util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

7 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
Sort by Vote Ranking
2017 | 05
2016 | 09
御岳南洋日報  南洋の国の日々をお伝えします
5月 30 (火曜日) 2017
鎖国法施行 08:41  Cresnov 
友邦たるカルセドニー、アルビオン、ヨリクシなどの鎖国や政府消滅を受けて政府は鎖国法の施行を発表した。同法は国家の外交業務を休眠状態として内政などの浄化期間に突入させる事が出来る法律である。政府は、同法による浄化期間の期限は未定、としている。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
9月 23 (金曜日) 2016
第一回議会選他 13:34  Cresnov 
<第一回議会選総評>

第一回議会選は民主御岳会が第一党を獲得し、第二党には社会党、第三党に巫女衆が母体である豊国自由党となった。組閣は民主御岳会を中心に行われ、中道右派系政党が結集した連立政権が発足した。

今回の議会選は第一回目という事もあり、国民も"冒険"は望まなかったのではないだろうか。臨時政府時代の巫女衆の安定した治世を評価した結果と言う意見もある。豊国自由党が第一党であってもおかしくない状況であった。しかし巫女衆は敢えて候補者を絞って第一党になる事を望まなかった。

それはどうしてか?理由は明白である。裏手に回ろうとしたのである。長い間同じ集団が治世を行うと緩みが出て崩壊する事を巫女衆は過去の事例から知っていたのである。過去から学ぶ事は素晴らしい事であるが、未来を考えることも忘れないでほしいと筆者は思う。



<平和市民連合、分裂か>

第一回議会選で環境主義を唱えて第四党、野党では第二党を勝ち取った平和市民連合に早くも内部分裂の噂が流れている。

発端は議会選直後の党大会にて党首の埜間靖紘氏が議会選で当選した一部の議員が行っている反鉱山開発のデモ活動の参加者のマナーの悪さを指摘した所、当該議員の一人である東美波氏が猛反発。数名の議員が同調した為、大会は一時騒然となった。

とある平和市民連合の党員によると同党は四つのグループに分かれており、一つは党首の埜間氏が率いる主流派、東氏などが中心となっている活動派と主流派・活動派が唱える"やや非現実的な"政策、特に鉱山開発による環境破壊への反対に距離を置く現実路線派(社会党と繋がりがあるとされる)、更には極少数ではあるが保守的な環境主義を唱えるグループもあると言う。

現在この内の主流派と活動派の関係が悪化しており、現実路線派が仲介に当たっている状況のようだ。環境保守主義を唱えるグループは渉外処出身の鈴城宗弘氏とその娘の鈴城達子氏を中心に結集を図っている。
name: @Guest  Comment: Was this article useful?: Yes No
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.