議席(-10)

 『今回の結果は残念だが、今までのオール与党議会はやはり異常だ。この国に自由民主主義の一面が垣間見れたことを嬉しく思う。』

・自由党 議席数:115議席(-10)

 『信じられない。民主党の躍進に危機を感じる。』

・民主党 議席数:54議席(+20)

 『我々の勝利だ。』



○結果

連合与党:246議席 

野党:54議席

 ※連立政権(与党連合)以上、合併未満という意味で、保守党と自由党を合わせて『連合与党』と呼ぶ。慣習的に、連合与党で200議席以上が勝敗ラインとされている。



【国外】マグザム共和国、民主党へ打診

 マグザム共和国が、民主党に対し定期的な交流を求めた事が判明した。民主党は、この申出を快諾する意向だ。

 追伸(中の人):民主党は少数野党(政権交代の可能性は無い。)であり、中の人は当然ながら政権与党として行動します。キャラを使い分ける予定もないので、形式的なものです。
name: @Guest  Comment:
(1) 2 » 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.