util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 01 | 05
2018 | 10 | 12
ヴェニス経済新聞  ヴェニス新聞株式会社が発行する、経済新聞です。
5月 01 (水曜日) 2019
ヴェニス科学研究院発表「地球の環境が回復している可能性がある」他 11:32   
===================================

ヴェニス経済新聞

VENEDIG WIRTSCHAFT TAGESZEITUNG

===================================

ヴェニス平均22258.35 1.38%▲

ヴェニス電子平均 2969.91 0.95%▲

ヴェニス社10年社債 0/32 Yield2.502%▼

原油63.37 0.08%▼

===================================

ヴェニス科学研究院発表「地球の環境が回復している可能性がある」

833年4月20日【ロムレー湖畔共和国ヴェニス科学研究院本部 ヴィリー・ネイホフ】

ヴェニス科学研究院は地球観測機「ホームウォッチャー」で得られたデータをもとに、地球環境が回復している可能性があるという事をロムレー天文学会の会合で18日に発表した。

地球は私たちがフリューゲルに移住する前に住んでいた人類の故郷で、フリューゲルから4.3光年離れた太陽系に存在する。私たちの祖先は30000期前(844年前)に地球の環境汚染から逃れて移住する「ユニティプロジェクト」によりフリューゲルに渡ってきた星間移民だった。「ホームウォッチャー」が太陽の前を通過する地球を赤外線により観測した結果で得られた大気成分予測と地球脱出前の大気成分データを比較した結果、大気成分が回復している可能性がある事が判明した。

地球観測には困難が付きまとった。フリューゲル側にある3つの恒星と地球側にある1つの恒星が観測を邪魔したからだ。「ホームウォッチャー」は太陽系を観測するために、3つの恒星(ケンタウリα星、β星、プロキシマ星)が太陽系と反対側になる位置に到達するまで20年もの歳月をかけ、地球が太陽の全面を通過するまで待った。ヴェニス科学研究院は恒星が観測データ結果をゆがめている可能性があるため、今後は観測データの信頼性向上に努めると発表した。「ホームウォッチャー」は今後、系外惑星の赤外線観測のために運用が継続される。



地球を尊べ!ヴェニス島で「地球運動」

833年4月30日【ヴェニス島ミッドガルドシティ アンソニー・ケラー】

4月19日に発表されて以降、ヴェニス島では居住者間で地球ブームが発生している。地球をモチーフにした商品がこの12日で前年売り上げの8割を迫るほど売れており、地球に関する書籍もそれに迫る勢いだ。この「地球運動」を主導している地球勉強会の会長ドード・ヴィリーは「地球は私たちを生んだ母であり敬うべき存在です。私たちは母を汚しフリューゲルへ逃げてきた罪深い民であることを忘れてはいけません。フリューゲル移住30000期を迎えた今、地球への思いを思い返す機会ではないでしょうか」と発言した。

--------------------------------------------------------------------------------------

【その他ヘッドライン】

・ヴェニス重工が新型打ち上げロケットを発表。打ち上げ費用がより安くなる見込み。

・ViPhone売上高13%増

・退職者の資産管理、陥りやすい4つのわな

・人類の故郷はどうなった?ヴェニス科学研究院は地球観測衛星を打ち上げ

--------------------------------------------------------------------------------------

【広告】

・「地球の歴史大全」好評発売中(株式会社構文堂)

・地球は我が故郷!地球を尊ぼう!地球を思い返そう!(地球勉強会)

・ヴェニスの地下シェルターで家族の場所を、未来のために備えよう!(ヴェニス建築株式会社)
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.