util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

18 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 18

もっと...

中夏人民共和国に対する宣戦布告

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/7 23:01
ノイエクルス自由国  新米   投稿数: 5

ところで龍鮮王国に対する賠償だが、これを両国間の協議によって定めるという点については我が国も異論はない。

ただ具体的な賠償額については龍鮮王国による科学的査定によって定め、中夏側はそれを受諾するというスキームで行う事を両国には提案したい。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/7 23:07
ゲスト    投稿数: 0

と言われても武器弾薬など物資について無いものは無いとしか回答しかねる。
また、我が国は講和する前提で交渉についたので当然軍の動員は全土において解除している。一度動員解除した軍を再度動員するには時間がかかる事も軍事に精通した人間ならば当然知っておられるはずであるので仮にここで合意したとしても再動員は約半年後であることはおおよその目安としていただきたい。

龍鮮政府の主権についても同政府との当事者間交渉で決着をつけるべきであると考えるため、ここでの言及は差し控えたい。既に同政府には交渉を行う旨連絡済みである。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/7 23:17 | 最終変更
ノイエクルス自由国  新米   投稿数: 5

貴国の最終回答がそうであるならば、連邦政府としては交渉は行き詰まったと宣言せざるを得ない。
貴国の意見が今後いずれかのタイミングで変わる事を期待する。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/7 23:27
ゲスト    投稿数: 0

別に拒否している回答ではないとは思うのだが。無論物資があれば用意がある。言うなれば実行条件が整っていないに過ぎない状況である。我々は砲弾製造の原材料もないため、原材料輸入等することがたくさんある。何事も準備が必要である。我々のこれまでの軍事行動もすべて事前の下準備を行ってきた。急な作戦行動はいくら我が国でも不可能である。まずは準備期間を頂きたい。

もしそれでも即時というのであればすぐに動けるのは8万弱である。戦闘作戦実施にはやや少ないが、補給等後方支援などくらいは十分実施可能である。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/7 23:45
ノイエクルス自由国  新米   投稿数: 5

我々の知る限りでは、龍鮮攻撃前にもそれほど豊富な武器弾薬の備蓄は無かったようだが、それでも我が国には思いもよらない方法で70万人の動員を行った貴国である。
きっと何らかの方法で戦闘が可能なのだろう。

ところで、事前に下準備を行ってとの事だが、つまり龍鮮王国への侵攻作戦も事前に十分な下準備を行って、計画的に実行したという事で良いのだろうか?

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/7 23:51
ゲスト    投稿数: 0

70万の動員はスオミ戦役(実行には移さず)で行い、そのまま動員解除せずに龍鮮に投入したのでそういう意味では事前に準備が整っていたと言えるであろう。
また、香麗共産党からの支援要請は同党蜂起以前から幾度となく通知されていた。
70万の兵力投入は全軍の7割であるから我が国も当時かなり無理をしていたことは間違いない。これを維持するだけでも莫大な資金を投入し続けてきたわけなので、再度これを同じ規模に召集するのは国家予算が破綻してしまい、龍鮮への賠償に支障を来すであろうと考える。そういう意味であまり大規模な動員は控えたいと考えている。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/8 0:16
ノイエクルス自由国  新米   投稿数: 5

貴国の都合は理解したが、それはあくまで貴国の都合でしかない。
我々は国際慣習を無視してまで香麗民主連邦側に支援を与えた貴国の責任を重要視しているのであって、貴国に都合の良い解決策を考えだすのに力を割いているのではない。
国家予算が破たんした場合でも、当然龍鮮への賠償は優先されるべきだろうし、支障をきたすことはあってはならない。それは参戦を決めた貴国指導部と、指導部に対し信任を与えた貴国市民の責任である。

我々は貴国軍が連邦軍や龍鮮軍、エルジア軍の後方支援に回る事を期待しない。
我々は貴国が血でもって責任を購う事を期待している。
しかし交渉を続けるには既に遅すぎるようであり、いくつかの地点への空爆は予定通り実施される事を貴国へお伝えする。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2013/7/8 0:25
ゲスト    投稿数: 0

財政が正常化するまで待っていただければ全項目実行可能であると繰り返し主張する。少なくとも現状ではいくらなんでも無理があるということでしかない。
我々は唯物論信奉者であるため精神論をこの場で振りかざされても物理的に不可能なことは絶対的に不可能であると言わざるを得ない。しかし、可能な範囲で実行する。

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ