util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 01 | 05
2018 | 07 | 08
セビーリャ公共通信  
8月 28 (火曜日) 2018
792年セビーリャ公共通信 14:24  セビーリャ自治政府 



新行政長官にアントニオ・レオン・パレス氏。


 792年4月に行われた定例のセビーリャ公務員試験で、現職のペドロ氏を抑え、自治政府開発部のアントニオ・レオン・パレス氏が選出された。アントニオ氏は740年生まれの52歳でセビーリャ大学卒業後、共同管理区域開発部に入省、都市開発を担当した。特に近年の人口増加に伴う都市開発で強力な手腕を発揮し、高度なインフラを備えた機能的な都市設計が全土で高く評価された。アントニオ氏は行政長官就任にあたり人民宮殿での演説で、開発のさらなる進展に意欲を示した。



南西部埋め立て計画を発表。今年度中に開始の予定。


アントニオ行政長官は、792年5月に会見を開き南西部埋め立て計画を発表した。計画では南西部の海域を3万?埋め立て200~700万人の人口を確保することが予定されている。人口の80%は農業生産に従事し、更なる農業の増産が見込まれる。また、この計画では、人口増加により雇用の不足が予想されることから、2度に分けて実行され第一次計画では土地の造成と200万人模の都市開発が行われる。計画発表の背景には792年1月にセビーリャ統治委員会より発せられた、面積制限の緩和に関する通達がある。また、壮大な計画の一方で、数百万人分の雇用の確保という問題に新たに直面するため、この問題への対応はセビーリャ民族の命運を左右するだろう。自治政府開発部出身の同氏には、長年造成と都市開発に従事していたこともあり、その手腕の発揮に期待が寄せられている。

▲埋め立て準備の様子
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.