util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

22 人のユーザが現在オンラインです。 (12 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 22

もっと...
Sort by Vote Ranking
2019 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05
2018 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11
カルセドニー中央通信  カルセドニーの報道機関です。RB通信が中心となり発足しました。住環境委員会のもとに設置されています。
4月 19 (金曜日) 2019
【政治】労働党議席微減も過半数維持 23:55  カルセドニー社会主義連邦共和国 
【政治】労働党議席微減も過半数維持

 830年12月30日に第29回共和国議会選挙が行われた。前回大勝して議席数を大幅に伸ばした労働党がその勢いのまま勢力を伸ばすのか、連合党が党勢を回復するのかが注目されたが、連合党が159議席を獲得して改選議席の過半数を獲得、労働党優位のカルセドニー国政に待ったをかける形になった。先のクリソプレーズ隕石落下時に殉職したペレト・サードオニクス前外交委員長の後任として829年末から外交委員長を務めているユハル・ツァボライト氏は規定により無投票再選となったが、選挙戦には同氏の談話が大きく影響した。連合党はユハル外交委員長の談話を「社会主義世界の一員である中夏人民共和国との関係を損ねかねない重大な誤り」として強く攻撃、途上国の歪んだ政治体制を事実上追認しかねないとして労働党の(あるいはユハルの)外交政策全体に対して激しく批判した。連合党は国内外の安定を望む世論に押されて長く勢力を減じていたが、今回は労働党の外交政策を逆に「カルセドニーの国際社会における安定性を損ねている」として攻撃のための材料にすることに成功した。

 また、今回選挙と同時に外交委員長を除く8つの委員長ポストで選出投票が実施されたが、こちらではすべての委員長が再選を果たし、前回選挙の時点と比べて大きな変化はなかった。両党の獲得議席は次の表の通り。



政党  改選議席数  議席数 政治的スペクトル 増減

労働党   141     326   最左派     -17

連合党   159     274   左派      +17



【社会】「南の風」、定例運営役員会議を延期

 「南の風」は830年12月下旬に予定されていた役員会議を2年程度延期すると発表した。「南の風」ではオリヴァー・フォード氏が新代表に就任して以降大幅な組織改革を断行、主要役員のポストも大きく変更しており、組織の安定性を取り戻すのに時間がかかっていると見られる。825年の役員会議で決定されたグロッシュラーライト北島の再開発(同島はウェスタンカルセドニー州に所属しているが、例外的な措置により「南の風」が開発するためのライセンスを獲得している)についても、「南の風」が商品供給源として見込んでおり多額の投資を実施していた冰州連合において、鎖国主義勢力が政界で伸長しているとの噂もあることから事実上ストップを余儀なくされており、「南の風」の前途はかなり険しいだろう。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
4月 08 (月曜日) 2019
【社会】クリソプレーズ市中心部に隕石が落下、死者行方不明者数十万人 23:59  カルセドニー社会主義連邦共和国 
【社会】クリソプレーズ市中心部に隕石が落下、死者行方不明者数十万人

 829年7月16日、フリューゲルに落下した小惑星は上空で複数の破片に分裂、そのうち少なくとも7つの大規模な破片が共和国に落下した。その1つがクリソプレーズ市中心部に落下、中心市街全域が破壊された。死傷者数は集計が進んでいないが、現時点で20万人を超える死者とそれに匹敵する数の行方不明者が報告されている。落下した隕石の破片は直径が2km程度と見られ、621年9月にクリソプレーズ市南西60kmに落下、200万人を超える死者を発生させたものと同程度の規模であると軍部委員会が発表した。

 幹部会を構成する9名の委員長は隕石落下時に全員がクリソプレーズ市内におり、その中で、落下地点から最も近傍にいたペレト・サードオニクス外交委員長の安否が不明になっている。ペレト外交委員長が落下時点で遊説を行っていた地区は隕石落下時の衝撃波で灰燼に帰しており、生存は絶望視されている。幹部会の事実上の筆頭であったペレト外交委員長が不在になったことで中央政府の初動が遅れる一方で、ペレネ・モスアゲート前大統領がジャスパー市の共和国議会議事堂で緊急事態宣言を提案するなど、議会が中心となって被災者の救出・支援活動が行われている。



【社会】ムトロライト市郊外に隕石破片落下、数万人死亡、50万人程度被災

 7月16日、クリソプレーズ市から数分遅れて別の破片がエライ州北部ムトロライト市郊外の住宅地に落下、こちらは空気抵抗で地面に直撃する前に空中爆発を起こしたものの、衝撃波で数千棟の建造物が倒壊、数万人規模の死者・行方不明者が発生している。家屋を失った被災者総数は50万人に上ると見られ、支援物資の輸送もクリソプレーズ市救援が優先されている関係で遅れており被害は大規模化・長期化する恐れがある。

 エライ州知事は独自に非常事態を宣言、ウェスタンカルセドニー州経由でガーネット州より大規模に物資支援が運び込まれている。一方で、この動きは新憲法下の物資輸送に係る規定に適合しておらず、州知事は「超法規的措置」としているなど法手続き上の問題が浮上する可能性が指摘されている。



【国際】ミルズ皇国に調査団派遣

 外交委員会は7月2日以降ミルズ皇国において発生した、首都消失に結び付いた大火災の原因を調査するための調査団を派遣していると発表した。同国の火災は、同国は「セニオリスとの友好条約調印に反対する勢力によるテロ」と発表したものの、国際社会から疑義が呈されており、中夏国内では「セニオリス人」を称する人物が火災にかかわったとして拘束されているなど不可解な点が多い。共和国が中心となって派遣している調査団の成果に対する国際社会の注目は大きいと予想される。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.