util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

16 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 16

もっと...

トラハト=ラシュハ連合王国に対する抗議声明

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 .4 .5 .6 .7 .8 .9 | 投稿日時 2018/12/19 23:47
普蘭合衆国  一人前   投稿数: 76
+  ▼普蘭・トラハト外交書面▼

普蘭合衆国は、以上の如くトラハト=ラシュハ連合王国との定期貿易交渉が同国の協議拒否と言う形で途絶しました。
これを受けて、我々はトラハト=ラシュハ連合王国に対し最大級の抗議を表明致します。

そもそも、定期貿易とは両国の信頼と信義に基づいて行われるべきであり、
フリューゲル各国で行われている定期貿易は当事国同士の協議の上、改定および終了が行われることが通例であると我が国は認識しております。
しかるにトラハト=ラシュハ連合王国は、過去幾つかの行動を鑑みても、改定・終了における協議というものを軽視していると思われます。たとえ、交渉が物別れに終わろうとも協議のテーブルに着くのは至極当然の行動であります。

トラハト=ラシュハ連合王国は、協議を公然と拒否し、理解不能な理屈をもって抗弁しました。
同国主張の「合理的な移行期間」とは、我々と協議したものでもなんでもなく、自国都合の期間にしかあらず!
これら行動は我が国に留まらずトラハト=ラシュハ連合王国と定期貿易を継続している国家に対しても大いなる脅威です。
いつどの様なタイミングで、対話無視の終了通告が行われるかもしれないからであります。

改めて、一連の行動に抗議を表明すると共に、謝罪及び定期貿易に関する姿勢の是正を要求致します。
また、引き続き協議への参加を求めます。
協議のテーブルにて、定期貿易の減量するなり終了するなり対話を行うべきでしょう。
※当該取引に関しては、宙に浮いている状態のためひとまず継続します。

尚、協議拒否という尋常ならざる状況を受けて、RP上の対立状態であると判断し、本期をもって宣戦布告を行います。
(宣戦布告期:29205期、交戦開始期:29213期)

ただし、通常の宣戦布告とは異なり、同国と戦争状態にある認識はなく、制裁の一環とご認識ください。
故に、トラハト=ラシュハ連合王国の人口施設は標的対象ではありません。
貿易に関連する鉱山・港などの安全も担保し、関係各国への影響も最小限と致します。
また、断続的軍事行動も予定しておりません。あくまで対話を呼びかけながら粘り強く交渉を継続していきます。
本問題の完全解決をもって対立の解消と判断し、交戦状態の終結を宣言します。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 18:33

ただし、通常の宣戦布告とは異なり、同国と戦争状態にある認識はなく、制裁の一環とご認識ください。
故に、トラハト=ラシュハ連合王国の人口施設は標的対象ではありません。
貿易に関連する鉱山・港などの安全も担保し、関係各国への影響も最小限と致します。
また、断続的軍事行動も予定しておりません。

貴国の上記声明文がよく理解できないのですが、あらゆる軍事行動も行わないと表明しているのですか。それとも限定的軍事行動は否定しないのですか。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 18:48

また王国は以下の講和条件(宣戦布告前なのでこの名称が適正かどうかわかりませんが)を提示します。
1 現行の取引を五年間継続する。この取引は両国の合意なしに破棄、変更することはできない。

2 五年以後には、片方の意思を持って取引を半減することができる。

3 さらに五年後(つまり現在から一〇年後に)には片方の意思を持って取引を終了することができる。

なお貴国が即座に本講話条件を拒否した場合、今後も我が国がこの講和条件に応じることを保証はできません。なお講和条件の細かい変更には応じます。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 20:15
普蘭合衆国  一人前   投稿数: 76

まずは、貴国が協議のテーブルに着かれたことに対し感謝を申し上げます。
しかし、最初から協議をしていれば何ら問題がなかったにも拘らず、この様に状況を悪化させた責任は問わねばなりません。
フリューゲル共同通信において、「合衆国からの軍事攻撃がなければ、外交解決に努める。」と恫喝し、
発端を招いたにも関わらず、更に対立を煽る発言を行ったことは看過できない旨をお伝えします。

さて、本題でありますが、その前に貴国より問い合わせがあった内容にお答えいたします。
声明に記載していることが全てです。
普通に読めばわかる内容かと思いますが、対立状態である以上、制裁行動は否定しません。

協議における貴国の提案に関して我が国の見解は以下の通りです。

対立関係に陥り、信頼・信義が失われた状況で定期貿易関係を継続することは不可能であると考えます。
我々は、貴国に対し軍事的背景を元に、半ば強制的貿易継続を望んでいるものではないからです。
定期貿易に関しては、29220期をもっての終了を提案いたします。

また、重ねて今回一連の貴国非礼を謝することを要求すると共に、
我が国以外への協議拒否による改定・終了通告を今後行わない様、貴国からの表明を希望する次第です。

残念ながら当面の間、我が国は貴国に対する信頼を持つことは出来ないでしょう。
しかし、貴国の今後を考えれば、
ここで貴国が謝罪と、諸外国に対し今後協議拒否による改定・終了通告を行わないことを宣言することは国益に叶うことでありましょう。
貴国の賢明な判断をお待ちいたします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 20:32

軍事的対立は我が国の望むところではなく、貴国の宣戦を招いたことに対して謝罪します。

ただし
双方の同意がなければ永続的に貿易関係が続くという条件は貿易取引の柔軟性を考えた場合には受け入れがたいものがあります。

通告期間を一〇年間設けること、貿易取引量は半分未満にしないという制限ではどうでしょうか。
また貴国も同様の宣言をすることを要求します。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 20:51

また貿易協定に特約がある場合は以上の宣言は適用されないものとします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 21:45
普蘭合衆国  一人前   投稿数: 76

貴国の謝罪表明を最大限評価致します。
誠意を見せたことによって、国際社会からの貴国に対する信頼は幾ばくか回復するでしょう。

ご提示の、「双方の同意がなければ永続的に貿易関係が続くという条件」とは我が国の認識と異なります。
協議不可の通告でなければ問題はなく、
交渉の中で妥協点を見いだせなければ貿易の終了も仕方がないと考えます。
もう1度申し上げますが、我が国が問題視しているのは「協議の拒否」であります。

この点をご理解頂いた上で、今後定期貿易の改定・終了に関しては、
「相手国と必ず協議を行い、妥協点を探った上で最終結論を下す」と言う手順を踏んでいただければと存じます。
その上で決裂したのであれば、強制的に打ち切りも止む無しかと思います。
隕石などによる鉱山の破壊、あるいは需給の逼迫など双方の同意が取れない場合もあり得るからです。

以上において、貴国の同意が得られるのであれば我が国としては対立の解消が行えたと判断したいと思います。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 21:50

上記の条件に同意します。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 21:55
普蘭合衆国  一人前   投稿数: 76

貴国の同意に感謝いたします。
では、現在の定期取引に関しては29220期をもって終了、
対立状態は現時点を持って解消と致します。

これを持って我が国は一連の普蘭・トラハト問題が終結したと宣言します。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/12/20 22:17

外交的努力によって、武力行使に至る前に紛争が解決したことに深く感謝します。

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ