util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

19 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...

人民国際連合設立ムルマンスク国際会議

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2013/8/22 22:21 | 最終変更
ゲスト    投稿数: 0

 歴史の激流の中、現在は小康の状況下にあり、すなわち革命情勢、それも比較的平和的な手段を用いることができ、またそうすることが望ましい国際的革命情勢にあると定義付けすることができる。一方で、何時大戦争が発生するかということは、誰にも予想できないからこそ、われわれ、すなわち人民と、あるいは真に人民の意思によった先進民主諸国家は、秩序・平和維持を絶対的に必要としている。
 われわれ人民は、平和のための国家連合を結成し、その目的として平和維持のため常に努め、また一方で民主世界革命の流れの中、人民の敵に対して互いに常に警戒を怠らず、平和と世界人民幸福の敵に対しては、ときには暴力でこれを破壊せねばならない。人民の国際連合は、このような2つの一見矛盾する目標を抱えつつ、これらを同時に解決するため、民主集中制による統一的な最高会議と、それに付随する指導を要する。
 ここ最近、目先の利益に囚われた有象無象の「国家」群は、「フリューゲル国際連合」なる帝国主義者の社交クラブ=搾取・侵略機関の結成を画策しているが、封建君主とブルジョワ国家の社交クラブに、われわれ労働者・人民のための国家が参加するべきでは決してないし、そのつもりもない。
 そうであるからして、われわれ人民は、われわれ自身のために真の国際連合を設立すべきである。以上の目的のため、スオミ民主共和国ならびに北ヴォルネスク共和国は、人民国際連合設立のため、全世界に対し国際会議を呼びかけるものである。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/23 12:00
ゲスト    投稿数: 0

共和国政府はリトヴィネンコ政府代表を含む28名の
代表団をムルマンスクへ派遣する

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/8/24 11:36
ゲスト    投稿数: 0

我々はこのムルマンスク国際会議の目標・理念に大いに共感する。
当然のことながら我々は権威とその権威の奴隷を甘受する社交クラブに参加する気は毛頭あるわけもなく、旧態依然とした枠組みの中の連合などもはや必要ともしない。
我々に必要なものは絶え間ない闘争であり権威を脅かし失墜させるための暴力であり理論でありその先に訪れるであろう真の人民の手による世界のみである。

我々の最終的な理想社会は国家体制の消滅でありその上で国家体制には否定的である。
しかしそれらはすべての体制システムが悪であるというところを根拠にはしていない。それほど浅はかではない。
それらと共同体体制を融合し新たな運営を目指すために現状でこの人民国際連合は有意義であると捉えている。

また我々はこの国際連合とは別にジヤヌーク・ルージュとの先鋭的革命者同盟体制を建設する予定だ。
この先鋭的革命者同盟はこの人民国際連合組織、参加国家、組織と共闘路線をとる方針でありその上で本国際連合に参加を表明する。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/9/9 16:49 | 最終変更
ゲスト    投稿数: 0

人民国連加盟国代表の同志に訴える

我々はルーシェベルギアスによる帝国手的策動に対する
共同非難声明の決議をムルマンスク会議にて採決することを要求する。
これは小規模な四カ国の後進国の訴えかもしれない
しかしフリューゲル国連の進歩的な先進国の中の潜在的同志への
後押しとなることは間違いないだろう。我々は起爆剤となり
フリューゲルの帝国主義的・ファシズム的分子である
ルージェベルギアスへの果敢な突撃戦の火蓋を落とすことにより
反帝国主義・反ファシズム世界戦争を誘発することができる
唯一の機関であり、全ての帝国主義的策動・国際ブルジョア勢力の陰謀を
打倒すること、それが今我々に求めらている。我々はそのために
フリューゲル国連への惜しみない援助を行うことも辞さない。
むしろ積極的に、イデオロギーの解体、人民の広範囲の戦線を構築する意味合い的に
アヴァンシン人民への献身的な解放を促すこととなるだろう。彼等は
独裁者に屈することはない、労働者民主主義とマルクス主義の旗の下に集結するだろう

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ