util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

17 人のユーザが現在オンラインです。 (7 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...

レゴリス・普藍間に於けるウラン鉱開発支援交渉

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 | 投稿日時 2018/5/5 19:37
レゴリス帝国  一人前   投稿数: 84

レゴリス帝国政府は事前協議に基づき、普藍共和国に対して下記の協定を提案致します。

レゴリス帝国普藍共和国間に於けるウラン鉱開発支援協定

第1条 レゴリス帝国(以下甲と呼称する)並びに普藍共和国(以下乙と呼称する)は下記の条項を履行する義務を負うものとする。

第2条 甲は乙へ資金30兆Va及び建材2.3億トンを援助する。

第3条 乙は第2条による甲からの援助物資の到着を確認次第、速やかにウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備、定期輸送に必要な港の整備を行うものとする。
 第1項 乙は第2条による甲からの援助物資をウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備以外の用途に使用することを原則禁じる。
 第2項 但し、ウラン鉱脈の探査並びに鉱山整備が早期に終了し、援助資金が残った場合に限り、その残余の援助資金を他の開発等に充てられる事を可能とする。

第4条 乙は第2条による甲からの援助の返済として、ウラン鉱山のレベルが最大になり次第、下記に定める取引を行う。
 第1項 乙は甲に対し、燃料5億ガロンを定期輸送するものとする。
 第2項 甲は燃料5億ガロンの定期輸送の対価として、資金5兆Vaを定期送金する。

第5条 第4条に基づき行われる取引は定期輸送開始日より2年(72期)継続するものとし、それ以降の取引継続若しくは打ち切りについては締結国間で協議するものとする。

本協定に異論が無ければ調印をお願い致します。
本協定は普藍共和国政府代表者の調印後、レゴリス帝国政府代表者の調印を以って発効致します。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2018/5/5 19:54
普蘭合衆国  一人前   投稿数: 76

この様に、有意義な会談の場を設けて頂きました事に感謝申し上げます。

普藍共和国は本協定に調印致します。

また別件ではございますが、この場にてFENAへの加盟申請をさせて頂きたく存じます。
次期FENA総会にて審議頂ければ幸いです。

最後に、足柄小織総統閣下にも宜しくお伝えください。
この協定を機に益々の両国友好発展を期待致します。

普藍共和国 首相 イェオリ・アハテー

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/5/5 22:32
レゴリス帝国  一人前   投稿数: 84

アハテー首相閣下自らのご出席、並びに調印に感謝を。

FENA加盟の件について、了解しました。外務省に急ぎ総会招集請求の準備をさせましょう。

総統閣下への言伝、確かに預かりましたわ。

本協定を機に、レゴリス・普藍両国の友好的関係が深化することを期待します。

では、私も調印させて頂きます。

レゴリスのために
Regolith Reich des Stellvertreter des Führers Teresa Bettendorf
レゴリス帝国 副総統 テレーザ・ベッテンドルフ)

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2018/5/5 22:49
レゴリス帝国  一人前   投稿数: 84

フリューゲル暦773年 3月25日、本協定は普藍共和国政府及びレゴリス帝国政府の代表者による調印を以て発効した旨宣言する!

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ