util

ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

新規登録

関連リンク





Project:Simunations
箱庭諸島のスススス島

メインメニュー

オンライン状況

14 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが 貿箱フォーラム を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 14

もっと...

ローレル共和国・レゴリス帝国間の資源供給の安定化に係る協定 調印式

投稿ツリー


このトピックの投稿一覧へ

なし ローレル共和国・レゴリス帝国間の資源供給の安定化に係る協定 調印式

msg# 1
depth:
0
前の投稿 - 次の投稿 | 親投稿 - 子投稿.1 .2 .3 | 投稿日時 2017/2/6 0:18
ゲスト    投稿数: 0

ローレル共和国レゴリス帝国間の資源供給の安定化に係る協定(案)
ローレル共和国(以下、甲)とレゴリス帝国(以下、乙)は以下の通り、協定した。
第1条 乙は甲に資金10兆Va、鋼鉄2000万トンを無償で輸送する。
第2条 甲は第1条の履行を確認した後、海底探査船合計5隻を速やかに建造し、運用を開始する。座礁等海底探査船の運用が困難となった場合は乙が再建造を請求でき、甲は乙が追加費用を負担した場合には、海底探査船造船に必要なコマンド入力をする義務を負う。
第3条 甲は海底探査船の運用によって得られた石油を全量、乙に輸送する。この輸送量に応じて、乙は甲に対して適正な対価を支払う義務を負い、この義務は協定の効力の有無にかかわらず存続する。
第4条 対価の品目は甲乙の合意で決定する。また、レートは国際交易協力機構公定レートを適用する。
第5条 甲は(A)乙の貯蔵量が100万トンに達した場合(輸送すれば100万トンを超過することが確実な場合を含む)(B)乙から協定終了、凍結の申し入れがあった場合は第3条の履行を中断する。
第6条 乙は甲の海底油田につき、レベル上昇を請求することができ、甲は乙が追加費用を負担した場合には、レベル上昇に必要なコマンド入力をする義務を負う。
第7条 本協定にて規定する費用以外の一切の費用は甲が負担する。
第8条 本協定は甲乙のいずれかの通知によって直ちに凍結、終了する。

投票数:0 平均点:0.00

  条件検索へ