㏍違ゃ

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





箱庭国際社会7
箱庭諸島のスススス島
箱庭諸島S.E.A.-帝國興亡史

メインメニュー

オンライン状況

1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...

【ENEC】新興諸国経済理事会&諸申請用スレ

  • このフォーラムに新しいトピックを立てることはできません
  • このフォーラムではゲスト投稿が禁止されています

投稿ツリー


前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/7/1 11:59
テークサット連合  一人前   投稿数: 146

テークサット連合外務相兼ENEC担当全権 チン・セットルーン】

我が連合は、ヴォルネスク人による裁量権以上の獲得を前提として、今次紛争が一刻も早く収束することを願っております。
その点で、スラヴ連合側とノイエクルス連邦側双方からの不断の努力により停戦協定が締結されたことは、非常に喜ばしいことであります。
ヴォルネスクでは特別区時代より反乱が頻発していた一方で、スラヴ共和国による革命成立後は内部混乱もなく一丸となって戦役にあたっていたように見受けられます。これはヴォルネスク国民が独立を肯定している証であります。ガトーヴィチ帝国その他多くの国々を軍事衝突に引き込んだのは悲しいことでありますが、彼らの理念は尊重されるべきであり、ガトーヴィチ帝国の独立支援に大きな過ちはなかったと言えます。

軍事的な面で再度申しますと、陸地破壊弾による一種の無差別攻撃が行われた点は極めて遺憾であるます。先のトロピコ戦役の教訓にもあるように、国土を破壊する陸地破壊弾使用は必ずしも早期終結をもたらすものではなく、非人道的との誹りも免れません。
その罪が消えるわけではありませんが、中途よりガトーヴィチ帝国が通常弾による軍事施設攻撃に切り替えたことは評価できるでしょう。
またノイエクルス連邦軍も、ヴォルネスク特別行政区崩壊以前の25935期付近でヴォルネスク人への無差別攻撃を実施しておりますから、一方的にガトーヴィチ帝国を非難することも当たらないでしょう。

両陣営に対する無暗な誹謗は、既に発された停戦協定を覆す力になりかねません。
我が連合は、ENECを挙げて両陣営間の恒久平和構築に協力し、人道支援・復興支援を惜しまない姿勢で対することを提案いたします。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/7/2 0:51
テークサット連合  一人前   投稿数: 146

テークサット連合外務相兼ENEC担当全権 チン・セットルーン】

ノイエクルス連邦が無差別攻撃を行った旨の発言を行いましたが、情報の不用意な運用と一部誤認があったため、当該発言を取り消します。申し訳ありません。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/7/2 18:10
コーデクス共和国  一人前   投稿数: 103

コーデクス共和国行政局長官 マイク・ムロタ】
ENEC総会が開会中ですが、我が国はコーデクス計画の完了宣言に伴い解散することになりました。それに伴い、ENEC及びPDECにおけるすべての役職と加盟国としての権限を返上いたします。現在の国際社会では深刻な分断と対立が散見されますが、ENEC加盟各国がフリューゲルの未来に自由と繁栄をもたらすことを期待してやみません。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - | 投稿日時 2017/7/7 1:47
テークサット連合  一人前   投稿数: 146

テークサット連合外務相兼ENEC担当全権 チン・セットルーン】

ENEC創設以来の加盟国であるコーデクス共和国の旅立ちは、我々にとって非常につらい別れの時であります。最先端の科学をもってフリューゲルに栄光をもたらしたコーデクスの物語は、子々孫々まで受け継がれるでしょう。

さて、ヴォルネスク独立戦争は、政治的には当事者同士の停戦が成立し、終結のめどが立ったと言えます。
ここでENECとしては、復興が遅れ気味であるヴォルネスク・スラヴ共和国に対し、鉱山開発支援を提供する形での国際社会貢献が求められていると考えます。
世界的に見ても各種資源、特に燃料の欠乏は深刻な問題となりつつありますから、ヴォルネスクのウラン鉱山・鉄鉱山の一刻も早い復興が必要です。

これについて、各国のご意見を伺いたいと思います。

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/7/8 0:24
ガトーヴィチ帝国    投稿数: 548

ガトーヴィチ帝国代表 И. Т. ガッサノフ

初めに、ENEC旗揚げ期の加盟国であったコーデクス共和国の解散は、ガトーヴィチ帝国民にとっても悲しい出来事でありました。我々ENECは、コーデクス共和国とともに掲げたENECの理念に従い、新興国の味方でなければなりません。
その点で、ヴォルネスク・スラヴ共和国に対するウラン鉱山開発支援は急務であると考えます。しかし、同国は、
(1)建国から50期以上:◯
(2)Wikiの内容:△「ヴォルネスク・スラヴ共和国」については不明瞭
(3)開発方針が明確か:×不明瞭
(4)ENEC加盟国か:×
(5)反乱の有無:×暴動
(6)他国との紛争:×依然戦争中
というように、現時点では投資要件を満たしておりません。
既に、名のある国家がヴォルネスクへの投資に向けて水面下で動いていることから、
我が国は、ENECに残された選択肢は、(1)ヴォルネスクへの積極的な投資を世界へ呼びかける か(2)上記の要件が満たされた時のために投資計画を練る なのではないかと考えます

投票数:0 平均点:0.00
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2017/7/8 1:24
ローレル共和国  半人前   投稿数: 32

我が国としましても、現在有効の議定書に記載されている投資要件を充足しない以上、ヴォルネスク・スラヴ共和国への鉱山開発支援は、正規加盟国の投票によって成立する特別の決議によらなければ、困難ではないかと思われる旨の意見書を提出します。

投票数:0 平均点:0.00
  条件検索へ