util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

27 人のユーザが現在オンラインです。 (14 人のユーザが 各国報道機関 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 27

もっと...
2019 | 04
2018 | 10 | 11
2017 | 02 | 04 | 07
2016 | 01 | 02 | 03 | 08
2015 | 01 | 02 | 05 | 08
2014 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10
ストリーダ通信社  ストリーダ王国の国営報道機関
5月 08 (木曜日) 2014
【緊急特集】王宮に隕石が落下し、王宮周辺は水没状態 シャルガーナ国王陛下らが病院に運ばれる 他 02:48  ストリーダ王国 
【緊急特集】王宮に隕石が落下し、王宮周辺は水没状態 シャルガーナ国王陛下らが病院に運ばれる











528年12月18日、この日は我が国にとって悪夢の日となっただろう。首都ファルロイトの王宮に隕石が落下し、王宮は損壊、水没状態となった。そして王宮内におられたシャルガーナ国王・クリスティーナ王妃両陛下や他の王族らもこの災害に巻き込まれてしまったのである。直ちに政府は軍を出動させ、王族や王宮内にいた見学者らが全員救助された。しかし、隕石落下によって計100兆Va相当の王室財産の損失が出たと言われている。政府は、王宮や一部の王室財産の復元を決定し、復元には半年程度かかる見通しを明らかにした。ストリーダ王国の象徴的存在とも言われる国王陛下らが災害に巻き込まれ、国内は騒然となった。災害発生からしばらくの間、国内では自粛が相次ぎ、国王陛下らが入院している病院前には大勢の人々が集まり、祈りをささげた。首相は国内外の予定をすべてキャンセルし、数日間国王陛下の容態を注視していた。現在、国王陛下らの容態は回復の傾向にあり、1か月後には公務に復帰されるとのこと。入院中の国王陛下は「国民の命が奪われずに済んでよかったと思っております。私は大丈夫です、皆が無事で安心しました」と述べられた。また、この災害で各国から国王陛下を気遣う伝言や支援を受けた。国内のSNSでもこの事が話題となっており、多数の国民から感謝の言葉が出ている模様だ。

他のニュース

【国際】エーラーン教皇国と国交樹立 ゾロアスター教の布教が認可される

【国際】戦闘の激しさが増す南西ヴォルネスク ファイアリヒ連邦政府は国防軍の派遣を決定

name: @Guest  Comment:
Referer  (4)
(1) 
PopnupBlog V3 Denali created by Bluemoon inc.