util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

10 人のユーザが現在オンラインです。 (8 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 10

もっと...

【ENEC】新興諸国経済理事会&諸申請用スレ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 9:28
ガトーヴィチ民主帝国  常連   投稿数: 53

ウェールリズセ共和国による最後通蝶に関し陳述します。
軍事力の行使は最終的手段であり極力志向すべきでありません。
シェロジア共和国の主張は誤りであり到底受諾し得ないものであるという点においてはウェールリズセ共和国と意見を同じくしますが、
ENECオブザーバー国である我が国としては、「謝罪および撤回」ではなく「反省及び撤回」を求め、それが履行された時点で我が国の名誉は回復されたとみなします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 12:29 | 最終変更

シェロジアの主張について、関係各国にとりましては承服しがたいものでありましょうし、オブザーバー国の我が国並びに瓦国にしても同様であります。
また共和国政府としては、私達の友人であるコーデクスが謂われのない非難を受けたことに憤りを覚えるものであり、これを適切に擁護するウェールリズセ、テークサット両政府の対応について支持いたします。時として、構成国の地位と名誉を適切に防衛することは、構成国間の信頼関係構築を発展させることに貢献するもので、迅速にその責務を果たされているENEC各国に頼もしさを感じるところです。

はじめから交渉の余地を欠いた敵対的姿勢は避けられるべきで、この点十分に留意する必要はありますが、引き続き厳正に対処されることを期待します。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 18:49
ゲスト    投稿数: 0

ウェールリズセ共和国のこれまでの対応に関してコーデクス共和国は全面的に支持いたします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 20:51
ゲスト    投稿数: 0

 ウェールリズセ共和国はENEC加盟国であるテークサット連合が奇襲攻撃を実施したことについて、最大限の非難を行うとともに、ENECに対し、テークサット連合の除名、及び、ENEC加盟国がこのような行動をとった責をとり、ウェールリズセ共和国の議長国権限返上を提案いたします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 21:09
ゲスト    投稿数: 0

コーデクス共和国は、ENEC加盟国であるテークサット連合の奇襲攻撃は国際法に照らし認められないものであり、強く非難する。
シェロジア共和国の主張するウェールリズセ共和国によるシェロジア共和国への最後通牒についての見解、そして今回の奇襲攻撃と最後通牒との関連性、またなぜ突如として攻撃が行われたのかについてテークサット連合ウェールリズセ共和国の両国に審問することを提案いたします。
テークサット連合の除名およびウェールリズセ共和国の議長国権限返上については保留いたします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 21:12
ゲスト    投稿数: 0

 最後通牒はあくまで我が国によって行われたものであって、テークサット連合によるものではなく、テークサット連合の奇襲攻撃自体は我が国には全く無関係である。仮に審問対象とされるのであれば、これは不当な審問であり、我が国はENECからの脱退すら辞さない。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 | 投稿日時 2015/9/7 21:49
ゲスト    投稿数: 0

我が国の提案についてウェールリズセ共和国を審問対象から外します。
オブザーバー国の皆様はテークサット連合の行動にいかがお考えか、改めて態度を表明いただきたく思います。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/7 21:54
ガトーヴィチ民主帝国  常連   投稿数: 53

ガトーヴィチ帝国代表団:
我が国はテークサット連合による宣戦布告なき砲撃を非難します。
ENECとしてもテークサットを擁護することはできないでしょう。
テークサットの命運は、テークサットの釈明の内容とシェロジアの寛容度によりけりというところです。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/8 0:47
ゲスト    投稿数: 0

我が連合の妄動によりENECに多大な迷惑をかけたことを平に謝罪いたします。責任はすべて連合にあり、釈明の余地はございません。
我が連合は主任理事を辞任すると共に、ENECの健全かつ公正な運営を維持していただくために、我が連合への除名処分を希望するものであります。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/9/8 4:14 | 最終変更

テークサット連合によって行われたシェロジア共和国に対する国際法を無視した奇襲攻撃を強く非難する。
テークサット連合政府は、自国軍がなぜかような行動をとるに至ったのか、詳細に説明しなくてはならなず、再発防止のため必要なあらゆる手段を講じるべきだ。

被害にあったシェロジア国民はもちろんであるが、ENEC組織も計り知れない被害を被った。共和国政府は本事態を非常に重く受け止めている。

目下、主任理事国返上は仕方がないにしても、除名まで行うことは、ENECの安定を脅かし、更なる混乱を生むことにしかならない。責任の追求や処分も必要だが、まずは相互に協力して事態解決を図るべきで、処遇については後の審議とするよう、ENECに対し強く要請する。

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ