util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク




メインメニュー

オンライン状況

20 人のユーザが現在オンラインです。 (4 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...

Re: 【SLCN】神聖なる協働的國家聯盟 総会&事務局連絡スレ

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし Re: 【SLCN】神聖なる協働的國家聯盟 総会&事務局連絡スレ

msg# 1.125
depth:
1
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿なし | 投稿日時 2015/12/17 21:48 | 最終変更
ゲスト    投稿数: 0

宰相麾下外務局長にして皇帝陛下より伯爵に任じられております、わたくしゴットホルフ・フォン・オーレンハウアーが、帝国を代表して、現在分かりうることを報告いたします。

・627年9月に、ヴァノミス西部にある島に、ヴァノミス政府のものとみられるミサイルが落ちた。
・同地にある、農村とみられる地区が荒れ地となった。

これらから、ヴァノミスが虐殺を行ったと断定し、これを断罪せんとする国家がおります。
ヴァノミス王国はこれに対し、これは軍事演習だと発表しましたが、現在フリューゲルでは、我が国の確認する限り100年近く、模擬都市における軍事演習は暗黙の了解で禁止されてきました。いかに100年前では許されようとも、現在ではこれは蛮行と言わざるを得ません。
帝国はかつても、ヴァノミスの統治体制を理解するため、調査兵団を派遣いたしました。しかし兵団駐留中のヴァノミスは一般的国家と違いがなく、帝国は調査団の撤退を余儀なくされました。
しかしながら、帝国軍は去ったこの時、またヴァノミスは愚行を犯してしまったのです。
ここまで帝国の名を汚された事態は、フランドル依頼です。我々は皇帝陛下や、歴代皇帝陛下に誓って、あの無法者に鉄槌を下さねばなりません。

それが我々の道理です。しかしながら模擬都市の破壊が、絶対に悪なのかは、我々も判断しずらい所です。
ですので帝国はヴァノミスで虐殺があったのかを判断する必要があります。国家内で人口が減少したからと言ってそれが、爆撃地であると断定できないからなのです。さしたる確証もなしに相手国を非難し、これに一撃でも加えようものなら、それこそが批判されるべきことでしょうし、帝国としても許されたことではありません。言うなれば、フランドルに事前通達なく、爆撃したかの保守党エックスウッド元党首や、戦争凶日の本と同じではありませんか。

我々は、理性のある国家であるからにして、調査団を派遣し、確固たる確証を得るのです。その為に帝国の勇士1万人へ、危険なヴァノミスへ派遣するのです。貴国の調査団への援助は彼らを助ける大きな力となるでしょう。既に調査団には心強い味方をつけております。安心していただきたい。今度は、我々は絶対に退きません、絶対に。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ