util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

【共同声明】レゴリス帝国及びロムレー湖畔共和国による、普蘭合衆国及び有志諸国に対する

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2019/7/13 14:26
レゴリス帝国  一人前   投稿数: 84
【共同声明】レゴリス帝国及びロムレー湖畔共和国による、普蘭合衆国及び有志諸国に対する
845年7月5日 発表
共同声明参加国
Flag_of_the_regorisu-icon.png
レゴリス帝国
24700.png
ロムレー湖畔共和国
本文
 我々は憂慮している。現在進行系で進んでいる普蘭合衆国カルセドニー社会主義連邦共和国を筆頭にした有志諸国との対立についてである。
 ライン共和国に対する宣戦布告問題に端を発した一連の問題はストリーダ王国に対する経済封鎖構想問題、ミルズ内戦問題にまで飛び火し、遂には有志諸国に共同声明が発出されるに至った。
 共同声明の内容こそ普蘭合衆国が行った、或いは関与したと見られる様々な事柄について総合的に指摘し非難した比較的穏当なものであった。
 然しながら、普蘭合衆国が行うであろう共同声明に対する返答、そしてそれに対する有志諸国の対応次第ではフリューゲル史上最悪の世界大戦に至る可能性が高く、我々普蘭合衆国の同盟国たるレゴリス帝国及びロムレー湖畔共和国はその可能性を深く憂慮している。
 従って我々は普蘭合衆国及び有志諸国に対して以下の要請をするものとした。

1.普蘭合衆国及び有志諸国は本対立をエスカレートさせ戦争としないことを誓約すること
 尚、もしこの誓約が成されず、普蘭合衆国及び有志諸国の間に於ける戦争に至った場合は、レゴリス帝国及びロムレー湖畔共和国『相互安全保障条約に囚われず宣戦布告された側』に立って参戦する事をここに宣言するものである。

2,普蘭合衆国及び有志諸国は本対立の解決に向けた代表者同士による直接協議を公開の場で行うこと
 代表者の数は普蘭合衆国側、有志諸国側共に3カ国までとし、普蘭合衆国側にはレゴリス帝国ロムレー湖畔共和国が参加するものとする。
 なお、普蘭合衆国に対して有志諸国が求めている説明責任については、この場でそれが果たされるものだと考えている。
 また、協議場所については基本的に国際会話機関(Slack)の新設される公開されたチャンネルで行うことを想定している。

 普蘭合衆国及び有志諸国の返答を期待するや切である。
投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ